スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国、抗精神病薬処方規制に大きく一歩前進

英国、抗精神病薬処方規制に大きく一歩前進

"Antipsychotic Drugs for Dementia To Be Curbed in U.K."
英国、認知症に対する抗精神病薬の使用に歯止め

情報ソース
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601102&sid=aZ5x9hsXITAU

Nov. 12 (Bloomberg) -- British patients with dementia too often get dangerous antipsychotic drugs, causing as many as 1,800 deaths and 1,620 strokes a year, a report commissioned by the U.K. Department of Health found.
11月12日 (ブルームバーグ) -- 英保健省の委員会報告書によると、英国内の認知症患者は危険な抗精神病薬を過剰に投与されており、それによって年間1800人に上る患者の死亡、1620人が発作を起こしている

The government announced a plan today to curb overuse of the medicines, which include Eli Lilly & Co.’s Zyprexa, Johnson & Johnson’s Risperdal, Bristol-Myers Squibb Co.’s Abilify and AstraZeneca Plc’s Seroquel. The drugs, designed to treat schizophrenia, are often inappropriately used as a first-line therapy to quell behavioral problems in people with dementia, according to the report by Sube Banerjee, professor of mental health at King’s College London Institute of Psychiatry.
本日、政府はイーライ・リリー社のジプレキサ、ジョンソン・アンド・ジョンソン社のリスパダール、ブリストルマイヤー・スクイブ社のアビリファイ、アストラゼネカ社のセロクエルなど、抗精神病薬の過剰投与に歯止めをかける計画を発表。本来、統合失調症の治療に用いられるべきこれらの薬が、認知症患者の問題行動を抑制する第一治療薬としてあまりに不適切な使われ方をしていると、報告書を作成したキングズカレッジ・ロンドン精神医学研究所精神保健科のスブ・ベイナージー教授は述べる。

About 180,000 elderly people with dementia in the U.K. are given the antipsychotic drugs each year, and just 20 percent improve because of the treatment, Banerjee said at a press conference in London. As many as two-thirds of the patients don’t derive any benefit from the pills, which boost the risk of early death and carry a range of side effects including sedation, stiff muscles, and trouble thinking and speaking clearly, the report found.
ロンドンで行われた記者会見では、「毎年、高齢の認知症患者、約180,00人が抗精神病薬を投与されているが、それにより改善が見られる患者はわずか20パーセントである」と教授。なんと三分の二にあたる患者は、早期死亡リスクを高め、鎮静、筋硬直、思考の乱れ、発話障害など、多くの副作用がある薬剤を投与されていながらも、何らのベネフィットも得てない。

“We need to be sure that only the people who benefit from these drugs get them, and they get them at the lowest possible dose for the shortest period of time,” Banerjee said. “It is clear that these medications are being prescribed to deal with behavior and psychological symptoms in dementia rather than just for psychosis,” he wrote in the report.
「必要なことは、こうした薬によってベネフィットを得ることができる患者だけが利用できるようにし、その場合も、できうる限り少量かつ短期間にすること」と、ベイナージー教授は言う。「純粋に精神病に対してよりむしろ、明らかに行動や精神症状への対応に抗精神病薬が使われている。」

‘Behavioral Therapies’
「行動療法」

All of the medications, including older, generic drugs such as Haldol and Thorazine, have the same effect, Banerjee said. As a result, doctors can’t switch patients from one medication to another to solve the problem. Instead, they need to focus on basic techniques, such as trying to determine the cause of a patient’s agitation, and behavioral therapies to improve the situation, he said. In some cases, simple problems such as lack of sleep or hunger can be the cause, he said.
比較的古いハルドールやソラジンなどのジェネリックも含め、そうした薬物にはすべて同じ効果があると教授は言う。そして医師がなすべきことは、何が患者の興奮を引き起こしているのか原因をつきとめ、行動療法で状態を緩和することだ。単に睡眠不足や空腹が原因であることもあると。

“It is unacceptable that antipsychotic drugs are routinely prescribed to people with dementia,” said Health Minister Phil Hope. “I know we’re not going to reduce the use of these drugs overnight, but it can be done.”
フィル・ホープ厚生大臣は、「認知症患者に対する抗精神病薬の使用は容認できない。むろんこうした薬剤の使用が一夜にして減ることはないだろうが、必ず減らすことはできる」と語る。

The government accepted the recommendations from Banerjee and plans to hire a national clinical director for dementia to oversee efforts to improve care and reduce unnecessary drug use, Hope said at the press conference.
政府はベイナージー教授の提案を受け入れ、ケアの向上と不必要な薬剤の使用を減らす努力を行うよう、国の認知症臨床部長に対して監督を命じた。

‘Chemical Restraints’
「化学的拘束」

“The use of these chemical restraints really should be a last resort,” said Neil Hunt, chief executive officer of the Alzheimer’s Society. “We’ve got a culture and an ingrained pattern of care to shift here.”
「化学的拘束は本当に最後の手段」そう語るのは、認知症の会、ニール・ハント会長。「ようやく私たちは文明に目覚め、あの忌まわしく根付いた看護のあり方が今変わる。」

In 2005, the U.S. Food and Drug Administration required makers of antipsychotics to include in dosage instructions a prominent warning surrounded by a black box about the increased risk of premature death in elderly patients with dementia. A U.K. study released two years later found patients getting the drugs die six months earlier than those who don’t receive them.
2005年、米国食品医薬品局は抗精神病薬を製造する製薬会社に対し、認知症高齢患者では早死にのリスクが高まることを、黒枠警告で薬品添付書に記載することを求めた。その2年後に発表された英国での研究では、抗精神病薬を服用する患者は、服用のない患者に比べ、死亡時期が6か月早まることが分かっている。

“It’s a shame the report arrives so heavily delayed when many people have died prematurely from taking these drugs,” Rebecca Wood, chief executive officer of the Alzheimer’s Research Trust, said in a statement. “This new plan has the potential to stem the flow of unnecessary deaths, an injustice that has affected too many families for too long, and needs to be implemented swiftly.”
「こうした薬物の服用によって多くの人の死を早めてしまった。もっと早くにこうした報告書ができていればと思うと残念でならない」と、アルツハイマー研究トラストのレベッカ・ウッド最高責任者は言う。「この新しい計画は、不必要な死、多くの家族を長い間苦しめてきた不当な処置の流れをせき止める可能性があるもの。速やかに実行に移す必要がある。」
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。