スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米 児童精神科医、ADHD障害のある男の子にイタズラ

アメリカでも精神科医による児童に対する性的いたずらが後を絶たない…

米メリーランド州タウソンの児童精神科医、ミゲル・フロテーラは、ADHD障害のある5人の男の子(10歳~12歳)を裸にしてイタズラ。

バルチモア・サン紙 (電子版) 2009年11月11日 一部抜粋訳
http://www.baltimoresun.com/news/maryland/baltimore-county/bal-md.hs.doctor11nov11,0,7400198.story

"Allegations from each of the boys, ages 10 to 12 at the time they were patients, were similar and all involved improper conduct during physical exams in his office that the doctor himself called 'not, you know, necessary' and 'very out of the mainstream of psychiatry,' according to the suspension order issued by the Maryland Board of Physicians.
被害にあった当時10歳~12歳の男の子たちの訴えによると、それぞれ全員が同じように診察室で身体診察と称する不適切な行為を受けたと言い、メリーランド州医師会が下した業務停止命令紙辞書には、ミゲル・フロテーラ自身が「まあ検査が必要というわけではない」「精神科の主流からは、だいぶ離れてはいる」と語っていることが記されている。

"The public order says the investigation began after Baltimore County police turned over two reports in April. One report was filed in 2006 by a county high school crisis interventionist who said a boy she counseled told her he was repeatedly 'molested' during treatment visits when he was 11 or 12. Earlier this year, the parents of another boy reported to police possible sexual abuse that they said occurred in 2003 when their son was 10."
公安当局によると、捜査が始まったのは4月にバルチモア郡警察が2件の被害届書類を引き継いだことから。うち一件の2006年に受理された被害届は学校カウンセラーによるもので、彼女によると、「11、2歳の時、受診に行くたびに繰り返しイタズラをされた」という訴えがカウンセリング中にあったという。また今年初め、別の男の子の親からも、性的虐待が疑われる行為を子供が10歳の時に受けたという被害届が警察に出されていた。

‐‐‐‐

おそらく子供たちはコンサータやリタリンなどの「薬剤治療」を受けていたはずですから、突然死や心臓疾患など、決して軽くない副作用を持つ薬剤であることを考えれば、「身体診察」自体は行われてしかるべきなのかもしれませんが・・・・

この事件、「うち一件は学校カウンセラーが被害届」とあります。
しかし、もしそれが精神科から派遣されたカウンセラーやワーカーだとしたら、はたして被害届を出してくれるでしょうか・・。

実はそういう制度が日本で着々と進んでいます。
http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2009070150.htm

上記の例では、地域連携を隠れ蓑に研究の主体である財団が三重県津市の「豊里中学校」にアルバイト学生を派遣し、めぼしい子供を見つださせて精神科医を学校に呼び受診させるというもの。

子供を守るのがカウンセラーや学校の仕事であるはずなのに・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。