スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症高齢者に必要以上の投薬

今スウェーデンの高齢者福祉で、マスコミにて討論され社会省が問題として取り上げ、医師の投薬について十分検討するように警告しているのが、認知症高齢者の薬の投薬についてです。

日本国内で認知症高齢者の精神的障害およびうつ病症状に対して、治療の一部として多くの種類の薬が、高齢者に投薬されています。薬は確かに 認知症の進行を抑えるなど治療としての効果はありますが、薬によっては薬害または症状の悪化、他の病気の発症などいろいろな問題も 生じています。



日本国内でも、まだ、どの薬が認知症のそれぞれの症状に、効果なのか明確ではありません。これはスウェーデンでも病院や高齢者施設などで診察している、認知症専門医で 喪、様々な問題を抱えています。



残念ながら一部の高齢者施設では、精神病障害の治療、改善を目的のみでなく、昨今の職員不足による、十分に目が行き届かない介護状況をカバーするため、 数年前のように精神安定剤を投薬して高齢者を寝かせたり、静かにさせることに利用されている場合があります。そして、それが逆効果となり、必要以上に本人の病気を悪化させてしまう実例も時々報告されています。
 

統計的に見ますと、高齢者への処方は、薬の種類とともに投与量も多くなっており、高齢者によっては、何種類もの薬を同時に飲まされている者もいます。社会 庁は、投薬について十分診察し、適切な薬と量を患者に処方するようにと警告を発しています。特に複数の薬を同時に飲むことによる薬害影響についても、十分に確認することを指示しています。

スウェーデンでは昨年だけで、45,000人におよぶ75歳以上の高齢者が、リス パダール(Risperdal)、 ジプレキサ(Zyprexa)またはハルドール(Haldol)などの 抗精神薬が処方されています。これらの多くの薬は、本来精神病患者や一時的なうつ病患者に処方されている薬で精神安定剤です。

ある認知症高齢者施設では、10人の内4人の入居者が精神安定剤を飲んでいま したが、この数字は毎年増加の傾向にあります。そして、調査によると、これらの薬を飲んでいる認知症高齢者の死亡する危険率は、薬を飲んでいない認知症高齢者よりも3-4倍 高くなっています。更に脳梗塞になったり、転倒したりする割合も高いなど、薬害も多く発症しています。身体は硬直しやすくなるために動きが鈍くなり、コミュニケーションが難しく 、記憶も低下していくと、報告されています。

その実例として、88歳になる高齢者がテンカン症状で、11年前に治療を開始当時の薬の影響で記憶障害などが発症し、その後障害が進み診察医は、認知症と判断し各種の薬の投薬を始めました。初期段階ではある 程度の効果がありましたが、その後症状は悪化し、昨年からその高齢者は完全に寝たきり状態になり、薬を飲むことすら困難になってきました。
 

介護職員や看護師は、数年前から症状が悪化してきたのは 、投薬の影響ではないかと医師にも書類報告していたのにもかかわらず、医師はそれを無視していました。11ヶ月前に施設から、家族に「覚悟をしたほうが良いと」と報告があり、施設は全ての薬を飲ませなくなりました。

ところが数日後高齢者は目覚め、以前のように記憶が戻り始め、健康状態も回復してきました。この実例でも分かるように、認知症と判断されたとしても、必要以上に薬に頼ることの危険を証明していると思います。



認知症専門医は、高齢者と介護者がコミュニケーションの時間を持ち会話する方が、薬と比べて高齢者も落ち着き、精神的にも安定して良いと指導しています が、現在多くの施設では、経費節約から職員数が全体的に不足しており、介護にかかわる時間が少ないことから、薬に頼る傾向が強くなっていると指摘しています。

また、社会庁高齢福祉課は、薬を処方する医師も、認知症高齢者の日常の生活行動を十分に観察していないために、職員から投薬による行動や精神的 な変化の報告書を読んでいても、あまり重要視せず理解していないと、問題を指摘しています。高齢者によっては、薬の投薬を止めると、体調 が良くなり元気になって、記憶力も戻り、コミュニケーションも以前に比べより良くなることもあります。
 

投薬の必要性を見極め、認知症高齢者施設に限らず病院でも、必要以上に薬に頼る介護方法を改善することが必要ではないかと思います。


( 2008年10月4日 記載 STV.DN.SOS 資料参照 )
http://fukushi-sweden.net/welfare/fukusi.joho/2008/medicin0803.html

追記
抗精神病薬による死亡者数 - FDA 有害事象データベースより

クロザピン 3,257名
http://www.fdable.com/aers/advanced_query/a7dc0bd03aab
セロクエル 2,139名
http://www.fdable.com/aers/advanced_query/9f87a1edfc22
ジプレキサ 3,442名
http://www.fdable.com/aers/advanced_query/02b63aebd26a
リスパーダル2,827名
http://www.fdable.com/aers/advanced_query/13d9ac9ebccb
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。