スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者に対するスクリーニングテストにNO !!

「薬物ダメ」と言いながら、覚せい剤まがいの薬物投与しか行わない精神科受診を勧める「メンタルヘルス教育」。

知り合いの臨床心理士などは中学校に乗り込み、せっせと子供を精神科受診につなげています。

アメリカでは「死についての教育」プログラムを受けた直後に、自殺や銃乱射事件を起こした例もあるのですが・・・


---------
"NO TO TEENSCREEN"
若者に対するスクリーニングテストにNO !!

http://nototeenscreen.blogspot.com/2009/07/shocking-facts.html


Shocking Facts
If you are still one of those parents who do not think TeenScreen is "all that bad", take a look at these shocking facts that are the end result of a false positive result on the Teen Screen survey. Remember, it's highly likely that your adolescent normal teen will get a false positive and then put on some serious psychiatric drugs:

衝撃の事実
子供が学校でチェックリストによるスクリーニングテストを受けることがいかに悲惨な結果を生むことになるか。普通の子供が誤ったテスト結果にもとづいて精神病薬を投与されてしまう危険性が非常に大きいことにお気づきください。

Eight out of 13 U.S. school shootings were committed by teens taking psychotropic drugs known to cause violent and suicidal behavior.
アメリカで起こった学校での銃乱射事件の13件のうち8件は、暴力性や自殺行動を引き起こすとされる向精神薬の投与を受けた若者によるものです。

At least five teens responsible for school massacres had undergone a psychiatric program called “anger management” or other psychological behavior modification programs such as “death education.”
学校で起こった大量殺戮事件に関わった少なくとも5人の若者が、メンタルヘルス・プログラムとして行われる「怒りの管理」や、その他「死についての教育」などの心理矯正プログラムの受講生でした。

For decades, schools around the world have used “death education,” a psychological experiment in which the children are made to discuss suicide, what they would like placed in their coffins, and made to write their own epitaphs in an effort to “get kids more comfortable with death.” Anger management aims at stopping aggressive or violent behavior but virtually no reliable information exists to prove it can eliminate the problem. In one class, a boy beat up a classmate so badly that six days later the boy was still in the hospital.
学校では「死についての教育」という心理学的実験が行われ、生徒たちは自殺について議論し、「子供が死を受け入れやすいように」と、自分の棺に入れてほしいもの、墓碑に刻んで欲しい文などを考えさせるもの。「怒りの管理」は攻撃的・暴力的行為の抑止が狙いですが、そうした問題の解決につながっているという証拠はどこにもなく、ある「怒りの管理」の授業中に一人の男子がクラスメートを激しく殴打し、入院後6日たっても体が動かなかった。

18-year-old Eric Harris (right) and 17-year-old Dylan Klebold took “anger management,” “death education” and psychiatric drugs. As students at Columbine High School, Colorado, they were asked to imagine their own death. After that “exercise” Harris had a dream where he and Klebold went on a shooting rampage in a shopping center. In addition to attending these classes, Harris was taking an antidepressant drug known to cause violent behavior. He even wrote about his killing spree dream and handed it in to the psychology teacher. Not long after, Harris and Klebold acted out the dream by shooting and killing 12 students and a teacher, and wounding 23 others.
エリック・ハリス(18歳)とディラン・クルボルド(17歳)は、「怒りの管理」と「死についての教育」、そして精神薬の投与を受けていた。コロラド州、コロンバイン高校のこうした授業では、「演習」として彼らは自分の死をイメージするように求められた。その「演習」を受けたのち、ハリスは自分とクルボルド君がショッピングセンターで銃を乱射する夢を見るようになる。ハリスはこれら2つの授業とともに、暴力行為を引き起こすとして知られる向精神薬をのんでいた。彼はこの奇妙な殺人の夢のことをレポートに書き、心理学の先生にも提出していた。ハリス、クルボルドのふたりが、学生や教師12名の命を奪い23名を負傷させたのは、その後まもなくのことだった。

On May 21, 1998, in Oregon, USA, 14-year-old Kip Kinkel shot and killed his parents and then went on a wild shooting spree at his high school, which left two dead and 22 injured. He was taking a psychiatric drug and had undergone a psychological “anger management” program.
1998年5月21日、アメリカオレゴン州、キプ・キンケル(14歳)、両親を射殺したのち校内で銃を乱射、死亡者2名、負傷者22名。彼は精神薬を服用し、学校のメンタルヘルスプログラム「怒りの管理」を受講していた。
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。