スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確実に脳を破壊-統合失調症の薬剤治療

ニューヨークタイムズ紙 (電子版) 2008年9月15日
http://www.nytimes.com/2008/09/16/health/research/16conv.html
(訳文中〔 〕内は訳者コメント)

A Conversation With Nancy C. Andreasen
一問一答、ナンシー・C・アンドリーセンさん
Using Imaging to Look at Changes in the Brain
「画像化して見る脳の変化」

Dr. Nancy C. Andreasen concentrates on the big questions. A neuroscientist and psychiatrist at the University of Iowa, she uses M.R.I. to ask questions like: How do the nervous systems of extremely creative people differ from those of the rest of us? How is the brain physiology of the mentally ill different from that of normal people? For nearly two decades, she has been conducting a study that tracks long-term changes in the brain. We spoke this summer when she visited New York City. An edited version of a three-hour conversation follows:
アイオワ大学の神経科学者であり精神医学者でもあるナンシー・C・アンドリーセンさんは、M.R.I.を使って、今、大きな問題に取り組んでいる。- 極めてクリエイティブな人間の神経系統は、普通の人間とどのように違うのか。精神に障害のある人は、正常な人の脳の生理とどこがちがうのか- アンドリーセンさんはこうした疑問の答えを求めて脳の長期的変化を過去20年にわたって記録し、研究を重ねてきた人物。今年の夏、彼女のニューヨーク市訪問を機に、本紙はインタビューをこころみた。以下は3時間におよぶ彼女とのやり取りを編集したものである。

Q. HOW DID YOU BECOME A PSYCHIATRIST?
質問. 精神科医になられたキッカケは?

A. I was an English professor in the early 1960s. I’d done a book on John Donne. Then, in 1964, I gave birth to my first child and nearly died from a postpartum infection — the very thing that had killed millions of birthing women in the centuries before antibiotics. As I recovered, I realized I had been given back my life, and that caused me to rethink everything in it. I decided to quit literature studies and go back to school to become a doctor.
答え. 1960年代の初めのころ、私は英文学の教授をしていました。ジョン・ダンに関する著作もあります。1964年に第一子を出産したのですが、分娩後感染で死ぬ思いを経験しました。抗生物質のなかった時代には、この分娩後感染で多くの女性が命を落としています。私は抗生物質のおかげで命を返してもらった。それを思った時、すべてのことを考えなおしました。私は文学の研究をやめ、医者になるために、もう一度学校に行くことを決意したのです。

From the outset, I knew I wanted to do research and patient care. Because I relish complexity, I chose psychiatry — it’s more complicated than neurology. And I chose brain research because the brain is the most complicated organ in the body. I wanted to do something as important as the discovery of penicillin, the thing that had saved me.
最初から私は調査と患者のケアにたずさわりたいと思っていました。複雑なことが好きでしたから、神経学よりもさらに複雑な精神医学を選びました。脳を研究するようになったのも、脳が体の中で一番複雑な臓器だから。私は自分の命を救ってくれたペニシリンと同じぐらいの大発見をしたかったのです。

Q. YOU PIONEERED THE USE OF IMAGING TECHNOLOGY FOR LEARNING ABOUT THE PHYSIOLOGY OF THE BRAIN. HOW DID THE IDEA OF USING CAT SCANS AND M.R.I.’S AS A RESEARCH TOOL COME TO YOU?
質問. あなたは画像技術を脳生理学の研究に使った先駆者でいらっしゃいます。CATスキャンやM.R.I.を研究手段に使うというアイデアは、どこから生まれたのですか?

A. My first patient was a schizophrenic. After working with him, I wanted to understand how this terrible disease developed, how to stop it and to find better treatments. Right away, I began searching for new tests to assay brain activities. With the technology we had at that time, you couldn’t see brain differences easily. A lot of our information came from autopsies done on patients, but that was of limited use because you had nothing to compare it to.
答え. 私が最初に受け持ったのは、統合失調症の患者さんでした。しばらくその患者さんを見ているうちに、なぜこのような悲惨な病気が起こるのか、どうすれば起こさないようにできるのか、そしてどうすればもっと良い治療ができるか知りたいと思ったのです。そこで早速私は、脳を調べる新しい検査法を探しました。当時の技術では、脳の違いを調べることは容易なことではありませんでした。患者を解剖する以外にほとんど情報を得る手段が無く、比較の対象となるものがなかったため、その有用性も非常に限られたものだったのです。

But then, in the early 1970s, CT scans came along. They got pictures of the inside of a living patient’s brain. I recognized the potential immediately. The problem was convincing my colleagues. CT scans involved exposing patients to radiation. When I went to the human experimentation committee at my medical school, they went, “We don’t want you subjecting patients to radiation. Besides, you’re not going to find anything that way, anyway.” It took a long time to convince them.
そうこうするうち、1970年代の初めにCTスキャンが登場しました。生きた患者の脳内を画像で見ることができるようになったのです。私は即座にその可能性を直感しました。問題は、どうやって同僚の了解を得るかでした。CTスキャンは患者を放射線に曝すことになりますから。そこで私は、医大の人体実験委員会に出向きました。でも「患者を放射線に曝すようなことさせるわけにはいかない。そもそもそんな事をしたって何も得ることはできない」と言われ、納得してもらうのにとても長い時間がかかりました。

Q. TODAY, IMAGING STUDIES ARE ONE OF THE MAINSTAYS OF NEUROSCIENCE. WHEN DID ATTITUDES CHANGE?
質問. 今ではイメージングが神経科学研究の主力となっています。そのように態度が変わったのはいつからでしょう?

A. In the early 1980s, when magnetic resonance imaging came on line. M.R.I.’s did not expose patients to radiation, and you could see brain structures in exquisite detail. I decided to use it for a longitudinal study of brain changes over a long period of time. We’re asking: Is schizophrenia a neurodegenerative disease like Alzheimer’s?
答え. 1980年代の初めに磁気共鳴映像法(M.R.I.)ができてからです。M.R.I.によって患者を放射線に曝すこともなく脳の構造を詳細に見ることが可能になりました。そこで私はM.R.I.を長期間にわたる経時的研究に使うことにしました。いま私たちが調べているのは「統合失調症はアルツハイマー病と同じような神経変性病なのか」という疑問です。

In 1989, I began to collect subjects — some with schizophrenia and some not — and began taking pictures of their brains. With the schizophrenics, we began seeing them at the first onset of their disease, which is usually at around age 24. We recruited about 538 people with schizophrenia. Eighteen years later, we’re still following 305.
1989年から統合失調症とそうでない被験者を集め、彼らの脳の画像を撮り始めました。統合失調症患者の場合は、最初の発症-だいたい24歳前後-から調査を始めています。被験者として538人の統合失調症患者を募り、今でも305人を追跡調査をしています。

Q. AND WHAT HAVE YOU FOUND?
質問. それで、どのような発見がありましたか?

A. I haven’t published this yet. But I have spoken about it in public lectures. The big finding is that people with schizophrenia are losing brain tissue at a more rapid rate than healthy people of comparable age. Some are losing as much as 1 percent per year. That’s an awful lot over an 18-year period. And then we’re trying to figure out why. Another thing we’ve discovered is that the more drugs you’ve been given, the more brain tissue you lose.
答え. まだ公表しておりませんが、公開構演ではすでに話した大発見があります。統合失調症の患者は、同年齢の健康なひとに比べ、脳組織が急速に減少していることがわかったのです。1年に1パーセントの割合で減少している患者も何人かいます。この割合の減少が18年にわたって続いているのですから大変な数値です。では、なぜこのように減少しているのか。私たちのもう一つの発見は、服用している処方薬が多ければ多いほど、脳組織が減少していくということです。

Q. WHY DO YOU THINK THIS IS HAPPENING?
質問. なぜこうしたことが起こるとお考えですか?

A. Well, what exactly do these drugs do? They block basal ganglia activity. The prefrontal cortex doesn’t get the input it needs and is being shut down by drugs. That reduces the psychotic symptoms. It also causes the prefrontal cortex to slowly atrophy.
答え. そうですね、これらの薬は実際にどういう働きをしているかでしょう。これらの薬は脳幹神経節の活動をブロックしています。そのため、薬剤によって前頭前皮質に必要な情報がインプットされずに中断されてしまうのです。それが精神病の症状を軽減させているわけですが、同時に前頭前皮質の萎縮を徐々に引き起こします。 〔 訳者注:日本では世界でも類を見ないほどの「多剤大量」処方が日常的に行われていることを考えれば、二、三十年の「治療」で50パーセントの脳組織を失うことも考えられる。〕

If I were developing new drugs, I’d switch targets. Till now it’s been chemically formulated targets. I believe we should be thinking more anatomically and asking, “With schizophrenics, which brain regions are functioning abnormally?”
もし私が新しい薬を開発するなら、ターゲットを変更します。これまでは化学的公式に当てはまるものをターゲットにしてきました。私たちはもっと解剖学的に考え、「統合失調症患者の場合、機能的に異常をきたしているのは脳のどの部位であるか」を問うべきだと思っています。

Q. ARE YOU WORRIED YOUR FINDINGS MIGHT BE MISUSED?
質問. ご自身の発見が誤用されることに対する懸念は?

A. The reason I sat on these findings for a couple of years was that I just wanted to be absolutely sure it was true. My biggest fear is that people who need the drugs will stop taking them.
答え. この発見を私がこれまで2~3年のあいだ伏せてきたのは、それが事実であることを確認するためです。私が一番心配するのは、薬を必要としている人たちが服用をやめてしまうことです。
〔 訳者注:一度服用を始めた抗精神病薬を止めることは離脱症状をはじめ、場合によっては死にいたることもある。またアンドリーセンさん自身が神経精神科医であることから言及がないが、薬剤を使わずに多くの統合失調症患者に治癒をもたらした「ソテリア・パラダイム」や、統合失調症の診断を受けながらも薬を服用することなく治る人がいる一方で、薬を服用して「治る」ひとは非常に少なく、多くが早死にする。〕

Q. WHAT ARE THE POLICY IMPLICATIONS OF THIS FINDING?
質問. この発見が持つ方針的含意は何でしょう?

A. Implication 1: that these drugs have to be used at the lowest possible dose, which often doesn’t happen now. There’s huge economic pressure to medicate patients very rapidly and to get them out of the hospital right away. Implication 2: we need to find other drugs that work on other systems and parts of the brain. Implication 3: whatever medications we use need to be combined with more nonmedication-oriented treatments, like cognitive or social therapies.
答え. 含意その1:これらの薬剤は可能な限り少量で用いるべきですが、現実にはそうでないことが非常に多い。患者にどんどん薬を飲ませて、さっさと退院してもらおうという経済的に大きなプレッシャーがあります。含意その2:脳の他の系統や部位に働きかける新しい薬を見つける必要があります。含意その3:どのような薬剤を使うにしろ、同時に薬剤を使わない治療のほうに軸足を移動させる、たとえば認知療法や社会療法など。〔 訳者注:薬剤に依らない治療のほうが効果が高いとする研究論文もある。〕

Q. IN YOUR LONGITUDINAL STUDY, ARE YOU ALSO LOOKING AT HOW THE NORMAL BRAIN AGES?
質問. あなたの経時的研究では、正常な脳がどのように老化するかも調べていらっしゃいますか?

A. Yes. I’ve been asking, “At what point is human brain maturation complete and at what point do our brains naturally decline and lose tissue?” The answer is: the human brain continues to mature till about 25. At about 25, it plateaus for about 20 years, and at about 45, we start to lose brain tissue.
答え.はい、調べています。「どの時点で脳の熟成が止まり、いつから下降線をたどって組織が減少していくか」を調べています。わかったことは、人間の脳は25歳ぐらいまで熟成が続き、その後20年ほど一定の状態が続きます。そして45歳ぐらいで脳組織の減少が始まるということです。

But it’s interesting: we lose brain tissue, but we don’t necessarily lose cognitive capacities. A lot of people at 50, 60, 70 or 80 are quite sharp. I can quantify their brain tissue and see they’ve lost quite a bit from what would be normal for a 45-year-old, but their cognitive abilities are not at all impaired.
でも興味深いのは、脳組織が減少するからと言って、必ずしも認知能力が衰えるわけではないことです。50、60、70、あるいは80歳になっても、極めて明晰な方が多数いらっしゃいます。たとえば45歳の人の脳組織を調べてみて、正常な人の脳に比べるとずいぶん脳組織が減少していても、認知能力はまったく衰えていないこともあります。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。