スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根拠ないまま広がる精神疾患薬物治療

<薬物治療>広がる向精神薬処方 科学的根拠ないままに

Acknowledgement that chemical imbalances do not underlie mental disorders
化学的不均衡論は精神病を解明せず-American Journal of Psychiatry 11月 レビュー記事

Robert Whitaker

Dec 5, 2010

精神病の化学的不均衡理論が盛んにいわれ出したのは1960年代、70年である。しかしその後、鬱病と診断された人々にセロトニンレベルが低いことや、分裂病 (統合失調症) と診断された人々に活動亢進ドーパミン系を研究者が実際に確認したことはない。にもかかわらず、精神医療業界、薬品企業、および全米精神疾患患者家族会 (精神障害者をもつ家族の全国組織 =NAMI) は、この脳内化学物質の不均衡という話を広め、2010年に発表された研究のよれば、アメリカ人の87%が統合失調症は「化学的不均衡」が原因であると考え、またうつ病も80%の人が同じように考えているという結果が出ている。今年11月、アメリカ精神医学雑誌 "the American Journal of Psychiatry"には、うつ病の化学的不均衡理論を再検討したエリック・ネスラー (Eric Nestler) とバイシュナフ (Vaishnav) によるレビュー記事が掲載されている。

PubMed
"Linking molecules to mood: new insight into the biology of depression."

“After more than a decade of PET studies, monamine depletion studies, and genetic association analyses examining polymorphisms in monoaminergic genes, there is little evidence to implicate true deficits in serotonergic, noradrenergic, or dopaminergic neurotransmission in the pathophysiology of depression.”
「10年以上にわたるPET study、モノアミン枯渇に関する研究、およびモノアミン関連遺伝子の多型性を調べる遺伝子関連解析の結果、うつ病の病態生理において、セロトニン系、ノルアドレナリン性、またはドーパミン作動性神経伝達の実際の欠陥に関係すると思われるエビデンスはほとんど存在しなかった。」


同様に、米国立精神保健研究所 (NIH) 前所長、ステファン・ハイマン (Stephen Hyman) とネスラー (Nestler) は、2009年の"Molecular Neuropharmacology" というテキストで統合失調症における化学的不均衡理論を見直し、次のように述べる。

Amazon
"Molecular Neuropharmacology: A Foundation for Clinical Neuroscience, Second Edition [Paperback]"
“It must be emphasized that neurotransmitter related-hypotheses that attempt to explain the etiology of schizophrenia are based solely on pharmacological evidence, and thus are likely to be incomplete or misleading. Although pharmacologic manipulations of neurotransmitter systems may exacerbate or ameliorate psychotic symptoms, aberrations in these systems do not necessarily underlie psychotic disorders.”
「統合失調症の病因を明らかにしようとする神経伝達物質関連の仮説は、唯一、薬理学的エビデンスにのみ基づくものである。従って、不完全、あるいは誤解を招く傾向があることを強調しておかなければならない。「神経伝達物質系の薬理学的処置は、精神病症状の悪化あるいは改善をもたらす可能性もあるが、神経伝達物質系における異常が必ずしも精神病の根拠となるわけではない。」

精神病と診断される人は化学的不均衡を起こしているとすることに実際にはエビデンスがないことがわかっているが、これら精神医学の分野における第一人者の引用からもそれが確認できる。

にもかかわらず、今なお大多数のアメリカ人は「精神疾患は脳内化学物質の不均衡によるもの」であると信じているのだ。

ーーーー

「脳内化学物質の不均衡」を信じ込まされていることにかけては、日本人も引けを取りません。

しかし一方で、こうした知識すらない善意の包囲網(精神科受診を地域を挙げて促進する教師、保健師、カウンセラーなどのネットワーク)が社会にもたらす強大な破壊力。

そこから身を守れるのは、こうした事実を知るほんの一握りの人たちだけでしょう。
今はそういう時代です。

ーーーー
原文

Acknowledgement that chemical imbalances do not underlie mental disorders

As I wrote in Anatomy of an Epidemic, the chemical imbalance theory of mental disorders arose in the 1960s and 1970s, but researchers subsequently failed to find that people diagnosed with depression actually had low levels of serotonin, or that people diagnosed with schizophrenia had overactive dopamine systems. Still, the psychiatric profession, pharmaceutical companies, and NAMI continued to promote the chemical imbalance story, such that a study published in 2010 found that 87% of Americans thought that schizophrenia was due to a “chemical imbalance,” and 80% thought that depression was due to one as well.

In an article published in November in the American Journal of Psychiatry, Eric Nestler and Vaishnav reviewed the chemical imbalance theory of depression. They wrote:

“After more than a decade of PET studies (positioned aptly to quantitatively measure receptor and transporter numbers and occupancy), monamine depletion studies (which transiently and experimentally reduce brain monamine levels), and genetic association analyses examining polymorphisms in monoaminergic genes, there is little evidence to implicate true deficits in serotonergic, noradrenergic, or dopaminergic neurotransmission in the pathophysiology of depression.”

In a similar vein, Nestler and Stephen Hyman, who is a former director of the National Institute of Mental Health, in their 2009 text Molecular Neuropharmacology, reviewed the chemical imbalance theory of schizophrenia. They wrote:

“It must be emphasized that neurotransmitter related-hypotheses that attempt to explain the etiology of schizophrenia are based solely on pharmacological evidence, and thus are likely to be incomplete or misleading. Although pharmacologic manipulations of neurotransmitter systems may exacerbate or ameliorate psychotic symptoms, aberrations in these systems do not necessarily underlie psychotic disorders.”

Once again, we see in these quotes admissions by leaders in the field that there is no actual evidence that people diagnosed with mental disorders actually suffer from chemical imbalances. And yet the vast majority of Americans believe that they do.

検索用
東京都立松沢病院;東京大学大学;巣立ち会;全国精神障害者団体連合会;KHJ西東京親の会;西多摩虹の会;さいたま市精神障がい者家族会もくせい家族会;全日本断酒連盟;ダルク女性ハウス;全国精神保健福祉会連合会;地域生活支援センター ピア;東京都精神障害者団体連合会;東京兄弟姉妹の会;東京都杉並家族会;全国精神障害者団体連合会;社団法人やどかりの里;やどかりの里 浜砂会;東京都精神障害者家族会連合会;調布かささぎ会;立川麦の会;東京都練馬家族会;全日本断酒連盟;東京都精神障害者団体連合会;東京都精神障害者団体連合会;同志社大学大学院;社団法人やどかりの里;ユースメンタルサポートセンターMIE;YMSC;三重県;津市;京都教育大学;臨床心理;精神保健;社会福祉法人カメリア;田崎耕太郎;岡崎祐士;豊里中学校;ユースアシストクリニック;ユース・ユニット;薬剤師;作業療法士;検査技師;栄養士;早期サポートチーム;精神病様症状;PLEs;児童思春期;精神病未治療期間;濱 幸伸;池山総一;精神疾患の予防;津市城山1丁目;三重県立こころの医療センター;日本精神保健;予防学会;向精神薬;認知療法;薬物療法;メンタルヘルス;西田淳志;松本和紀;中村友喜;スクールカウンセラー;松田真理子;香山明美;多職種;早期支援;香山明美;濱家由美子;羽田舞子;東邦大学;中根秀之;統合失調症;富山大学;西山志満子;精神病前駆状態;越川裕樹;小林啓之;心理教育;藤井千代;大室則幸;森田桂子;行山武志;桂 雅宏;治療介入指針;At-Risk Mental State;市川宏伸;東京都立梅ヶ丘病院;西園マーハ;西園マーハ;丹野有紀;早期支援事業;白井有美;針間博彦;こころ・あんしんLight;社会復帰;トラウマ;ARMS;早期精神病;治療的介入;ロールシャッハテスト;自我障害尺度;多職種;前川早苗;榊原規久;栗田弘二;岩佐貴史;原田雅典;東京都精神医学総合研究所;三重大学;久住一郎;加藤正樹;村井俊哉;こころの健康;MindMatters;精神保健;精神疾患の一次予防 精神医学レビュー ;精神疾患の早期発見・早期治療;精神疾患早期介入の実際;早期精神治療サービスガイドライン ;統合失調症の早期発見と認知療法;発症リスクの高い状態への治療的アプローチ;東京都精神医学総合研究所;気分障害;飛鳥井望;糸川昌成;秋山治彦;池田和隆;精神疾患;ソーシャルワーカー;水野雅文;鈴木道雄;岩田仲生;東邦大学医学部;富山大学大;神経精神医学;精神神経医学;藤田保健衛生大学;早期精神病;Emil Kraepelin;クレペリン;ブロイラー;Eugen Bleuler;非定型抗精神;Psychosis;初回エピソード;脳構造画像;脳灰白質;精神病発症リスク;上側頭回;ヒトゲノム;陽性症状発現:Duration of Untreated Psychosis:精神病未治療期間:Critical Period:治療臨界期:精神保健福祉センター:精神科医療サービス:教育委員会:ユースクリニック:精神病発生危険状態:ARMS外来:保健予防学会:早期治療:そらみみがきこえたひ:大人のADHD:セルフチェック:注意欠陥:多動性障害:伏見区:新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム:堀澄清:野村義子:アウトリーチ:訪問支援:河崎建人:クレペリン:Emil Kraepelin:ブロイラー:Eugen Bleuler:早期精神病:Early Psychosis:SNP:CNVs:精神病未治療期間:DUP;Critical Period;治療臨界期;松本俊彦;自殺予防総合対策;中山あゆみ;;ソーシャルワーカー;東京大学病院精神神経科こころのリスク外来;東京ユースクラブ;東邦大学医療センター大森病院メンタルヘルスセンター;イル ボスコ;東北大学附属病院SAFEメンタル・ヘルス・ユースセンター;富山県心の相談センター 富山大学附属病院;ハイリスク群;duration of untreated psychosis;DUP;臨界期;clitical period;自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム;大村共立病;宮田雄吾;Patrick D. McGorry;石倉習子;瀧本里香;CBT;日本精神保健・予防学会学;鈴木道雄;MindFirst;マインドファースト;島津昌代

スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。