スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科医学教科書で語られること・・・そして、語られないこと

A Ghostwritten Psychiatric Book

Psychology Today

Blogs
Mad in America

History, Science, and the Treatment of Psychiatric Disorders
by Robert Whitaker

A Ghostwritten Psychiatric Book Hints at a Much Larger ProblemThe
Story That Is . . . and Isn't Told in Psychiatric Textbooks

『ゴーストライティングされた精神医学書が物語るさらに大きな問題』
 -精神科医学教科書で語られること・・・そして、語られないこと-


チャールズ・ネメロフ博士とアラン・シャッツバーグ博士が1999年に書いたとされていた医学テキストが、実は製薬会社が出資し、ゴーストライターが書いたものであったという今日のニューヨークタイムズ紙の記事(1)は、一見したところ、アメリカ医学の新たなレベルの腐敗のように思える。元FDAコミッショナーのデヴィッド・ケスラーは、「教科書全体がゴーストライターによって書かれていたというのは、新しいレベルのずうずうしさだ」とニューヨークタイムズ紙に語り、「そんな話は今まで聞いたことがない」とした。

しかし実のところ、今回発覚したゴーストライターの問題は、さらにもっと大きな、そして広く蔓延している問題を物語るものであり、いたる所で金にまつわるバイアスが精神科教科書の著作には深く影響しているのである。またそれはきわめて容易に立証することもできる。

スミスクライン・ビーチャム社 (現グラクソスミスクライン社)が、マイアミ大学医学校 現精神科学科長のネメロフ (Nemeroff) と、1991年から2009年までスタンフォード大学 医学部 精神科学科長を務めたシャッツバーグに、『精神障害の認識と治療』と題するプライマリーケア用の精神薬理学ハンドブック執筆のため、附帯条件の付かない教育助成金を支給していたことをニューヨークタイムズ紙の記事は報じている。しかしスミスクライン・ビーチャム社は, 同時に著作活動を専門に行う "Scientific Therapeutics Information"社にも金を払い、そのハンドブックの大まかな内容の開発と、どうやら本文そのものまで執筆させていたらしい。ハンドブックが出版されると、スミスクライン・ビーチャム社がアメリカの家庭医への配布用に一万部を買い取っていた。

これだけでもひどい話だが、もっと大きな問題がある。

それは、商業的利益がほとんどの精神科テキストに影響を及ぼしているということである。

第一に、精神科の教科書は一般的に大学病院などの著名な精神科医が執筆するものであり、その多くは「アドバイザー、コンサルタント、講演」などの仕事で製薬企業から金銭支払いを受けている。したがって、ある教科書を書くにあたり、製薬企業から何らの金銭も受け取らなくても、精神病薬剤メーカーとは依然として金銭的関係がある。そうなると、精神病薬剤についても、その使用を促進するような書き方になる金銭上の理由がある。

第二に、ひとつの分野としての精神医学にも、当然のことながら、精神病薬剤の有効性と安全性を掲げる理由がある。

結局のところ、これが精神医学分野の主力製品なのである。精神科医はすでに精神薬理学者へと変貌しており、この分野の指導者にその主力製品の根本的メリットを疑うような教科書を書くことなど、期待できないのである。

拙著、"Anatomy of an Epidemic (エピデミックの解剖学)"で、私はこうした作り話のプロセスを調査した。第一節では、薬剤治療を施されていない患者の方が、薬の服用を続けた患者よりも長期的に状態が良かったとする米国国立精神保健研究所や世界保健機関が行った数多くの研究を取り上げた。また後半部分では、こうした研究が精神医学の教科書に書かれているかどうかも調査した。その結果わかったことは- どの研究についても全く議論されていなかったことである。そしてごく稀にこれらの研究のひとつに言及があったとしても、薬のイメージを守るのに都合の良いように著者が研究結果を解釈していたことだ。

例えば、イリノイ医科大学のマーチン・ハロウ (Martin Harrow) が1980年代から追跡調査を始め、2007年に発表した統合失調症患者群の15年転帰にまつわる研究がある(2)。抗精神病薬の服用がなかった患者の40%が15年の終わりに回復していたのに対し、服用していた患者では5%であった。またハロウは、それよりも軽度な精神障害の患者についても報告しているのだが、やはり同じように抗精神病薬を服用していない患者の方が、はるかに状態が良かったのである。

さて、この研究は現代の統合失調症の転帰に関して、今私たちにわかっているベストな経時的研究である。しかもこれは米国国立精神保健研究所の資金によって行われた重要な研究である。では米国精神医学会が発行する2009年度版の精神医学教科書は、この研究をどのように扱っているだろうか。確かについで程度に触れてはいるが、研究の実結果を詳細にはしていない。抗精神病薬の服用がなかった患者の方が、服用していた患者よりも回復率が8倍高かったことは書かれていないのだ。その代わりに著者はこう書いている-「統合失調患者の中には、継続的な薬物治療のベネフィットがなくとも機能できる患者もいることを、ハロウの研究は明らかにしている」。

これではどう控えめに言ってもスピンがかかっている。「継続的な薬物治療のベネフィット」を言わんがために、著者が思いついた文である。

では、ここに語られているさらに大きな作り話のプロセスの断片をつなぎ合わせてみよう。精神科薬物治療の臨床試験でここ20年ほどの間に発表された科学論文が、抗精神病薬の有効性や安全性を正確に表現したものではなかったことは、すでによく知られた事実である(3)。臨床試験はデザインによるバイアスがかけられ、結果は捻じ曲げられ、論文はゴーストライターが書き、マイナスの結果は公表されていなかったのだ。結果、元になる論文は間違いだらけでありながら、その汚れた論文が精神医学の教科書を書く著者の元資料となっているのだ。そのような教科書の著者が気も動転するようなハロウの研究を前にしたとき、そこにさらなる自分流の目くらましを仕掛けるのである。

ニューヨークタイムズ紙の記事は、ゴーストライターの書いた一冊の本について語り、元FDAコミッショナーのデヴィッド・ケスラーのようなオブザーバーが、それについてショックをあらわにする。

しかし、精神医学の中でここしばらく作用しているさらに大きなうそ話を生み出す力のことを考えれば、実はそれほど踏み外したものではないのである。

 ーーー

(1) "Drug Maker Hired Writing Company for Doctors’ Book, Documents Say" - the NEW YORK TIMES
http://www.nytimes.com/2010/11/30/business/30drug.html?_r=1&ref=todayspaper

(2) "Factors Involved in Outcome and Recovery in Schizophrenia Patients Not on Antipsychotic Medications: A 15-Year Multifollow-Up Study"
http://www.madinamerica.com/madinamerica.com/Schizophrenia_files/OutcomeFactors.pdf

(3) 米 ニューヨークタイムズ紙に学ぶ 「こころの薬」の裏事情 
http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/blog-entry-97.html
http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/blog-entry-98.html
http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/blog-entry-99.html
http://schizophrenia725.blog2.fc2.com/blog-entry-100.html

公表されていないデータがファイザーの抗うつ剤が無効なことを示している ―ドイツ医療評価機構IQWIG
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=310
ゴーストライティング問題で、医学系出版社も被告に-抗精神病薬リスパダールに関して
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=287
パキシルによる胎児障害について250万ドルの賠償命令
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=271
グラクソは、パキシルの販売促進のために“ゴーストライティング”プログラムを使用
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=265
ゴーストライターによる医学論文作成が裁判資料から明らかに
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=263
営利目的の外部治験審査委員会の実態暴かれる
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=260
米国有力上院議員が米国精神医学会に製薬企業からの資金について説明するよう要求
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=215
   抗うつ薬臨床試験結果の出版バイアスの実態
http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=198
原文

A Ghostwritten Psychiatric Book Hints at a Much Larger Problem

The report by the New York Times today that a 1999 medical text authored by Dr. Charles Nemeroff and by Dr. Alan Schatzberg was ghostwritten and financed by a pharmaceutical firm seems—at first glance—to tell of a new level of corruption within American medicine. “To ghostwrite an entire textbook is a new level of chutzpah,” former FDA commissioner David Kessler told the New York Times. “I’ve never heard of that before.”

But, in fact, this ghostwriting revelation simply hints at a much larger, pervasive problem, which is that financial bias profoundly affects the authorship of psychiatric textbooks at every turn. And it is quite easy to document that this is so.

In its article, the New York Times reported that SmithKline Beecham (now part of GlaxoSmithKline) had provided Nemeroff, who today is chairman of psychiatry at the University of Miami medical school, and Schatzberg, who was chairman of psychiatry at Stanford University Medical School from 1991 to 2009, with an “unrestricted educational grant” to author Recognition and Treatment of Psychiatric Disorders: A Psychopharmacology Handbook for Primary Care. But SmithKline Beecham also paid a writing company, Scientific Therapeutics Information, to develop an outline for the book and—apparently—to actually write the text. Once the ghostwritten book was published, SmithKline Beecham purchased 10,000 copies for distribution to American family physicians.

This is indeed egregious. But the larger problem is this: Commercial interests influence the writing of most psychiatric texts.

First, psychiatric textbooks are regularly authored by leading psychiatrists at academic medical centers, many of whom are paid by pharmaceutical companies for their work as “advisors, consultants, and speakers.” Thus, while writing a particular textbook, they may not be receiving any money from a pharmaceutical company, they still have an ongoing financial relationship with the makers of psychiatric medications. As such, they have a financial reason for writing about psychiatric medications in a way that promotes their use.

Second, psychiatry as a field naturally has reason to promote the safety and efficacy of psychiatric medications. After all, this is the field’s main product today. Psychiatrists have turned into psychopharmacologists, and you can’t expect the leaders in the field to author texts that might question the fundamental merits of that product.

In my book Anatomy of an Epidemic, I investigated this storytelling process. In the first sections of the book, I reported on a number of studies funded by the National Institute of Mental Health, the World Health Organization, and other governmental agencies that told of unmedicated psychiatric patients doing better over the long-term than those who stayed on the drugs. In the latter part of the book, I investigated whether these studies were ever written about in psychiatric texts. Here’s what I found: None of the studies was discussed at any length, and in the few instances when one of the studies was mentioned in a textbook, the authors spun the results to protect the image of the drugs.

For instance, Martin Harrow, a researcher from the University of Illinois College of Medicine, reported in 2007 on the 15-year outcomes of a group of schizophrenia patients he had been following since the early 1980s. Forty percent of the patients off antipsychotic medications were in recovery at the end of 15 years, versus five percent of those on medication. He also reported on the 15-year outcomes of patients with milder psychotic disorders, and once again it was those off antipsychotics that were doing much better.

Now, this is the best longitudinal study of modern schizophrenia outcomes that we have today. This was an important NIMH-funded study. So how did the authors of the 2009 edition of the American Psychiatric Association’s Textbook of Psychiatry deal with it? They mentioned the study in passing, but they didn’t detail the actual results. They didn’t report that the recovery rate for unmedicated patients was eight times higher than for the medicated patients; instead the authors simply wrote that Harrow’s study revealed that there are some schizophrenia patients who are “able to function without the benefit of continuous antipsychotic treatment.”

This was spinning at its best. The authors came up with a sentence that told of the “benefit of continuous antipsychotic treatment.”

Now, let’s put the pieces of this larger storytelling process together. As is fairly well known now, the published scientific literature on the clinical testing of psychiatric medications during the past 20 years does not accurately portray the efficacy and safety of those drugs. Trials were biased by design, results were spun, articles were ghostwritten, and negative results went unpublished. As such, the source literature is corrupted, and that tainted literature then serves as the source material for authors who write psychiatric texts. Then those authors—when confronted with an upsetting study like Harrow’s—add their own layer of spin.

The New York Times article tells of a ghostwritten book, and observers—like former FDA commissioner David Kessler—express their shock. But it’s really not so out-of-step with larger storytelling forces that have been at work in psychiatry for some time.

(検索用)
東京都立松沢病院;東京大学大学;巣立ち会;全国精神障害者団体連合会;KHJ西東京親の会;西多摩虹の会;さいたま市精神障がい者家族会もくせい家族会;全日本断酒連盟;ダルク女性ハウス;全国精神保健福祉会連合会;地域生活支援センター ピア;東京都精神障害者団体連合会;東京兄弟姉妹の会;東京都杉並家族会;全国精神障害者団体連合会;社団法人やどかりの里;やどかりの里 浜砂会;東京都精神障害者家族会連合会;調布かささぎ会;立川麦の会;東京都練馬家族会;全日本断酒連盟;東京都精神障害者団体連合会;東京都精神障害者団体連合会;同志社大学大学院;社団法人やどかりの里;ユースメンタルサポートセンターMIE;YMSC;三重県;津市;京都教育大学;臨床心理;精神保健;社会福祉法人カメリア;田崎耕太郎;岡崎祐士;豊里中学校;ユースアシストクリニック;ユース・ユニット;薬剤師;作業療法士;検査技師;栄養士;早期サポートチーム;精神病様症状;PLEs;児童思春期;精神病未治療期間;濱 幸伸;池山総一;精神疾患の予防;津市城山1丁目;三重県立こころの医療センター;日本精神保健;予防学会;向精神薬;認知療法;薬物療法;メンタルヘルス;西田淳志;松本和紀;中村友喜;スクールカウンセラー;松田真理子;香山明美;多職種;早期支援;香山明美;濱家由美子;羽田舞子;東邦大学;中根秀之;統合失調症;富山大学;西山志満子;精神病前駆状態;越川裕樹;小林啓之;心理教育;藤井千代;大室則幸;森田桂子;行山武志;桂 雅宏;治療介入指針;At-Risk Mental State;市川宏伸;東京都立梅ヶ丘病院;西園マーハ;西園マーハ;丹野有紀;早期支援事業;白井有美;針間博彦;こころ・あんしんLight;社会復帰;トラウマ;ARMS;早期精神病;治療的介入;ロールシャッハテスト;自我障害尺度;多職種;前川早苗;榊原規久;栗田弘二;岩佐貴史;原田雅典;東京都精神医学総合研究所;三重大学;久住一郎;加藤正樹;村井俊哉;こころの健康;MindMatters;精神保健;精神疾患の一次予防 精神医学レビュー ;精神疾患の早期発見・早期治療;精神疾患早期介入の実際;早期精神治療サービスガイドライン ;統合失調症の早期発見と認知療法;発症リスクの高い状態への治療的アプローチ;東京都精神医学総合研究所;気分障害;飛鳥井望;糸川昌成;秋山治彦;池田和隆;精神疾患;ソーシャルワーカー;水野雅文;鈴木道雄;岩田仲生;東邦大学医学部;富山大学大;神経精神医学;精神神経医学;藤田保健衛生大学;早期精神病;Emil Kraepelin;クレペリン;ブロイラー;Eugen Bleuler;非定型抗精神;Psychosis;初回エピソード;脳構造画像;脳灰白質;精神病発症リスク;上側頭回;ヒトゲノム;陽性症状発現:Duration of Untreated Psychosis:精神病未治療期間:Critical Period:治療臨界期:精神保健福祉センター:精神科医療サービス:教育委員会:ユースクリニック:精神病発生危険状態:ARMS外来:保健予防学会:早期治療:そらみみがきこえたひ:大人のADHD:セルフチェック:注意欠陥:多動性障害:伏見区:新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム:堀澄清:野村義子:アウトリーチ:訪問支援:河崎建人:クレペリン:Emil Kraepelin:ブロイラー:Eugen Bleuler:早期精神病:Early Psychosis:SNP:CNVs:精神病未治療期間:DUP;Critical Period;治療臨界期;松本俊彦;自殺予防総合対策;中山あゆみ;;ソーシャルワーカー;東京大学病院精神神経科こころのリスク外来;東京ユースクラブ;東邦大学医療センター大森病院メンタルヘルスセンター;イル ボスコ;東北大学附属病院SAFEメンタル・ヘルス・ユースセンター;富山県心の相談センター 富山大学附属病院;ハイリスク群;duration of untreated psychosis;DUP;臨界期;clitical period;自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム;大村共立病;宮田雄吾;Patrick D. McGorry;石倉習子;瀧本里香;CBT;日本精神保健・予防学会学;鈴木道雄;MindFirst;マインドファースト;島津昌代
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。