スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児童福祉委員会: 里子への薬物乱用

マイアミ・ヘラルド紙 (電子版)
2009年 8月12日
http://www.miamiherald.com/news/southflorida/story/1183698.html

Child-welfare panel: Drugs misused on foster kids
児童福祉委員会: 里子への薬物乱用

Florida's mental health system for foster kids relies far too often on drugs, with little oversight, according to a draft report on the suicide of 7-year-old Gabriel Myers.
ガブリエル・マイヤー君(7歳)の自殺報告書が伝えるフロリダのメンタルヘルス制度下における里子に対する過度の薬物使用

Admitting for the first time what critics have claimed for years, state child-welfare authorities say caregivers for children in state custody frequently use powerful mind-altering drugs to manage unruly kids, rather than treat their anger and sadness.
州の児童福祉当局は、保護施設にいる聞き分けのない子供たちに対して、子供たちの怒りや悲しみを治すのではなく、強力な向精神薬を「しつけ」という名目で介護者があまりに頻繁に使っていると語り、以前から批判の上がっていた事実を認めた。

A panel of child-welfare experts, including two top administrators from the state Department of Children & Families, examined the death of a 7-year-old Broward foster child who was on psychotropic medications — without the required consent — when he hanged himself in a Margate home.
州児童家庭課の最高管理者2名を含む児童福祉専門家の委員会は、向精神薬を用いた薬物治療に必要とされる同意もなく、薬を飲まされ、マーゲートの施設で自分の首を吊った7歳の里子の死をめぐり調査を行った。

The panel’s report, expected to be released publicly later this month, says child welfare authorities too often rely on the potent medications to manage abused and neglected children — but fail to offer psychiatric treatment to help them overcome the trauma they suffered.
今月末に公表予定の委員会報告書によれば、州児童福祉当局は、被虐待児や放任児を管理するとして過度に強力な薬剤用い、子供たちが苦しむトラウマを克服できるような精神的治療を行なっていなかった。

“Psychotherapeutic medications are often being used to help parents, teachers and other child workers quiet and manage, rather than treat, children,” the report says. It adds: “We have not clearly articulated the standard of psychiatric care expected for children in state foster care.”
「子供たちを治す目的ではなく、おとなしくさせ、親や教師、児童保育者が管理しやすくする目的で頻繁に精神治療薬が使われている」と報告書は述べる。そして「子供たちに本当に求められる州養護施設の精神医療ケアの規格について、明確に示してこなかった」と付け加える。

Gabriel Myers hanged himself from a detachable shower hose April 16 at a Broward foster home. He had been in foster care since the previous June, when his mother had been found slumped in her car, surrounded by a stash of narcotics.
4月16日、ガブリエル・マイヤー君はブロワードの養護施設で取り外し式のシャワーホースを使って首をつった。母親が車の中で意識を失った6月から施設に収容されていたガブリエル君、その車には麻薬が隠されていた。

After The Miami Herald reported that Gabriel had been given several psychiatric drugs linked by federal regulators to potentially dangerous side effects, including suicide, DCF Secretary George Sheldon appointed a work group to study the care given to the boy, as well as the agency's overall reliance on mind-altering drugs.
政府の監督機関により自殺を含む危険な副作用をもつとされる向精神薬をガブリエル君が投与されていた問題をマイアミ・ヘラルド紙が取り上げると、州児童家庭課書記官ジョージ・シェルドンは、ガブリエル君に対して行われたケアの内容および養護施設全体の精神薬の使用を調査するワーク・グループを立ち上げた。

Sheldon said Wednesday that serious questions arose over why so many children in state care are on psychotropic medications -- and why so many claim they feel fine once the drugs are discontinued.
なぜこれほど多くの州の保護施設にいる子供たちが向精神剤を投与され、多くの子供が薬をやめたら気分が良くなったというのはどうしてなのかとシェルドン氏は言う。

"There was a lot of evidence presented to the work group -- from kids and from folks in the system -- raising a lot of concern over the purpose of these drugs," Sheldon said.
「子供たちからも、そしてこの制度に関係する人たちからも、数多くの証拠がワーク・グループにあがってきており、こうした薬物使用の目的に対する懸念はつのるばかりだ」
以下略
http://www.youtube.com/watch?v=RfU9puZQKBY
‐‐‐‐‐

日本でも養護施設に限らず小・中・高の学生を対象に「精神疾患スクリーニングテスト」が導入され、スクールカウンセラーやスクール・ソーシャルワーカーを介した精神科受診の道が確立されつつあります。ここで糾弾の対象ともしていますが、今や「予防」と称して抗精神病薬を子供に投与する実験まで行っている三重県のユース・メンタルサポートセンター MIE(YMSC MIE)に限らず、子供・青少年に対する精神薬の投与は急激な広がりを見せています。
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2009070150.htm

すでにアメリカでは、学校でのスクリーニングテストやメンタルヘルスプログラムにより子供が犠牲となった「親の会」も結成されています。

以下はそうした親の会などが協力して立ち上げたホームページから、向精神薬による自殺以外の事件を引き起こした抜粋訳です。
http://nototeenscreen.blogspot.com/2009/07/shocking-facts.html

---------
"NO TO TEENSCREEN"
若者に対するスクリーニングテストにNO !!

Shocking Facts
If you are still one of those parents who do not think TeenScreen is "all that bad", take a look at these shocking facts that are the end result of a false positive result on the Teen Screen survey. Remember, it's highly likely that your adolescent normal teen will get a false positive and then put on some serious psychiatric drugs:

衝撃の事実
子供が学校でチェックリストによるスクリーニングテストを受けることがいかに悲惨な結果を生むことになるか。普通の子供が誤ったテスト結果にもとづいて精神病薬を投与されてしまう危険性が非常に大きいことにお気づきください。

Eight out of 13 U.S. school shootings were committed by teens taking psychotropic drugs known to cause violent and suicidal behavior.
アメリカで起こった学校での銃乱射事件の13件のうち8件は、暴力性や自殺行動を引き起こすとされる向精神薬の投与を受けた若者によるものです。

At least five teens responsible for school massacres had undergone a psychiatric program called “anger management” or other psychological behavior modification programs such as “death education.”
学校で起こった大量殺戮事件に関わった少なくとも5人の若者が、メンタルヘルス・プログラムとして行われる「怒りの管理」や、その他「死についての教育」などの心理矯正プログラムの受講生でした。

For decades, schools around the world have used “death education,” a psychological experiment in which the children are made to discuss suicide, what they would like placed in their coffins, and made to write their own epitaphs in an effort to “get kids more comfortable with death.” Anger management aims at stopping aggressive or violent behavior but virtually no reliable information exists to prove it can eliminate the problem. In one class, a boy beat up a classmate so badly that six days later the boy was still in the hospital.
学校では「死についての教育」という心理学的実験が行われ、生徒たちは自殺について議論し、「子供が死を受け入れやすいように」と、自分の棺に入れてほしいもの、墓碑に刻んで欲しい文などを考えさせるもの。「怒りの管理」は攻撃的・暴力的行為の抑止が狙いですが、そうした問題の解決につながっているという証拠はどこにもなく、ある「怒りの管理」の授業中に一人の男子がクラスメートを激しく殴打し、入院後6日たっても体が動かなかった。

18-year-old Eric Harris (right) and 17-year-old Dylan Klebold took “anger management,” “death education” and psychiatric drugs. As students at Columbine High School, Colorado, they were asked to imagine their own death. After that “exercise” Harris had a dream where he and Klebold went on a shooting rampage in a shopping center. In addition to attending these classes, Harris was taking an antidepressant drug known to cause violent behavior. He even wrote about his killing spree dream and handed it in to the psychology teacher. Not long after, Harris and Klebold acted out the dream by shooting and killing 12 students and a teacher, and wounding 23 others.
エリック・ハリス(18歳)とディラン・クルボルド(17歳)は、「怒りの管理」と「死についての教育」、そして精神薬の投与を受けていた。コロラド州、コロンバイン高校のこうした授業では、「演習」として彼らは自分の死をイメージするように求められた。その「演習」を受けたのち、ハリスは自分とクルボルド君がショッピングセンターで銃を乱射する夢を見るようになる。ハリスはこれら2つの授業とともに、暴力行為を引き起こすとして知られる向精神薬をのんでいた。彼はこの奇妙な殺人の夢のことをレポートに書き、心理学の先生にも提出していた。ハリス、クルボルドのふたりが、学生や教師12名の命を奪い23名を負傷させたのは、その後まもなくのことだった。

On May 21, 1998, in Oregon, USA, 14-year-old Kip Kinkel shot and killed his parents and then went on a wild shooting spree at his high school, which left two dead and 22 injured. He was taking a psychiatric drug and had undergone a psychological “anger management” program.
1998年5月21日、アメリカオレゴン州、キプ・キンケル(14歳)、両親を射殺したのち校内で銃を乱射、死亡者2名、負傷者22名。彼は精神薬を服用し、学校のメンタルヘルスプログラム「怒りの管理」を受講していた。

以下略
‐‐‐‐

こうした事件の子供たちの多くは学校のスクリーニングテストでADHDなどの診断を受けて向精神薬を服用、またメンタルヘルス促進プログラムを受講していたことも知られています。

子供や若者の「こころ」を社会が支えることは重要です。
しかし現状では単に精神科の受診だけが促され、安易なメンタルヘルスプログラムの導入が子供や若者を薬漬けにしてしまっているのが実情です。

アメリカ・イギリス・オーストラリア…同じ轍を踏まない政策が必要でしょう。

(画像はガブリエル君5歳の時)

ガブリエルマイヤー君
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。