スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSM-V 発刊延期、その真の理由とは?

クリストファー・レーン(『乱造される心の病』著者)が語る、DSM の舞台裏
http://www.psychologytoday.com/blog/side-effects/200912/american-psychiatry-is-facing-civil-war-over-its-diagnostic-manual

December 12, 2009, Psychiatry
American Psychiatry Is Facing "Civil War" over Its Diagnostic Manual
What's the real reason DSM-V has been delayed?

診断マニュアルをめぐる米国精神医学外の"内乱"
- DSM-V 発刊延期、その真の理由とは?-


Yesterday, the American Psychiatric Association announced that it is pushing back the publication of DSM-V until 2013. The APA tried to put a good face on this rather embarrassing admission—embarrassing, because several spokespeople for the organization had insisted, quite recently, that they were on-track for publication in 2012 and that nothing would deter them. They maintained that position even as an increasingly acrimonious quarrel between current and former editors of the manual spilled onto the pages of Psychiatric News.
きのう米国精神医学会(APA)はDSM-Vの発行を2013年まで延期すると発表した。この組織の代弁者たちが、2012年の発行に向けて作業は順調に進んでおり、それを阻むものはなにもないと語っていたのがごく最近であることを考えれば、どうやら認めざるをえない厄介な問題を隠して、なんとか平静を保とうとしていることがうかがえる。"Psychiatric News"のページに溢れる診断マニュアルの元エディターと現エディター同士の口論が激しさを増すなか、どうにかその地位を保った格好だ。

"Extending the timeline will allow more time for public review, field trials and revisions," APA President Alan Schatzberg declared, conveniently omitting that most of the field trials have yet to begin because the working groups can't agree on their criteria. "The APA is committed to developing a manual that is based on the best science available and useful to clinicians and researchers." Owing to Dr. Schatzberg's statement, several news services played down the announcement, perhaps fearing to make too much of it.
「スケジュールを延期することで、公開レビューや現場での試用と見直しができるようになる」と、米国精神医学会会長 Alan Schatzbergは公言しているが、彼が都合よく省略しているのは、ワーキンググループの間で基準についての統一見解が出ておらず、現場の試用など、そのほとんどはまだ始まってもいないことだ。「米国精神医学会は、臨床医や研究者にとって現在利用しうる最良の科学に基づいた有益なマニュアルの開発に尽力している」のだそうだ。このSchatzberg 医師の発言により、マスメディアの中には扱いを控えめにしたものもあったが、おそらく大げさに扱い過ぎる事に不安を感じてのことだろう。

They may not know that an explosive article and editorial is due to appear in the print edition of New Scientist two days from now (December 14th). It's been up on the journal's website since Wednesday, and it's already had a significant effect. The article is called "Psychiatry's Civil War," and it documents in fairly exhaustive detail the DSM editors' public feud, which sank so low at one point that the current editors accused Allen Frances, editor of DSM-IV, of raising questions about scientific and editorial procedure simply to continue earning royalties from DSM-IV (DSM sales since 2000 have exceeded $40 million). "Both Dr. Frances and Dr. Spitzer have more than a personal 'pride of authorship' interest in preserving the DSM-IV and its related case book and study products," the same Dr. Schatzberg insinuated darkly in Psychiatric News last July. "Both continue to receive royalties on DSM-IV associated products."
こうしたマスメディアは知らないのかもしれないが、今日(12月14日)から2日後には、ひとつのアブナイ記事と論説が"New Scientist"誌に掲載、出版される。すでに"New Scientist"誌のホームページ上には水曜日から掲載されており、大きな影響を及ぼしている。記事のタイトルは「精神医学の内戦」。公に出てしまったDSM 編集委員の抗争を余すところなく描いた詳細なドキュメントで、DSM-IVの編集委員であったAllen Frances が科学的方法論や編集方法に疑問を呈しているのは、単にDSM-IVのロイヤリティー収入(2000年からのDSM 総売り上げは二千万ドルを超える)が途絶えてしまうのが嫌だからだと非難する現行の編集委員の話にまで及んでいる。昨年7月の"Psychiatric News"誌上では、「Frances 医師もSpitzer 医師も、DSM-IVとその関連ケース・ブックおよび研究書籍を守ることに "著作者としての誇り" 以上の関心を注いでいる」と、Schatzberg 医師が暗に仄めかしている。

Yet Frances raised legitimate questions about the scandalous lack of transparency surrounding the DSM discussions and the damaging pledge to secrecy that DSM consultants have legally agreed to uphold—allegedly to protect intellectual property, though the manual is already copyrighted.
しかしFrances は、DSMの議論には透明性の欠如にスキャンダラスな問題があり、すでに著作権で保護されているにもかかわらずDSMコンサルタントが知的財産保護のためとして法的に同意したとする不利な誓約にも秘密性の問題があると指摘している。

Given the embarrassing evidence in the New Scientist article, whose associated editorial is called "Time's Up for Psychiatry's Bible," the timing of the APA announcement raises significant flags. As the New Scientist put it in a rider that appeared on its website yesterday, "Since [the] article was first posted [last week], the American Psychiatric Association has announced that the publication of DSM-V will be delayed until May 2013."
記事に「精神医学バイブルの終わり」というタイトルがつけられた関連論説もある"New Scientist"誌の厄介なエビデンスを考えると、APA がこのタイミングで発表したことには大きな意味がある。きのう"New Scientist"誌が添え書きとしてホームページに掲載したように、「この記事が最初に掲載されたのは先週であるが、その後米国精神医学会はDSM-Vの発行が2013年の3月まで延期されると発表した」のだから。

記事:http://www.newscientist.com/article/mg20427381.300-psychiatrys-civil-war.html?full=true
論説:http://www.newscientist.com/article/mg20427382.400-times-up-for-psychiatrys-bible.html

The article was written by Peter Aldhous, bureau chief of the New Scientist's San Francisco office. (Disclosure: I was interviewed for the article, based on my knowledge of the unpublished documents and memos that went into the creation of DSM-III, -IIIR, and -IV and the dozens of new disorders they added to those editions of the manual. I've also written about the editorial feuding for the Los Angeles Times and Slate.)
記事の筆者は"New Scientist"誌のサンフランシスコ支局長 Peter Aldhous である。(公開: この記者による私とのインタビューは、DSM-III, DSM-IIIR, および DSM--IV の作成と、これらマニュアルに加えられた多数の疾患/障害に関する未公開資料やメモから得た知見に基づくものである。また、私はスレート紙やロサンゼルス・タイムズ紙にも、編集者の確執について記している。 )

ロサンゼルス・タイムズ紙記事:http://www.popjisyo.com/WebHint/AddHint.aspx?d=1&e=utf-8&r=j&s=0&du=&u=http%3a%2f%2fwww.latimes.com%2fnews%2fopinion%2fcommentary%2fla-oe-lane16-2008nov16%2c0%2c5678764.story
スレート紙記事:http://www.slate.com/id/2223479/

Perhaps the most significant implications for the APA, right now, concern the New Scientist's argument that the DSM should cease to be known as the discipline's "bible." Given the acrimony and scale of disagreement, that sounds quite reasonable. If even the manual's editors have profound disagreements over its content and criteria, then it ceases to be an authority that psychiatrists, doctors, social workers, lawyers, health insurers, and others using it can cite and consult "chapter and verse." As the editors at New Scientist put it, "This week we report on a volume that has outlived its usefulness."
目下のところ、おそらくAPAにとって最大の懸念は、DSMは指針的"バイブル"としての影響力を持つことに終止符を打つべきだとする"New Scientist"誌の議論であろう。この辛辣で根深いいがみ合いのことを考えれば、それも当然のことのように思われる。マニュアル編集者たちの間にその内容や基準に関する深い溝があるだけでも、精神科医や医師、ソーシャルワーカー、弁護士、医療保険会社、その他のマニュアル・ユーザーが"確実な根拠"を示すものとして引用するに足る権威は失われることになる。New Scientist 誌の編集者はこのように述べている、「今週のレポートは、時を経て有効性を失ってしまったある書物です」と。

They aren't saying that the manual's diagnostic importance has disappeared altogether. "The final wording of the new manual," they concede, "will [still] have worldwide significance." But the New Scientist urges the APA to update the manual online, with full transparency and somehow without the influence of drug companies who fund much of the research and supplement the salaries of way too many DSM consultants. As the New York Times noted in May 2008, "More than half" of the writers of DSM-V "have ties to the drug industry" as paid consultants.
しかしマニュアルの診断における重要性が完全に消え失せたと言っているのではない。「新マニュアルの最終的な言葉の表現が、世界的に重要な意味を持つであろうことに変わりはない」とNew Scientist 誌の編集者も認めている。彼らがAPAに求めているのは、完全な透明性と、研究に資金を提供しDSMコンサルタントの多くにサラリーの補助をしている製薬企業の影響を受けないインターネット上での改訂作業である。2008年5月にニューヨーク・タイムズ紙が取り上げたように、有給コンサルタントとしてDSM-V 編集員の「半数以上が製薬企業とつながりがある」からだ。

David Kupfer, chair of the DSM-V Task Force, has also given very mixed signals about the direction he intends to take the manual, telling the Chicago Tribune last December, "If currently listed maladies fail th[e] test, they'll be dropped," before he signaled far more loosely to the Los Angeles Times, five months later, "There are no constraints on the degree of change."
DSM-V タスクフォースの委員長、David Kupfer は、マニュアルの方向性に関して昨年12月のシカゴ・トリビューン紙で「もし現在記載されている疾患が評価で落とされれば、削除されるだろう」とはっきりしないことを述べているが、その五ヶ月後のロサンゼルス・タイム紙では「変更の程度に制約はない」として、さらに曖昧な姿勢を示している。

"No constraints"? The phrasing may be more than unfortunate; it also points to an underlying truth about the task force and the serious risks of manipulation by drug companies who are eyeing every poorly conceived idea and proposal—bitterness disorder, apathy disorder, internet addiction disorder, and quite a few others—like hawks.
「制約はない」? この表現はこの上なく不幸なことかもしれない。つまり、タスクフォースや、"苦痛障害・無気力障害・インターネット依存症、その他諸々"といった思いつき程度の障害を鵜の目鷹の目で探し求める製薬企業が、操作をおこなう深刻なリスクが内在するという事実を、このことばは同時に指摘しているからである。

Although I've had serious disagreements with Drs. Spitzer and Frances over past DSM publications, I share their concern over the lack of transparency to the revisions and the serious implications for public health of including so-called "subthreshold" diagnoses.
私はこれまで過去のDSM出版にまつわり、Spitzer医師やFrances医師に対して大いに異を唱えてきたが、彼らが懸念する改訂作業の透明性の欠如の問題や、いわゆる「閾値下診断」を含めてしまうことに内包される公衆衛生への深刻な影響については、私も同意見である。

As Frances put it in Psychiatric News, "Undoubtedly, the most reckless suggestion for DSM-V is that it include many new categories to capture the milder subthreshold versions of the existing more severe official disorders. The . . . DSM-V Task Force has failed to adequately consider the potentially disastrous unintended consequence that DSM-V may flood the world with new false positives. . . . The result would be a wholesale imperial medicalization of normality that will trivialize mental disorder and lead to a deluge of unneeded medication treatments—a bonanza for the pharmaceutical industry but at a huge cost to the new false positive 'patients' caught in the excessively wide DSM-V net."
"Psychiatric News" で Frances はこのように述べる、「DSM-Vに入れようと提案されている議事の中でも、疑う余地なく一番無謀な提案は、すでに公式に認められている重症疾患の軽度なものを、閾値下でも取り込めるように多くのカテゴリ-を新たに加えようという提案である。DSM-V のために世界中に"誤診"が溢れ、予期せぬ悲惨な結果となりうる可能性があることを、DSM-Vのタスクフォースはしっかりと考慮していない。もしそうなれば帝国的薬剤処方の大量販売が日常となって精神疾患が矮小化され、不必要な薬剤治療の氾濫につながる結果となる。製薬業界には大鉱脈となるだろうが、ただしそれはDSM-Vの異様なまでに拡大された網にひっかかり、新たに誤診される患者に強いられる多大な犠牲と引きかえなのだ。」
Psychiatric News:http://www.psychiatrictimes.com/display/article/10168/1425378?pageNumber=3#
スポンサーサイト

製薬企業/医療機器メーカーと、医師、大学、国との癒着

製薬企業/医療機器メーカーと医師、大学、国との癒着

こうした「利害衝突」= 金銭的つながりの規制に向け、真剣な取り組みの進むアメリカ。

ニュージャージー州司法長官アンネ・ミルグラム女史は、このたびさらに新たな規制の導入を州のホームページ上で公開。
http://www.nj.gov/oag/newsreleases09/pr20091203b.html

“It is critical to minimize the potential for conflicts and it is critical that patients are made aware of any financial relationship between a physician and a pharmaceutical company or medical device manufacturer. Such relationships could bias medical decision-making,”
「衝突の可能性を最小限にとどめることは極めて重要なことであり、また患者が医師の製薬企業や医療機器メーカーとの関係を知らされることは大きな意味を持つ。そのような関係は医学的意思決定を偏らせうる。」

として ・・・

特に「ギフト」に関しては、現金、食事・食べ物、旅行、コンサルタント料、研究資金、その他を含め、過去2年間に二百ドルを超えるものの開示を医師に求めている。

また開示には、企業名、価格/価値/金額、日付、報酬の種類、製品名を含めるものとし、それがマーケティング、調査教育、特定の製品に関するものであるかどうかの開示も求められる。

医師や医療従事者への「食事」など、もはや「常識」の日本。

一方、今回の規制では・・・
Drug and device makers wouldn’t be allowed to provide docs and their staffs with free food in any venue and docs would be required to pay the fair market value of their meals when attending unaccredited educational or promotional sessions organized by drugmakers.
製薬企業ならびに医療機器メーカーは、医師やそのスタッフに対し、いかなる価値のものであれ無料の食事を提供してはならない。また医師は製薬企業の開催する教育用あるいは販促用セッションに参加するときは、そこで提供される食事には、市場相場に照らした相当の支払いを自らが行うこと。

どえらい違いです・・・。

‐‐‐‐‐‐‐

利益衝突に関する大学の取り組み。

「Conflict Review Committee / 利益衝突調査委員会」設置-ミネソタ大学
http://www.instcomp.umn.edu/coi_committee.html

大学の学部や医療センターの医師たちを調査・監視する委員会。

製薬企業や医療機器メーカから受け取る研究補助金・コンサルタント料・その他すべての金銭授受を申告し、監査を受けることに。

この大学の精神科医、スコット・クロウは、2002年から2008年の間に複数の製薬企業から$273,000 受け取っていたことが州の薬理委員会の記録から判明。

また外科医、デイビッド・ポリーは、メドトロニック社(医療機器)とのコンサルタント契約で多額の報酬を得ていたことから、現在非難轟々の嵐の中。
http://m.startribune.com/articles/194899279 (ミネアポリス・スター- トリビューン紙)

どうも日本では「研究資金不足のため、製薬企業からの資金援助はやむなし」という認識が、何らの「開示」も行われることなく合意されてしまっています。

このあたり、叩けば相当埃が出るでしょう。

‐‐‐‐‐‐‐
ニューヨーク・タイムズ紙 December 7, 2009
http://www.nytimes.com/2009/12/07/health/policy/07grassley.html?_r=1

"Senator Grassley Seeks Financial Details From Medical Groups"
グラスリー議員、医療団体に金銭的詳細を求める


"A top Republican senator, Charles E. Grassley, has sent letters to the American Medical Association, the American Cancer Society and 31 other disease and medical advocacy organizations asking them to provide details about the amount of money that they and their directors receive from drug and device makers."
「共和党議員のトップ、チャールズ・E・グラスリー議員は、米国医師会、米国癌協会、その他、疾患、医療擁護団体の31組織に対し、団体ならびに団体幹部が、製薬企業や医療機器メーカーから受けている金銭供与額の詳細を明らかにするようにと文書で求めた。」

アメリカ最大の精神疾患家族会である「全米精神疾患同盟(NAMI)」の幹部が製薬企業からコンサルタント料を受けとり、その製薬会社の特定の薬を求めに応じて積極的に家族会の患者に勧めていたことを暴露したグラスリー議員。

今度は全米医師会をはじめ、各医学会の切り崩しにかかったようです。


本腰を入れて利害衝突に取り組むアメリカに比べ、日本はその「気配」すらありません。


医療改革を叫ぶのであれば、その背後にある「巨大な非常識」に目を向ける必要があります。

その他、グラスリー議員が回答を求めた「その筋」では有名な精神関連の団体

TeenScreen
http://www.teenscreen.org/

Depressuin and Bipolar Support Alliance (DBSA)
鬱病・躁鬱病支援連合
http://www.dbsalliance.org/site/PageServer?pagename=home

Mental Health America (MHA)
メンタルヘルス・アメリカ
http://www.nmha.org/

Children and Adults with Attention Deficit/Hyperactivity Disorder (CHADD)
http://www.chadd.org/
(アメリカでADHD を有する者の一番大きな非営利団体)

Screening for Mental Health Inc
http://www.healthfinder.gov/orgs/HR2697.htm
http://www.mentalhealthscreening.org/


========
参考
米国FDAは、透明性を高める道を探る
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=256

BMJ誌が「製薬企業と、医療専門家、患者との理想的な関係とはどうあるべきか?」を特集
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=255

営利目的の外部治験審査委員会の実態暴かれる
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=260

FDA透明性推進タスクフォースが立ちあがりパブリックシティズンが証言
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=259

厚労省の自殺推進マニュアル

重篤副作用疾患別対応マニュアル

本マニュアルの作成に当たっては、学術論文、各種ガイドライン、厚生労働科学研究事業報告書、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の保健福祉事業報告書、そして何よりもまず製薬企業の特別のご配慮ならびに族議員様の大いなる圧力等を参考に、厚生労働省の委託により、関係学会においてマニュアル作成委員会を組織し、製薬企業を大スポンサーに持つ社団法人日本病院薬剤師会とともに議論を重ねて作成されたマニュアル案をもとに、重篤副作用総合対策検討会で検討され取りまとめられたものである。

中略

本マニュアルについて

本マニュアルは、本事業の第一段階「早期発見・早期対応の整備」(4年計画)として、重篤度等から判断して必要性の高いと考えられる副作用について、患者及び臨床現場の医師、薬剤師等が活用する治療法、判別法等を包括的にまとめたものである。

中略

※ 医薬品の販売名、添付文書の内容等を知りたい時は、このホームページにリンクしている独立行政法人医薬品医療機器総合機構の医薬品医療機器情報提供ホームページの、「添付文書情報」から検索することができます。
http://www.info.pmda.go.jp/


中略

1.薬剤惹起性うつ病とは
薬剤惹起性うつ病とは、治療を目的として投与された医薬品によって生じたうつ病のことです。うつ病を起こしやすい薬物としては、インターフェロン製剤や副腎皮質ステロイド剤がよく知られています。もちろん向精神薬にも同様の副作用が多く報告されていますが、ここでとりあげることは自殺行為ともなり、自殺増加の社会的背景を考慮して取り上げないことにしました。

2.インターフェロンによるうつ病
インターフェロン による精神神経症状の種類
インターフェロンによる精神神経症状の中で、最もよくみられるのは抑うつ状態であり、次いで多いのがせん妄である16,18,19,23)。他にも、極めて多彩な精神神経症状{不眠、不安焦燥状態、攻撃的な性格変化、躁状態、幻覚妄想状態、けいれん、軽度認知障害(健忘、短期記憶障害)、傾眠、昏睡などの意識障害(いわゆるインターフェロン脳症)}が報告されている。

インターフェロン による精神症状の予防と治療
インターフェロン の減量・中止および種類の変更
精神症状の出現とともにインターフェロンを中止、または減量することが推奨されている。『希死念慮、幻覚妄想、せん妄などの意識障害、躁状態』では中止すべきであろう。

向精神薬およびその他の薬物療法
軽症の抑うつ状態に対しては、同じように『希死念慮、幻覚妄想、せん妄などの意識障害、躁状態』などの精神症状の出現が報告されてはいるものの、経済薬理精神科医らの研究から「毒を以て毒を制する効果」が証明されたパロキセチン、フルボキサミン、セルトラリンなどのセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やミルナシプランなど新しい抗うつ薬を使用しながらIFNを継続することが推奨されている。ミルナシプランは肝臓のミクロゾーム代謝経路を経由しないので、特に肝炎の患者に有用である可能性がある。

参考 http://www.info.pmda.go.jp/ より、代表的SSRI「パキシル」の副作用
1.
*躁うつ病患者[躁転、自殺企図があらわれることがある。]

2.
自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者[自殺念慮、自殺企図があらわれることがある。]

3.
*脳の器質的障害又は統合失調症の素因のある患者[精神症状を増悪させることがある。]

4.
*衝動性が高い併存障害を有する患者[精神症状を増悪させることがある。]

その他多数・・・。

---------------

以上、冗談だと思われる人は、以下厚生労働省ホームページからオリジナルをダウンロードしてご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/12/dl/s1213-4g.pdf

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1027963&media_id=4

放置される学術研究者の利益相反問題

ニューヨークタイムズ紙 (電子版) 2009年11月18日
http://www.nytimes.com/2009/11/19/health/policy/19nih.html
一部抜粋訳

Academic Researchers’ Conflicts of Interest Go Unreported
放置される学術研究者の利益相反問題

"Few universities make required reports to the government about the financial conflicts of their researchers, and even when such conflicts are reported, university administrators rarely require those researchers to eliminate or reduce these conflicts, government investigators found.
利益相反に関して、政府に対する報告を研究者に課している大学はほとんどなく、たとえ報告があったとしても、受け取る金額を減額、もしくは受け取りをやめるように大学側からその研究者に指示することはほとんどないことが、このたび政府が行った調査で明らかになった。

"In a report expected to be made public on Thursday, Daniel R. Levinson, the inspector general of the Department of Health and Human Services, said 90 percent of universities relied solely on the researchers themselves to decide whether the money they made in consulting and other relationships with drug and device makers was relevant to their government-financed research.
木曜日に公表が予定されているある報告書で、研究者が製薬会社や医療機器メーカーとのコンサルタント契約およびその他の関係から得る報酬が、政府補助金との兼ね合いにおいて適切なものであるかどうかは研究者自身の判断とする大学が九割に上ることを、この調査を行った米保健社会福祉省のダニエル・R・レビンソン監査官は報告している。

"And half of universities do not ask their faculty members to disclose the amount of money or stock they make from drug and device makers, so the potential for extensive conflicts with their government-financed research is often known only to the researchers themselves, the report concluded."
しかも半数の大学は、製薬会社や機器メーカーから得る金額や株の公表を教職員に求めておらず、政府補助による研究には大規模な利益相反が絡んでいる可能性があるものの、それを知るのは研究者自身だけだと報告書は結論付けている。

‐‐‐‐‐‐

厚生労働省が所管する障害者の自立支援のための調査研究事業(概算要求13億円)を「廃止」と結論づけた「事業仕分け」。

一方で産・学・官との連携(癒着)で勧める研究事業には、常にこの利益相反問題が絡んでいることに目を向ける必要があるでしょう。

こうした研究者は専門家と呼ばれ、裏では倫理に反することを行いながらも、マスコミに登場しては健康や医療を説き、大学では医学生相手に授業を行っています。

こうしたことがある(日本のように記事にすらできない状況はさらに悲惨ですが)うちは、テレビで「受診しましょう」「病院に行きましょう」を連呼する「専門家」なんて一切信用しないことにしています。

全米精神疾患患者家族会(Natinal Alliance for the Mentally Ill), 略してNAMI

全米精神疾患患者家族会(Natinal Alliance for the Mentally Ill), 略してNAMI.
インターネットで検索するとわかるように、「精神障害者をもつ家族の全国組織」として日本でも知られ、「素晴らしい患者擁護団体」として精神医療拡大を企む精神医療学会や製薬企業関連のホームページにもたびたび記される団体です。
しかしその実態はどうなのでしょう・・・

――――――
NEW YORK TIMES (ニューヨーク・タイムズ紙-電子版)
2009年10月21日
http://www.nytimes.com/2009/10/22/health/22nami.html?_r=2

Drug Makers Are Advocacy Group’s Biggest Donors
擁護団体、最大の寄付主は製薬企業 (一部抜粋)

WASHINGTON — A majority of the donations made to the National Alliance on Mental Illness, one of the nation’s most influential disease advocacy groups, have come from drug makers in recent years, according to Congressional investigators.
ワシントン — 米国きっての影響力を持つ疾患擁護団体である全米精神疾患患者家族会の近年の資金のほとんどが製薬企業により提供されていたことが、先ほど行われた議会調査により明らかになった。

The alliance, known as NAMI, has long been criticized for coordinating some of its lobbying efforts with drug makers and for pushing legislation that also benefits industry.
NAMIとして知られるこの家族会は、製薬企業に有利な法制化推進のためのロビー活動を企業とともに行っているとして、以前から批判があった。

中略

The mental health alliance, which is hugely influential in many state capitols, has refused for years to disclose specifics of its fund-raising, saying the details were private.
多くの州議会に莫大な影響力を持つこの精神疾患患者家族会は、資金調達の詳細を明らかにすることを長年拒否し続け、非公開としてきた。

But according to investigators in Mr. Grassley’s office and documents obtained by The New York Times, drug makers from 2006 to 2008 contributed nearly $23 million to the alliance, about three-quarters of its donations.
しかしグラスリー議員(今回調査を行ったアイオワ州選出の共和党議員)事務所の調査ならびにニューヨーク・タイムズ紙の得た資料文書によれば、2006年から2008年までの間に製薬企業が行った家族会への寄付金は二千三百万ドル(20億円超)に上り、これは総資金額の四分の三に当たる。
――――――

また一方、NAMIの全米委員会メンバー、ジム・デイリー氏は、アストゼネカ社(AstraZeneca)が抗精神病薬セロクエルの熾烈な市場シェア獲得を争っていた2003年当時、同社よりコンサルタント料を得ていたとの報道もあります。
http://industry.bnet.com/pharma/10004939/nami-board-member-was-paid-consultant-on-azs-seroquel-documents-say/

『精神科医たちは、ごくあたりまえの気質を精神疾患に仕立て上げ、精神医療のバイブルの地位を確立した「精神疾患の診断・統計マニュアル」に抜け目なく記載した。製薬会社は「脳内化学物質の異常」を治す「薬」を開発し、広告会社や支援団体を巧みに利用して巨大マーケットをつくりだした。その結果生まれるのは、恐ろしい副作用に苦しむ人々と、感情を抹殺された反ユートピアの社会かもしれない・・・』クリストファー・レーン著 「乱造される心の病-Shyness」日本語版、帯より

患者擁護団体を誘導しての新薬承認、新制度導入・・
悪化の一途をたどる日本の精神保健行政、そろそろ気付くべきことに気付かないといけません。

利益相反マネジメント、医学雑誌編集者国際委員会がさらに厳しい開示の統一基準を要求

ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン(15日付)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=990350&media_id=52

利益相反マネジメント、医学雑誌編集者国際委員会がさらに厳しい開示の統一基準を要求
2009年10月14日
――― ウォールストリート・ジャーナル (電子版)
http://online.wsj.com/article_email/SB125547553843083589-lMyQjAxMDI5NTE1NDQxNzQ1Wj.html

NEJM(the New England Journal of Medicine), JAMA(the Journal of the American Medical Association)など、独自の開示基準を設けて利益相反問題に取り組む医学誌。医学雑誌編集者国際委員会は今回そうした各誌独自の基準を統一、さらに厳しい開示統一基準を示したことに対し、これまでNEJM, JAMA、Lancetを含む十数誌が同意。

要旨

・金銭的な関係に関しては、本人のみならず、配偶者、パートナー、未成年の子供も含む。

・宗教的、政治的といった非金銭的利害関係も、バイアスを生む下地となるため、読者に対する注意喚起として開示するものとする。

・コンサルタント料・謝礼金・専門家としての証言/鑑定料・補助金・原稿料・パテントおよびロイヤリティー料を、過去3年にさかのぼって開示する。

・金銭的供与を受けないもの、例えばある病気の支援団体の長を無給で務めるなどした場合にも開示対象とする。


国際社会のこうした動向に、立ち遅れの目立つ日本はどのように対応するのでしょうか・・・

ーーーーーーーーーーーーーー

メモ
利益相反問題とはーひらたく言えば「製薬企業から医師へ支払われるお金の透明化」
以下薬害オンブズバースン会議より

・医学の専門家団体と企業の関係 – 利益相反管理の提言
「医学の専門家団体(PMA)は,最良の治療法を定義し,エビデンスに基づいた結果を推進する役目がある。PMAは学会や継続医学教育を行うが,PMAが持つ社会支援の立場は医師にとっても,市民にとっても非常に重みのあるものである。それにもかかわらず,この10年に明らかにされたのは,企業と医療者の経済的なつながりの圧倒的な強さにより生ずる利益相反の事実であった。指導的立場の医師をはじめ,政府やメディアは,これまでのPMAの行為が,科学の高潔さや患者の利益を最優先することをないがしろしてきたと感じており,抜本的な改革を要求している。 PMAは企業からの寄付ゼロを目ざしていくべきである。高潔さを保つためには,犠牲を要するだろうが,この変革は社会にとって最上の利益となる。・・・JAMA誌の著者はPMAの高潔さを保つためには犠牲をはらわなければならない」と述べているが,学会が企業の資金援助から抜け出す苦しみは,喫煙者がたばこを止めようとする時と似ているかもしれない。ニコチンの中毒からぬけ出すには身体的精神的な苦痛を伴うが,そうしなければ,喫煙者は発がんのリスクを背負うことになる。しかし,医学の高潔さと企業の利益相反は,喫煙とちがって社会が大きなリスクを背負う。米国では最近,企業側が資金の提供先を公開する動きがでてきている(※3)。しかし,残念ながら日本の製薬企業は,医学部などのへの資金提供について,情報公開に前向きなのは1割程度に過ぎない(読売新聞2009年6月3日)。 (ST) 
」http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=251
プロフィール

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。