スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ADHD 委員会と製薬企業のつながり

オーストラリアン紙
http://www.theaustralian.com.au/news/adhd-panels-drugs-links-being-properly-managed/story-e6frg6n6-1225803464651

ADHD panel's drugs links being properly `managed'
ADHD 委員会と製薬企業のつながりは適正に「管理」


THE body charged with setting new guidelines for the treatment of ADHD has refused to release details of payments by drug companies to its experts, but has said conflicts of interest are being properly "managed".
`The comment by the Royal Australasian College of Physicians comes after health experts this week called on federal Health Minister Nicola Roxon to appoint a new panel to draft ADHD treatment guidelines that was free of conflicts of interest.

ADHD の新たな治療ガイドライン策定を委ねられている団体は、各専門家委員に支払われる製薬企業からの詳細な報酬の公表は拒んだものの、利害の衝突は適正に「管理」されていると語った。今週、健康問題の専門家らが豪連邦保健相ニコラ・ロクソンに対し、ADHD 治療ガイドラインの策定には利害衝突のない委員会を新たに設置することを求めたことを受け、王立オーストラリア医学校がコメントとして発表した。


Ms Roxon yesterday brushed aside criticism of the panel as well as concerns that its draft ADHD guidelines had been tainted by drug company payments to a US expert. ロクソン保健相はきのう、ADHD ガイドラインの草案にはアメリカの専門家に対する製薬企業からの不正な報酬支払いがあったとする懸念や委員会に対する批判は退けた。

Instead, she said she expected new ADHD treatment guidelines would be released in the "very near future". そのかわり、「ごく近いうち」に 新しいADHD 治療ガイドラインが発表されるとした。

There are currently no Australian guidelines for the treatment of ADHD, despite more than 400,000 prescriptions being written for ADHD medication every year. 毎年400,000件以上ものADHD治療薬の処方箋が書かれているにもかかわらず、目下のところオーストラリアにはADHDの治療ガイドラインが無い状態。

The former guidelines, written in 1997, were scrapped four years ago as new drugs and research had become available. 1997年にできた旧ガイドラインは、新しい薬剤や研究の登場で4年前に破棄された。

Ms Roxon said she shared public concerns about the delay in the release of the guidelines. ガイドラインの発表が遅れていることに対する国民の不安は承知しているとロクソン保健相は語る。

"I expect that the draft guidelines . . . could be released in the very near future," she said.
「ガイドラインは. . .ごく近いうちに発表されると思います」

"The government is committed to the development of clear, evidence-based guidelines on the appropriate management of this condition." 「政府はこの状況を適切に管理し、明確でエビデンスに基づいたガイドラインの作成に全力で取り組んでいます」

However, the new draft guidelines are under a cloud because of concerns that US research relied upon to draft them was compromised by drug company funding.
しかし、この新しいガイドラインが基盤とする米国の研究には製薬企業による資金提供があったことからその内容が疑問視されている。

US-based child psychiatrist Joseph Biederman, a world-renowned authority on ADHD, is under investigation for failing to disclose much of $US1.6 million he received from drug companies between 2000 and 2007.
米国を拠点に活動するADHDの世界的権威ジョセフ・ビーダーマン児童精神科医が、2000年から2007年の間に製薬企業から受けた報酬千六百万ドル(約十五億円)のほとんどを適正に開示しなかったことで現在捜査を受けているのだ。

Dr Biederman has been credited with helping to fuel a worldwide spike in the use of anti-psychotic medicines in children.
ビーダーマン医師は、抗精神病薬を使用する子供たちが世界中で急増する火付け役となった人物。

His research is cited in the draft Australian guidelines more than 50 times. Chairman of the RACP's guidelines working group, David Forbes, said the panel would not scrap its guidelines and start again.
彼の行った研究はオーストラリアのガイドライン草案の中でも50回以上引用されている。王立オーストラリア医学校のガイドライン・ワーキンググループの委員長、デビッド・フォーブス教授は言う。「委員会が今の草案を破棄し、まったく一からやり直すことはないだろう」

"At this point, the evidence base has not changed sufficiently to warrant starting this process again," Professor Forbes said.
「現時点においては、作成を一からやり直すに足るほどのエビデンス・ベースの変更はない」

Professor Forbes also defended the 10 experts on the panel, seven of whom have been linked to the ADHD industry.
またフォーブス教授は10人中7人がADHD業界とつながりを持つ専門家委員会についても問題はないとした。

"The members have declared conflicts of interest, and where these have been present, they have been managed according to the guidelines of the RACP and the National Health and Medical Research Council," he said.
「委員会メンバーは利害衝突を申告しており、王立オーストラリア医学校ならびに国立保健医療研究審議会の方針に従って適切に管理されている」と教授は言う。

Monash University child psychiatry expert George Halasz said more scrutiny was needed of this panel's links to the drugs industry, as well as the panel that drafted the original 1997 guidelines because there was a risk of "systemic dysfunction".
モナッシュ大学児童精神医学の専門家、ジョージ・ホラッシュ氏は、「組織ぐるみの不正」が行われている危険性があり、1997年に原案を作成した委員会同様、この委員会についても製薬企業との結びつきを厳密に調査する必要があると言う。

"Clearly there are question marks about bias and conflicts of interest," he said.
偏りや利害衝突に疑問があることは明らかだ」とホラッシュ氏。

"There is no dominant theory about what ADHD is.
「ADHD とは何であるかについて、多数が支持する理論というものはないのです」

"When there's no dominant theory you have to ask why there are people who insist on declaring the case is closed, when it's just false."
「有力な理論もなく不正すら行われて、なぜこの問題には決着がついていると主張する人間がいるのかを考える必要があります。」

More than 400,000 prescriptions are written each year for ADHD medicines in Australia, which are part of the Pharmaceutical Benefits Scheme. オーストラリアでは毎年四十万件以上のADHD治療薬が処方され、製薬企業の利益計画の一部になっている。

In 2007, about 60,000 patients were on ADHD drugs.
2007年、ADHD治療薬服用患者数、六万人。
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。