スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHDには薬剤治療の効果なし

キャンベラ・タイムズ紙
http://www.canberratimes.com.au/news/local/news/general/drugs-dont-work-for-adhd-study/1754396.aspx?src=enews

Drugs don't work for ADHD: study
研究:ADHDに薬剤治療の効果なし


An Australian study has revealed a ''significant lack of effect'' of conventional drugs used to treat ADHD, a finding that surprised at least one of its researchers.
Professor Lou Landau was co-author of the WA research which investigated the effectiveness of drugs now widely used to treat Attention Deficit Hyperactivity Disorder in children.

従来使用されてきたADHD治療薬には「その効果に重大な不足がある」とする研究がオーストラリアで発表されたことから、研究を行ってきた研究者のうち、少なくとも一人はこの結果に驚いている。
ルー・ランダウ博士は、児童の注意欠陥多動性障害の治療薬として広く使われている薬剤の効果を研究する西オーストラリア・リサーチの共同研究者であった。

The principal medical adviser to the West Australian Department of Health said he did not expect such a strongly negative result.
西オーストラリア保健省の主任医療アドバイザーを務めるランダウ博士は、これほど強力に否定的な結果が出るとは予想もつかなかったと語る。

''Yes, we weren't anticipating that significant effect,'' he said yesterday. ''... or the significant lack of effect of the medication.''
「こんな重大な効果・・・というか、これほど効果がないなどとは想像もしなかった。」

Professor Landau and fellow researchers pulled data from the nation's long-term Raine study to assess the health, and other, outcomes of 131 children with ADHD among more than 2800 Australian families.
ランダウ博士らの研究者たちは、健康を評価する全国の長期研究と、その他オーストラリアの2800家族のなかのADHD児童131人の転帰データーをもとにした。

It showed how those using conventional ADHD drugs, such as Ritalin and dexamphetamine, had significantly poorer educational outcomes than children with ADHD not using the stimulants.
それによると、リタリンやデクスアンフェタミンといった従来のADHD薬を摂取していた子供たちは、摂取していなかったADHDの子供に比べ、有意に教育成果の低いことがわかった。

The drugs were also linked to a ''trend toward slightly higher depression scores'', the study found, along with a potentially long-term risk factor for heart disease.
またこうした薬剤を使用した場合、「うつ傾向が少し高い」ことや、心疾患の長期リスク・ファクターともなりうることが今回の研究から判明した。
スポンサーサイト

薬剤治療はADHD克服の第一選択肢ではない

couriemail.com.au November 30, 2009
http://www.news.com.au/couriermail/story/0,,26422996-5003426,00.html

Medication not first option to beat ADHD
薬剤治療はADHD克服の第一選択肢にならず

CHILDREN diagnosed with ADHD could be weaned off medication as new Government guidelines warn doctors not to use drugs for first option treatment.
新たな政府ガイドラインによる「第一治療法として薬剤を使用しない」とする医師への警告により、ADHDの診断を受けた子供たちが薬と縁を切ることになるなるかもしれない。

The Federal Government draft guidelines released yesterday will substantially change the way doctors treat Attention Deficit Hyperactivity Disorder, especially in preschool-aged children.
きのう発表された連邦政府のガイドライン草案は、注意欠陥過活動性障害の治療、特に就学前児童に対する医師の治療法を大幅に変更するするものである。

One of the biggest medical turn-abouts is the change from guidelines in 1997, which recommended medication was a suitable treatment for children diagnosed with the behavioural and learning problem.
もっとも大きな医学上の方向転換は、行動上、学習上の問題あり、と診断を受けた子供の適切な治療として薬剤治療を推奨していた1997年作成のガイドラインからの百八十度の変更である。

Now it is advised: ''Medication should not be used as first-line treatment for ADHD in preschool-aged children.
それが今回「薬剤治療をADHD就学前児童に対する第一選択治療法とすべきではない」と忠告されている。

''For children under six years of age, a stage when child development is rapid, it is essential to distinguish ADHD symptoms from normal developmental variation in impulsivity and attention.''
「6歳未満の小児は急速な成長期にあり、ADHDの症状と、正常な成長としての衝動性や注意力における多様性とを、しっかりと見極めることが最も重要である」。

Doctors have been warned to weigh-up the benefits of drugs, which are recommended for some patients and risk factors, such as ''growth impacts''.
患者によっては勧めることにもなる薬剤のベネフィットと「成長への影響」などのリスクファクターをしっかりと天秤にかけるようにと、医師には推奨されてきた。

More than 350,000 children and adolescents have ADHD and in the past financial year taxpayers have forked out more than $21 million on drugs, including medication for the growing number of adults who have the illness.
現在、ADHDとされる子供や若者は三十五万人以上いるといわれ、この障害があるとされるますます増加する大人の分も含めると、去年の会計年度で納税者は二千百万ドルを薬代に支払った計算になる。

Health Minister Nicola Roxon, who is trying to rein in an explosion of medical costs, has been frustrated at the lack of clear evidence on how to treat the condition.
医療費抑制に取り組むニコラ・ロクソン厚生相は、こうした症状の治療法に明確なエビデンスが欠けていることに不満を抱いていた。

''I am pleased that we can finally provide this more up-to-date information on ways to identify and care for those in our community who may be suffering from ADHD,'' she said.
「社会の中でADHDを抱えている可能性のある人たちを特定しケアするためのこうした最新の情報を提供することができて、うれしく思います」と厚生相は言う。

But in a twist that could change the guidelines again soon, a US researcher referenced in the updated Australian guidelines is at the centre of a US conflict of interest inquiry after it was alleged he had failed to declare his full relationship with a drug company.
しかし、まもなく行われると思われるガイドライン再変更という予想外の展開の中、このオーストラリアの最新ガイドラインの中で言及されている米研究者は、製薬企業とのつながりの大部分を申告しなかったことで訴えられ、利害衝突の中心人物として現在も取り調べを受けている。

The National Health and Medical Research Council with Royal Australasian College of Physicians (RACP) updated the guidelines. The document is almost 300 pages.
このガイドライン改訂は国立保健医療研究審議会が王立オーストラリア医学校(RACP)とともに行ったもので、ページ数は約300頁。

RACP guidelines working group chairman David Forbes said there had been ''substantial'' changes in advice in prescribing medication and expected some children may be taken off drugs.
薬剤処方に関する注意書きには「大幅な」変更がおこなわれており、薬を飲む必要のない子供もでてくるのではと、RACPワーキンググループの委員長、デイビッド・フォーブズ教授は言う。

''Not all kids should get medication,'' Professor Forbes said.
「すべての子供に薬が必要というわけではないのです」と、フォーブズ教授。

There had not been enough research about whether children's behaviour could be controlled through exercise and diet, he said.
子供の行動が運動や食事によってコントロールされうるかどうかについては、まだ十分研究されていないというのがフォーブズ教授の弁。

Restricting some foods for some children may work if done in consultation with nutritionists, he added.
そして、子供によっては栄養士と相談の上である種の食べ物を制限することで効果の出る可能性もあるとフォーブズ教授は付け加えた。

ーーーーーー

オーストラリアでこうしてガイドラインに変更がもたらされ、重大な副作用のある薬剤を子供から遠ざける結果につながったのは、アメリカで起こったビーダーマン博士の金銭スキャンダルを、まったく無反応だった日本とは違い、オーストラリアのマスコミが大々的に取り上げ、製薬企業との癒着に国民の注意が注がれた結果です。

多くの子供の人生が、マスコミの姿勢一つで大きく変わる。

一方で「うつ病キャンペーン」、「精神科受診キャンペーン」

そこには生命を軽視したあまりに邪悪な「意図」がある。

いつまで日本のマスコミは、この愚かで犯罪的とも言える姿勢を続けるのだろうか。

ADHD 委員会と製薬企業のつながり

オーストラリアン紙
http://www.theaustralian.com.au/news/adhd-panels-drugs-links-being-properly-managed/story-e6frg6n6-1225803464651

ADHD panel's drugs links being properly `managed'
ADHD 委員会と製薬企業のつながりは適正に「管理」


THE body charged with setting new guidelines for the treatment of ADHD has refused to release details of payments by drug companies to its experts, but has said conflicts of interest are being properly "managed".
`The comment by the Royal Australasian College of Physicians comes after health experts this week called on federal Health Minister Nicola Roxon to appoint a new panel to draft ADHD treatment guidelines that was free of conflicts of interest.

ADHD の新たな治療ガイドライン策定を委ねられている団体は、各専門家委員に支払われる製薬企業からの詳細な報酬の公表は拒んだものの、利害の衝突は適正に「管理」されていると語った。今週、健康問題の専門家らが豪連邦保健相ニコラ・ロクソンに対し、ADHD 治療ガイドラインの策定には利害衝突のない委員会を新たに設置することを求めたことを受け、王立オーストラリア医学校がコメントとして発表した。


Ms Roxon yesterday brushed aside criticism of the panel as well as concerns that its draft ADHD guidelines had been tainted by drug company payments to a US expert. ロクソン保健相はきのう、ADHD ガイドラインの草案にはアメリカの専門家に対する製薬企業からの不正な報酬支払いがあったとする懸念や委員会に対する批判は退けた。

Instead, she said she expected new ADHD treatment guidelines would be released in the "very near future". そのかわり、「ごく近いうち」に 新しいADHD 治療ガイドラインが発表されるとした。

There are currently no Australian guidelines for the treatment of ADHD, despite more than 400,000 prescriptions being written for ADHD medication every year. 毎年400,000件以上ものADHD治療薬の処方箋が書かれているにもかかわらず、目下のところオーストラリアにはADHDの治療ガイドラインが無い状態。

The former guidelines, written in 1997, were scrapped four years ago as new drugs and research had become available. 1997年にできた旧ガイドラインは、新しい薬剤や研究の登場で4年前に破棄された。

Ms Roxon said she shared public concerns about the delay in the release of the guidelines. ガイドラインの発表が遅れていることに対する国民の不安は承知しているとロクソン保健相は語る。

"I expect that the draft guidelines . . . could be released in the very near future," she said.
「ガイドラインは. . .ごく近いうちに発表されると思います」

"The government is committed to the development of clear, evidence-based guidelines on the appropriate management of this condition." 「政府はこの状況を適切に管理し、明確でエビデンスに基づいたガイドラインの作成に全力で取り組んでいます」

However, the new draft guidelines are under a cloud because of concerns that US research relied upon to draft them was compromised by drug company funding.
しかし、この新しいガイドラインが基盤とする米国の研究には製薬企業による資金提供があったことからその内容が疑問視されている。

US-based child psychiatrist Joseph Biederman, a world-renowned authority on ADHD, is under investigation for failing to disclose much of $US1.6 million he received from drug companies between 2000 and 2007.
米国を拠点に活動するADHDの世界的権威ジョセフ・ビーダーマン児童精神科医が、2000年から2007年の間に製薬企業から受けた報酬千六百万ドル(約十五億円)のほとんどを適正に開示しなかったことで現在捜査を受けているのだ。

Dr Biederman has been credited with helping to fuel a worldwide spike in the use of anti-psychotic medicines in children.
ビーダーマン医師は、抗精神病薬を使用する子供たちが世界中で急増する火付け役となった人物。

His research is cited in the draft Australian guidelines more than 50 times. Chairman of the RACP's guidelines working group, David Forbes, said the panel would not scrap its guidelines and start again.
彼の行った研究はオーストラリアのガイドライン草案の中でも50回以上引用されている。王立オーストラリア医学校のガイドライン・ワーキンググループの委員長、デビッド・フォーブス教授は言う。「委員会が今の草案を破棄し、まったく一からやり直すことはないだろう」

"At this point, the evidence base has not changed sufficiently to warrant starting this process again," Professor Forbes said.
「現時点においては、作成を一からやり直すに足るほどのエビデンス・ベースの変更はない」

Professor Forbes also defended the 10 experts on the panel, seven of whom have been linked to the ADHD industry.
またフォーブス教授は10人中7人がADHD業界とつながりを持つ専門家委員会についても問題はないとした。

"The members have declared conflicts of interest, and where these have been present, they have been managed according to the guidelines of the RACP and the National Health and Medical Research Council," he said.
「委員会メンバーは利害衝突を申告しており、王立オーストラリア医学校ならびに国立保健医療研究審議会の方針に従って適切に管理されている」と教授は言う。

Monash University child psychiatry expert George Halasz said more scrutiny was needed of this panel's links to the drugs industry, as well as the panel that drafted the original 1997 guidelines because there was a risk of "systemic dysfunction".
モナッシュ大学児童精神医学の専門家、ジョージ・ホラッシュ氏は、「組織ぐるみの不正」が行われている危険性があり、1997年に原案を作成した委員会同様、この委員会についても製薬企業との結びつきを厳密に調査する必要があると言う。

"Clearly there are question marks about bias and conflicts of interest," he said.
偏りや利害衝突に疑問があることは明らかだ」とホラッシュ氏。

"There is no dominant theory about what ADHD is.
「ADHD とは何であるかについて、多数が支持する理論というものはないのです」

"When there's no dominant theory you have to ask why there are people who insist on declaring the case is closed, when it's just false."
「有力な理論もなく不正すら行われて、なぜこの問題には決着がついていると主張する人間がいるのかを考える必要があります。」

More than 400,000 prescriptions are written each year for ADHD medicines in Australia, which are part of the Pharmaceutical Benefits Scheme. オーストラリアでは毎年四十万件以上のADHD治療薬が処方され、製薬企業の利益計画の一部になっている。

In 2007, about 60,000 patients were on ADHD drugs.
2007年、ADHD治療薬服用患者数、六万人。

オーストラリアに残された"正気"- ADHD 薬剤治療は最後の手段に

オーストラリアに残された"正気"- ADHD 薬剤治療は最後の手段に

ADHD、うつ病、統合失調症…
精神科医マッゴーリーを筆頭に、これら精神障害に対する「早期介入」・「予防」と称して、子供や若者を薬漬けにしてきたオーストラリア。

そのADHD治療ガイドラインの草案が、去年ニューヨーク・タイムズの紙面を賑わせ、大きな社会問題ともなったハーバード大学児童精神科医ジョセフ・ビーダマンの研究結果を下地としていたことから破棄され、再考されることに。

研究を行う前から製薬企業に有利になる結果を出すことを約束し、製薬企業から百六十万ドルの報酬を得ながらその大半を正しく開示せず、一方で政府から研究補助金を得ていたことが発覚して、その後アメリカでは非常に悪名高き児童精神科医となったビーダマン。

日本でもADHDの普及活動を行った人物です。

産官学の癒着に待ったをかけるだけの良識が、オーストラリアには残っていたのでしょう。

‐‐‐‐‐‐

ニュース・ドット・コム オーストラリア 2009年11月23日
http://www.news.com.au/story/0,27574,26386776-421,00.html 一部抜粋訳

ADHD guidelines pulled after payment scandal
不正報酬発覚でADHD ガイドライン見直し


"Australian authorities have been forced to admit the embarrassing discovery that has now put the guidelines--which recommend medication such as Ritalin as the best form of treatment for ADHD and are designed to help parents and doctors--in jeopardy.
親や医師にリタリン等の薬剤治療を最善の療法として勧めるADHD治療ガイドラインには、危険をはらんだ問題があることをオーストラリア当局はしぶしぶ認めていた。

"Child welfare and ADHD experts want the guidelines rewritten entirely.
児童福祉上も、またADHD の専門家からも、ガイドラインの全面的な書き換えが求められている。

"'This is an excellent opportunity for the Government to go back to the drawing board,' University of South Australia education faculty lecturer Dr Brenton Prosser said.
「政府にとっては一からやり直す素晴らしい機会だ」と、南オーストラリア大学教育学部講師ブレントン教授は語る。

"'I advise parents to use medication as a last resort. Pills don't acquire skills. Medicines don't address social skills.'
「私は親たちに、薬は最後の手段として用いるものだとアドバイスしている。薬で技術が身につくわけではない。薬剤は社会的技能向上に寄与するようにはできていない。」

"The Royal Australasian College of Physicians is in charge of devising the guidelines, following a Government review in 2007."
2007年に政府による見直しが行われ、現在はロイアルオーストラリアンカレッジ・オブ・フィジシャンズ(Royal Australasian College of Physicians)がガイドラインの策定にあたっている。

"The College was not aware of the US investigation when drafting the guidelines," a spokesman said.
「ガイドラインの策定中にアメリカで捜査が行われていたことを、大学側は知らなかった」と、ある大学広報担当官。

"When (it) is completed the college and National Health Medical Research Council will determine the future status of the guidelines."
ガイドライン案が完成すれば、担当大学と国立臨床医療研究委員会がガイドラインの将来の立場を決定することになる。


It was revealed last year that seven of the 10 people in charge of setting the guidelines had financial links to firms who make ADHD drugs.
去年、ガイドライン策定にあたる10名の委員のうち7名がADHD治療薬を販売する製薬企業と金銭的つながりのあったことが明らかにされていた。
‐‐‐‐‐‐

なぜこうした見直しが日本でも行われないのか、私の知るところではありません。

しかし、ニューヨークタイムズ紙、ワシントンポスト紙、ボストングローブ紙などの主要メディアが取り上げ、イギリスの国会が真剣に議論し、「ADHDの子供にはリタリン・コンサータよりマリファナを吸わせよう」なんて議論するアメリカでも、ビーダ-マンや製薬企業の悪事を国会議員が追及しているのに比べ、薬剤治療と電気ショックぐらいしかできない精神科受診を勧めるカウンセラーを学校におき、メンタルヘルスがどうのと言いながらハローワークにも精神科の窓口をおくだけで、真剣な議論が無い日本。

まずは「薬剤治療に依らない」本当の治癒をもたらす研究・人材の育成、制度の普及等が必要でしょう。

米 児童精神科医、ADHD障害のある男の子にイタズラ

アメリカでも精神科医による児童に対する性的いたずらが後を絶たない…

米メリーランド州タウソンの児童精神科医、ミゲル・フロテーラは、ADHD障害のある5人の男の子(10歳~12歳)を裸にしてイタズラ。

バルチモア・サン紙 (電子版) 2009年11月11日 一部抜粋訳
http://www.baltimoresun.com/news/maryland/baltimore-county/bal-md.hs.doctor11nov11,0,7400198.story

"Allegations from each of the boys, ages 10 to 12 at the time they were patients, were similar and all involved improper conduct during physical exams in his office that the doctor himself called 'not, you know, necessary' and 'very out of the mainstream of psychiatry,' according to the suspension order issued by the Maryland Board of Physicians.
被害にあった当時10歳~12歳の男の子たちの訴えによると、それぞれ全員が同じように診察室で身体診察と称する不適切な行為を受けたと言い、メリーランド州医師会が下した業務停止命令紙辞書には、ミゲル・フロテーラ自身が「まあ検査が必要というわけではない」「精神科の主流からは、だいぶ離れてはいる」と語っていることが記されている。

"The public order says the investigation began after Baltimore County police turned over two reports in April. One report was filed in 2006 by a county high school crisis interventionist who said a boy she counseled told her he was repeatedly 'molested' during treatment visits when he was 11 or 12. Earlier this year, the parents of another boy reported to police possible sexual abuse that they said occurred in 2003 when their son was 10."
公安当局によると、捜査が始まったのは4月にバルチモア郡警察が2件の被害届書類を引き継いだことから。うち一件の2006年に受理された被害届は学校カウンセラーによるもので、彼女によると、「11、2歳の時、受診に行くたびに繰り返しイタズラをされた」という訴えがカウンセリング中にあったという。また今年初め、別の男の子の親からも、性的虐待が疑われる行為を子供が10歳の時に受けたという被害届が警察に出されていた。

‐‐‐‐

おそらく子供たちはコンサータやリタリンなどの「薬剤治療」を受けていたはずですから、突然死や心臓疾患など、決して軽くない副作用を持つ薬剤であることを考えれば、「身体診察」自体は行われてしかるべきなのかもしれませんが・・・・

この事件、「うち一件は学校カウンセラーが被害届」とあります。
しかし、もしそれが精神科から派遣されたカウンセラーやワーカーだとしたら、はたして被害届を出してくれるでしょうか・・。

実はそういう制度が日本で着々と進んでいます。
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2009070150.htm

上記の例では、地域連携を隠れ蓑に研究の主体である財団が三重県津市の「豊里中学校」にアルバイト学生を派遣し、めぼしい子供を見つださせて精神科医を学校に呼び受診させるというもの。

子供を守るのがカウンセラーや学校の仕事であるはずなのに・・・。


ADD/ADHD の失態解明

ソース:http://www.newmediaexplorer.org/sepp/2009/09/04/vitamin_c_necessary_for_brain_development_newsgrabs_friday_4_september_2009.htm

Dr David Stein, a professor of psychology and criminal justice at Virginia State University, and author of, "Unraveling the ADD/ADHD Fiasco," has taught psychopharmacology for 25 years. One of the greatest myths about mental disorders, is that they are caused by a chemical imbalance, he says.
"The myth is founded on some of the tricks that are pulled in so-called scientific research in psychology and psychiatry," he explains.
"The manipulation of research has become one of the most powerful and most unethical marketing tools ever devised," he says. "Not one study can be replicated at the testing labs of hospitals or by laboratories involved in clinical patient care."
"Replication is a basic step for all sciences," Dr Stein explains.

「ADD/ADHD の失態解明」の著者であり、バージニア州立大学の心理学と犯罪司法教授として25年間精神薬理学の教鞭をとるデイビッド・スタイン博士は、「精神疾患にまつわる最大のゴマカシは、それが"化学物質の不均衡"によって引き起こされるとすることだ」と語る。
彼の説明によれば、「このゴマカシは心理学や精神医学のいわゆる「科学的調査」を引き合いに出すカラクリによって成り立つものだ。調査研究の操作は、最も強力かつ過去に例を見ないほどの非倫理的ツールとして作られたもの。試験室や病院、あるいは臨床患者のケアに関わる研究室において再現性のある研究など何一つとしてない。すべての科学にとって、この再現性(Replication)こそが基本の第一歩のはずだ。」
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。