スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アストラゼネカ社の違法販売訴訟、五億二千万ドルで決着

For $520 Million, AstraZeneca Settles Case Over Marketing of a Drug
『アストラゼネカ社の違法販売訴訟、五億二千万ドルで決着』

By DUFF WILSON
Published: April 27, 2010

ソース:The New York Times ニューヨークタイムズ紙
http://www.nytimes.com/2010/04/28/business/28drug.html?src=busln
(一部抜粋訳)

AstraZeneca has completed a deal to pay $520 million to settle federal investigations into marketing practices for its blockbuster schizophrenia drug, Seroquel, the Attorney General, Eric Holder, said at a news conference Tuesday afternoon.
統合失調症治療薬として大成功おさめたセロクエルの販売活動の違法性が問われた連邦の捜査で、製造元のアストラゼネカ社が五億二千万ドルを支払うことで決着したと、エリック・ホルダー司法長官は火曜日の午後に行われた記者会見で語った。


“AstraZeneca paid kickbacks to doctors as part of an illegal scheme to market drugs for unapproved uses,” Kathleen Sebelius, secretary of health and human services, said at the event in Washington. She said the company promoted drugs for unapproved uses by children, the elderly, veterans and prisoners.
ワシントンで行われたこの記者会見でキャスリーン・セベリアス保健社会福祉長官は、「薬の市場拡大のためにアストラゼネカ社は医師にリベートを支払って未承認の適用外処方を違法に促していた」とし、同社は子供や老人、そして退役軍人や囚人などを対象に未承認の処方で販売促進を行ったと語る。

Glenn Engelmann, AstraZeneca’s U.S. general counsel, released a statement saying the company denies the allegations but settled the investigation with the payment.
アストラゼネカ社の全米顧問弁護士グレン・エンジェルマン氏は、会社側はこのような申し立てを否定するものであるが、捜査に対しては金銭的に決着したとする声明文を発表した。


AstraZeneca becomes the fourth pharmaceutical giant in the last three years to pay to settle federal investigations into illegal marketing of antipsychotic drugs, a lucrative category of medications that have quickly risen to the top of United States sales charts.
薬の全米売り上げトップチャートにもランクされ、今やドル箱となった抗精神病薬の違法な市場拡大にたいする連邦の捜査で金銭の支払いを行った巨大製薬企業は、過去三年でアストラゼネカ社が四社目となる。

AstraZeneca agreed to sign a corporate integrity agreement with the federal government over its marketing of Seroquel for unapproved uses, but will not face criminal charges, company and federal officials said.
アストラゼネカ社はセロクエルの未承認処方での販売に関して連邦政府とのあいだで企業倫理協定に署名したが、企業側も連邦側も刑事告発には発展しないという。

The company, based in London, has been accused of misleading doctors and patients by playing up favorable research and not adequately disclosing studies that show Seroquel increases the risk of diabetes.
ロンドンに本拠を置く同社は、セロクエルに都合のよい研究データだけをことさらに誇張し、糖尿病リスクを増大させることを示す研究を適切に開示せず、医師や患者を欺いたとして告訴もされている。

AstraZeneca still faces more than 25,000 civil lawsuits filed on behalf of patients contending that the company did not disclose the drug’s risks.
現在もアストラゼネカ社は、薬剤のリスクを開示しなかったとして二万五千件に上る患者側からの民事訴訟を抱えている。

The company was facing two federal investigations and two whistle-blower lawsuits involving Seroquel sales and marketing practices. One of the investigations related to physicians who had participated in clinical trials. The other inquiry involved sales staff.
同社は二件の連邦捜査とセロクエルの販売および市場拡大に関する二件の内部告発者からの訴訟もあった。連邦捜査のうち一件は、臨床試験に参加した医師たちに関するもの。もう一件の調査は販売員にかかわるものであった。

As a result of aggressive marketing, Seroquel has been increasingly used for children and elderly people for indications not approved by the Food and Drug Administration. The drugs have caused rapid weight gain in children, and side effects including deaths have prompted warnings against giving the drugs to elderly patients for dementia.
強引なマーケティング活動を行った結果、セロクエルは米食品医薬品局(FDA)未承認の適応で子供や老人にどんどん処方されるようになった。こうした薬は子供たちに急激な体重の増加を引き起こし、その副作用には死亡に至るケースもあることから、老人の認知症には処方しないように警告すべきとの声も上がっていた。

Although doctors are permitted to prescribe any approved drug for off-label uses, it is illegal for drug makers to promote medications for any purpose not specifically approved by the F.D.A.
医師が適応外処方を行うことは認められてはいるものの、製薬企業側がF.D.A.の承認で特定されている目的以外で薬の販売促進を行うことは違法とされている。

AstraZeneca, which reported $4.9 billion in Seroquel sales in 2009, plans to report its first-quarter financial results on Thursday.
セロクエルの2009年度の売り上げが四十九億ドルであったアストラゼネカ社は、今週木曜日に本年度第一四半期決算報告書の発表を予定。

The company will join a series of American pharmaceutical companies that have paid to settle federal investigations into illegal marketing.
連邦による一連の違法マーケティングの捜査に対し、金銭決着をつけた製薬企業として、アストラゼネカ社も名を連ねることになった。

In the largest such case, Pfizer paid $2.3 billion last September, including $1.3 billion in the biggest criminal fine of any type in United States history, for off-label marketing of the painkiller Bextra and other drugs. Bextra was withdrawn from the market in 2005. The Pfizer fine included $301 million for off-label marketing of its antipsychotic drug Geodon.
こうした事例では、去年9月にファイザー社がベクストラやその他薬剤の認可外マーケティングの問題では、米歴史上最高額の罰金となった十三億ドルを含む二十三億ドルの支払いがある。ベクストラは2005年に市場から引き揚げられていた。このファイザーが支払った罰金の中には、抗精神病薬ジオドンの認可外マーケティングにたいする罰金として、三億百万ドルも含まれていた。

Eli Lilly paid $1.4 billion in January 2009 to settle investigations into illegal marketing of its antipsychotic drug Zyprexa. Lilly’s settlement included a $515 million criminal fine, which until the Pfizer case was the largest such fine ever imposed on a corporation.
イーライ・リリー社は2009年一月に抗精神病薬ジプレキサの違法販売促進の捜査に十四億ドルを支払っている。その支払い金のうち五億一千五百万ドルが罰金として支払われたもので、ファイザー社の歴史的な罰金額の支払いがあるまでは、それまで企業が支払った罰金としては最高額であった。

In 2007, Bristol-Myers Squibb and a subsidiary paid $515 million to settle federal and state investigations into marketing of its antipsychotic drug Abilify.
2007年にはブリストルマイヤーズ・スクイブ社(日本では大塚薬品)と子会社が、抗精神病薬エビリファイのマーケティングに対する連邦ならびに州の捜査に対し、その解決金として五億一千五百万ドルを支払っている。

The newer generation of antipsychotics has surpassed cholesterol-lowering drugs to become the nation’s top-selling category of medications, accounting for $14.6 billion of the nation’s $300 billion in drug spending last year, according to the research firm IMS Health.
こうした新世代抗精神病薬の売り上げはコレステロール降下剤をおさえて全米トップのベストセラー薬へと躍進し、調査会社IMSヘルスによると、去年薬に支払われた三千億ドルのうち百四十六億ドルがこうした抗精神病薬に支払われている。

Seroquel, a pill usually taken once or twice a day that sells for more than $4 each, was the fifth-best-selling drug in the United States last year, IMS said. As with other antipsychotics, much of that spending is by the federal government, through the Medicaid and Medicare programs.
一錠あたり四ドル以上の値段で売られ、通常日に1,2回の服用とされる錠剤のセロクエルは、去年全米売り上げ第五位の薬になっている。その他の抗精神病薬と同様、薬代の支払いはほとんどが連邦政府のメディケイドやメディケアプログラムによってカバーされている。


The company has argued that people who were found to have diabetes after taking Seroquel already had diabetes or had existing conditions that made them at high risk of the disease.
セロクエル服用後に糖尿病が見つかったひとは、それ以前から糖尿病もしくは糖尿病になるハイリスクを抱えていたというのがアストラゼネカ社の主張。

According to company e-mail messages unsealed in civil lawsuits, AstraZeneca “buried” — a manager’s term — a 1997 study that showed Seroquel users gained 11 pounds a year, while publicizing a study that asserted users lost weight. Company e-mail messages also refer to doing a “great smoke-and-mirrors job” on unfavorable studies.
セロクエルをめぐる民事裁判で開示されたe-メールには、アストラゼネカ社がセロクエルの服用によって1年に11ポンドの体重増加があったとする研究は「隠した=buried」 (マネージャーのメール本文に使われている単語)とあり、しかし一方では服用によって体重が減少するとする研究を発表している。さらにこのメールには、不都合な研究には「巧妙なトリックでごまかすこと=great smoke-and-mirrors job」とまで書かれていた。
そもそも抗精神病薬とは、それが患者の治癒にはつながらず、逆に服用によって脳が委縮し脳神経が破壊されることが研究でも明らかにされており、「化学的拘束衣」の働きしかない薬剤。

確実に脳を破壊-統合失調症の薬剤治療

精神治療薬-対人類化学戦争 part 1

特に日本は精神医療や製薬企業にとっては非常にオイシイ国民皆保険制度の国。

不安を煽って、「よい薬がありますよ、予防しましょう」とやるのが今の医療ビジネスです。

GS(ゴールドマン・サックス)をはじめ、ユダヤ金融屋の次は製薬産業。

ここをしっかり掃除しないと、アメリカもその属国である日本も、もうおしまいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。