スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神科医とその影武者

The GlaxoSmithKline Ghostwriting Documents, Part Two

著名精神科医とその影武者(ゴーストライター)に支えられ、売り上げを伸ばした抗うつ薬「パキシル」
Blogs
Mad in America
History, Science, and the Treatment of Psychiatric Disorders
by Robert Whitaker

The GlaxoSmithKline Ghostwriting Documents, Part TwoHow the NIH Can Stop Ghostwriting in Commercial Research

『グラクソスミスクライン社のゴーストライティング文書 パート2』
 -国立衛生研究所は営利目的の研究におけるゴーストライティングをいかに阻止すべきか-


火曜日にニューヨークタイムズ紙が報じたのは、スミスクライン・ビーチャム社がマーケティング会社サイエンティフィック・セラピューティック・インフォメーション (Scientific Therapeutics Information(STI))に、家庭医向け精神薬理学の教科書をゴーストライティングすることを依頼し、その後チャールズ・ネメロフとアラン・シャッツバーグが教科書の作者としてサインオフするに至った経緯であった。最初にこの話に詳細情報を付け加えて肉付けし、ホームページに資料を掲載したのは、米国政府監督プロジェクト(Project on Government Oversight- POGO)という、連邦政府の「腐敗を暴く」非営利監視調査団体であり、掲載された資料には、パキシルの販売を10年以上にわたって支えてきたゴーストライティングのことが記されている。またこの企画には多くの著名な精神科医も関与しており、今も彼らは多額の補助金を国立衛生研究所 (NIH) から受けていることが、POGOの資料文書では明らかにされている。

POGOが掲載した文書によれば、1993年10月、スミスクライン・ビーチャム社の新しい抗うつ薬、パキシルのマーケティングを促進するために、STIがゴーストライティング計画の概要を作成。STIからの提案は、11月5日~7日、フロリダのパームビーチで開催予定のスミスクライン社『精神科医顧問委員会』の会合が皮切り。この時STI はネメロフを委員長に据える予定で、すでに有名精神科医10名をリクルートしており、さらに10名の追加を約束。顧問委員会の精神科医全員がファーストクラスでフロリダに飛び、その週末のイベントでは2,500ドル~5,000ドルの支払いが予定されていた。

会合のオープニングセッションでは、パキシルの「販売促進と教育に使うための情報をどのように作り出すか」につてネメロフが議論することをSTI が約束。

その後10年間にわたって、スミスクライン・ビーチャム社(現在のグラクソ・スミスクライン社)はSTIに対し、論説、医学誌記事、そして少なくとも一冊の医学教科書(ネメロフとシャッツバーグが「書いた」とされる1999年のテキスト)のゴーストライティングに代金を支払った。教科書の原稿を書いたのはSTIの二人、サリー・レイデン (Sally Laden) とダイアン・コニグリオ (Diane Coniglio) で、スミスクライン・ビーチャム社が原稿の最終版を承認。シャッツバーグとネメロフは、共に2006年の会計年度以来、NIHの財源から2330万ドルを支給されている。

また、POGOがフランシス・コリンズ国立衛生研究所所長宛てに送った11月29日付の手紙には、 STIがグラクソ・スミスクライン社のために行ったゴーストライティングの詳細も、以下の例のように述べられている。

○ 2001年、STIのサリー・レイデンの手助けで書かれた"スタディー 329 (study 329) " の論文(3)。これは、"Journal of the Academy of Child and Adolescent Psychiatry"誌に発表され、主執筆者のブラウン大学医学校、マーチン・ケラーとその他21名の著名児童精神科医らが、「この研究は青年期の大うつ病治療におけるSSRI、パロキセチンの有効性と安全性を示すエビデンスを提供するものである」と報告。グラクソ・スミスクライン社の内部書類には、「この研究は[パキシル]が実際には青年期うつ病治療における有効性を示しておらず、公表が望まれる論文ではない」と認める中で、研究者はこうした結論を導き出していたことになる。うまくいかなかった研究をゴーストライターが肯定的な研究に変身させ、その不正な科学論文にアカデミックな精神科医が署名する。ケラー博士は2006年の会計年度以来700万ドルをNIHの財源から受け取っている。

○ 2002年、STIのサリー・レイデンとさらにもう一人が、エール大学医科大学キンバリー・ヨンカーズの研究をゴーストライト。レビュー用にSTIが原稿をヨンカーズに送った際には、医学誌 (Psychopharmacology Bulletin) に論文を提出する前に、ゴーストライティングの関与を示す証拠を削除することも指示。ヨンカーズ博士は2006年の会計年度以来、640万ドルをNIHの財源から受け取っている。

○ 2003年、STI のサリー・レイデンがゴーストライトしたひとつの論説(エディトリアル)が "Biological Psychiatry" 誌に発表。これはペンシルバニア大学医学部の精神科学部長ドゥワイト・エバンス (Dwight Evans) と、当時はNIHの職員で現在はニューヨーク大学マウントサイナイ医学校の主席研究員であるデニス・チャーニーに代わってのゴーストライティング。エバンスとチャーニーは2006年の会計年度以来、3060万ドルをNIHの財源から受け取っている。

POGOが掲載したこうした文書資料は、パキシルのマーケティングを支援するために行われた大規模なゴーストライティングの側面を明らかにするもの。パキシルの販売促進に関与するゴーストライティングの全貌には、まだまだ多くの話があることは疑うべくもないが、それは今後明らかになるのかもしれない。しかし、POGOがフランシス・コリンズに宛てた手紙には次のポイントが指摘されている。

著名な専門精神科医がこのようなゴーストライターの書いた論文を自筆のものとしながら、莫大な補助金をNIHから受け取ることが今現在も続いている。「NIHにポリシーがあれば、このような習慣を阻止できると思うのが普通の人の考え。科学的完全性を強化するためには、NIHから補助金をもらう大学などの中心人物にゴーストライティングを禁止することを求める方針を定めなければならない」と、手紙の筆者であるPOGOのダニエレ・ブライアンとポール・サッカー。

私にもそれが妥当な解決法であるように思える。アカデミックな科学者がゴーストライトされた論文に自分の名前をサインし、製薬企業がそのゴーストライティングに対して金を支払うようなことがあったなら、NIHからの研究補助金をもらうことをその後は禁ずるべきである。そういう規則があれば、商売としてゴーストライティングはすぐにも成立しなくなり、ひいてはそれがアメリカの科学にとって長期的なベネフィットをもたらすものであると私は信じる。

  ーーーーーーーーー
原文

On Tuesday, the New York Times reported on how SmithKline Beecham paid a marketing company, Scientific Therapeutics Information (STI), to ghostwrite a medical textbook on psychopharmacology for family physicians, with Charles Nemeroff and Alan Schatzberg then signing off as authors of that textbook. The Project on Government Oversight (POGO), which is a non-profit group that seeks to "expose corruption" in the federal government, first fleshed out this story, posting documents on its website, and those documents tell of a ghostwriting enterprise that supported the selling of Paxil for more than a decade. This also was an enterprise that involved a number of prominent academic psychiatrists, who -- as the POGO documents reveal -- continue to receive large grants from the National Institutes of Health.

According to the documents posted by POGO, in early October 1993, STI laid out a ghostwriting plan to help SmithKline Beecham market its new antidepressant, Paxil. This would begin, STI proposed, with a meeting of SmithKline's "Psychiatrist Advisory Board" on November 5-7 in Palm Beach, Florida. STI had recruited ten well-known psychiatrists for the board, which was to be chaired by Nemeroff, and STI promised to recruit ten more. All of the psychiatrists on the advisory board were to be flown first class to Florida, and paid between $2,500 and $5,000 for the weekend event.

At the opening session, STI promised, Nemeroff would discuss how to "generate information for use in promotion/education" of Paxil.

Over the next ten years, SmithKline Beecham (now GlaxoSmithKline) paid STI to ghostwrite editorials, journal articles and at least one medical textbook (the 1999 text "authored" by Nemeroff and Schatzberg.) The draft of that textbook was written by two STI writers, Sally Laden and Diane Coniglio, with SmithKline Beecham signing off on the final text. Together, Schatzberg and Nemeroff have received $23.3 million in NIH funding since FY 2006.

In a November 29 letter sent to Francis Collins, director of the National Institutes of Health, POGO also detailed the following instances of ghostwriting by STI for GlaxoSmithKline.

• In 2001, STI's Sally Laden helped write a scientific article on "study 329," which was published in the Journal of the Academy of Child & Adolescent Psychiatry. In that paper, lead author Martin Keller of Brown University Medical School and 21 other prominent child psychiatrists reported that the study provided "evidence of the efficacy and safety of the SSRI, paroxetine, in the treatment of adolescent major depression." They drew this conclusion even though internal GlaxoSmithKline documents confessed that "the study did not really show [Paxil] was effective in treating adolescent depression, which is not something we want to publicize." The ghostwriters had turned a failed study into a positive one, and the academic psychiatrists signed off on that scientific fraud. Dr. Keller has received $7 million in NIH funding since FY 2006.

• In 2002, STI's Sally Laden and another STI employee ghostwrote a study for Kimberly Yonkers, from Yale School of Medicine. When STI sent the draft to Yonkers for her review, it reminded her to remove evidence of STI's involvement in writing the paper before submitting it to a journal, Psychopharmacology Bulletin. Dr. Yonkers has received $6.4 million in NIH funding since FY 2006.

• In 2003, STI's Sally Laden ghostwrote an editorial, which was published in Biological Psychiatry, for Dwight Evans, chairman of the psychiatry department at the University of Pennsylvania School of Medicine, and for Dennis Charney, who at that time was an NIH employee and today is dean of research at the Mt. Sinai School of Medicine at New York University. Evans and Charney have received $30.6 million in NIH funding since FY 2006.

The POGO documents reveal aspects of the extensive ghostwriting enterprise that supported the marketing of Paxil. The full tale of ghostwriting involved in the promotion of Paxil undoubtedly has many more chapters, which perhaps will be revealed in the future. But the point that POGO made in its letter to Francis Collins is this: Prominent academic psychiatrists signed their names to those ghostwritten papers, and yet today they continue to receive generous NIH grants.

One "would think NIH policies would prevent such practices," wrote POGO authors Danielle Brian and Paul Thacker. "You must set policies that require NIH-funded academic centers to ban ghostwriting to strengthen scientific integrity."

That seems like a reasonable solution to me. If academic scientists sign their names to ghostwritten articles, with that ghostwriting paid for by a pharmaceutical firm, then they shouldn't be allowed to subsequently obtain NIH research funds. That rule, I believe, would shut down the commercial ghostwriting enterprise quickly, much to the long-term benefit of American science.

検索用
東京都立松沢病院;東京大学大学;巣立ち会;全国精神障害者団体連合会;KHJ西東京親の会;西多摩虹の会;さいたま市精神障がい者家族会もくせい家族会;全日本断酒連盟;ダルク女性ハウス;全国精神保健福祉会連合会;地域生活支援センター ピア;東京都精神障害者団体連合会;東京兄弟姉妹の会;東京都杉並家族会;全国精神障害者団体連合会;社団法人やどかりの里;やどかりの里 浜砂会;東京都精神障害者家族会連合会;調布かささぎ会;立川麦の会;東京都練馬家族会;全日本断酒連盟;東京都精神障害者団体連合会;東京都精神障害者団体連合会;同志社大学大学院;社団法人やどかりの里;ユースメンタルサポートセンターMIE;YMSC;三重県;津市;京都教育大学;臨床心理;精神保健;社会福祉法人カメリア;田崎耕太郎;岡崎祐士;豊里中学校;ユースアシストクリニック;ユース・ユニット;薬剤師;作業療法士;検査技師;栄養士;早期サポートチーム;精神病様症状;PLEs;児童思春期;精神病未治療期間;濱 幸伸;池山総一;精神疾患の予防;津市城山1丁目;三重県立こころの医療センター;日本精神保健;予防学会;向精神薬;認知療法;薬物療法;メンタルヘルス;西田淳志;松本和紀;中村友喜;スクールカウンセラー;松田真理子;香山明美;多職種;早期支援;香山明美;濱家由美子;羽田舞子;東邦大学;中根秀之;統合失調症;富山大学;西山志満子;精神病前駆状態;越川裕樹;小林啓之;心理教育;藤井千代;大室則幸;森田桂子;行山武志;桂 雅宏;治療介入指針;At-Risk Mental State;市川宏伸;東京都立梅ヶ丘病院;西園マーハ;西園マーハ;丹野有紀;早期支援事業;白井有美;針間博彦;こころ・あんしんLight;社会復帰;トラウマ;ARMS;早期精神病;治療的介入;ロールシャッハテスト;自我障害尺度;多職種;前川早苗;榊原規久;栗田弘二;岩佐貴史;原田雅典;東京都精神医学総合研究所;三重大学;久住一郎;加藤正樹;村井俊哉;こころの健康;MindMatters;精神保健;精神疾患の一次予防 精神医学レビュー ;精神疾患の早期発見・早期治療;精神疾患早期介入の実際;早期精神治療サービスガイドライン ;統合失調症の早期発見と認知療法;発症リスクの高い状態への治療的アプローチ;東京都精神医学総合研究所;気分障害;飛鳥井望;糸川昌成;秋山治彦;池田和隆;精神疾患;ソーシャルワーカー;水野雅文;鈴木道雄;岩田仲生;東邦大学医学部;富山大学大;神経精神医学;精神神経医学;藤田保健衛生大学;早期精神病;Emil Kraepelin;クレペリン;ブロイラー;Eugen Bleuler;非定型抗精神;Psychosis;初回エピソード;脳構造画像;脳灰白質;精神病発症リスク;上側頭回;ヒトゲノム;陽性症状発現:Duration of Untreated Psychosis:精神病未治療期間:Critical Period:治療臨界期:精神保健福祉センター:精神科医療サービス:教育委員会:ユースクリニック:精神病発生危険状態:ARMS外来:保健予防学会:早期治療:そらみみがきこえたひ:大人のADHD:セルフチェック:注意欠陥:多動性障害:伏見区:新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム:堀澄清:野村義子:アウトリーチ:訪問支援:河崎建人:クレペリン:Emil Kraepelin:ブロイラー:Eugen Bleuler:早期精神病:Early Psychosis:SNP:CNVs:精神病未治療期間:DUP;Critical Period;治療臨界期;松本俊彦;自殺予防総合対策;中山あゆみ;;ソーシャルワーカー;東京大学病院精神神経科こころのリスク外来;東京ユースクラブ;東邦大学医療センター大森病院メンタルヘルスセンター;イル ボスコ;東北大学附属病院SAFEメンタル・ヘルス・ユースセンター;富山県心の相談センター 富山大学附属病院;ハイリスク群;duration of untreated psychosis;DUP;臨界期;clitical period;自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム;大村共立病;宮田雄吾;Patrick D. McGorry;石倉習子;瀧本里香;CBT;日本精神保健・予防学会学;鈴木道雄;MindFirst;マインドファースト;mindmatters;島津昌代
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。