スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧しい子供ほど抗精神病薬を服用-精神医療に狙われるメディケイドの子供たち

ニューヨークタイムズ紙 December 11, 2009

Poor Children Likelier to Get Antipsychotics
貧しい子供ほど抗精神病薬を服用
- 精神医療に狙われるメディケイドの子供たち -



New federally financed drug research reveals a stark disparity: children covered by Medicaid are given powerful antipsychotic medicines at a rate four times higher than children whose parents have private insurance. And the Medicaid children are more likely to receive the drugs for less severe conditions than their middle-class counterparts, the data shows.
先ごろ行われた連邦による調査により、なんとも荒涼とした相違が浮き彫りになった。メディケイド(一定の条件を満たす低所得者ならびに一定の疾患を持つ患者を対象とした公的医療保障制度)で医療費が支払われる子供たちは、親が民間の医療保険に加入している子供に比べ、強力な抗精神病薬を服用させられている割合が4倍も高いことが判明。また、データによれば、メディケイドの子供たちは中流家庭の子供たちよりも軽い症状でありながら、こうした薬の投与を受ける傾向にあることもわかった。

Those findings, by a team from Rutgers and Columbia, are almost certain to add fuel to a long-running debate. Do too many children from poor families receive powerful psychiatric drugs not because they actually need them — but because it is deemed the most efficient and cost-effective way to control problems that may be handled much differently for middle-class children?
ラトガース大学とコロンビア大学のチームが行ったこの研究結果は、中流家庭の子供ならまったく違うやり方で対処される問題をコントロールするのに、あまりに多くのメディケイドの子供たちが強力な精神病薬を投与されているのは、薬が必要だからというのではなく、メディケイドの子供たちには薬剤を使ったほうが効果的で費用対効果の優れた方法であると思われているのではないかという長年続く議論に、さらに拍車をかけることになるのはまず確実である。

The questions go beyond the psychological impact on Medicaid children, serious as that may be. Antipsychotic drugs can also have severe physical side effects, causing drastic weight gain and metabolic changes resulting in lifelong physical problems.
この議論は、メディケイドの子供たちに対する精神的な影響も深刻であるが、それを通り越している。肉体的にも抗精神病薬には急激な体重増加や危険な代謝変化を引き起こす危険な副作用があり、身体的な問題として死ぬまで抱える結果にもなる。


On Tuesday, a pediatric advisory committee to the Food and Drug Administration met to discuss the health risks for all children who take antipsychotics. The panel will consider recommending new label warnings for the drugs, which are now used by an estimated 300,000 people under age 18 in this country, counting both Medicaid patients and those with private insurance.
火曜日、FDA(米国食品医薬品局◆厚生省の一局)の小児科諮問委員会は会合を開き、抗精神病薬を服用している子供全員の健康上のリスクを議論した。メディケイドや個人健康保険を含め全米で三十万人いるといわれる18歳以下の患者に投与されている抗精神病薬のラベルに新たな警告を加えることを提言するものとみられる。

Meanwhile, a group of Medicaid medical directors from 16 states, under a project they call Too Many, Too Much, Too Young, has been experimenting with ways to reduce prescriptions of antipsychotic drugs among Medicaid children.
一方、現在「Too Many, Too Much, Too Young (多過ぎ、やり過ぎ、若すぎ)」というプロジェクトを進める16州のメディケイド医長で構成されるグループは、メディケイドの子供たちに対する抗精神病薬の処方数を減らす新しい方法に取り組んでいる。

They plan to publish a report early next year.
来年にはその取り組みが公開される。

The Rutgers-Columbia study will also be published early next year, in the peer-reviewed journal Health Affairs. But the findings have already been posted on the Web, setting off discussion among experts who treat and study troubled young people.
またラトガース大学とコロンビア大学の研究も来年早々には論文審査のある学術専門誌"Health Affairs"に公開される予定。しかしすでにインターネット上には投稿されており、問題のある若者の治療にあたる医師や研究者の間で議論を呼んでいる。

Some experts say they are stunned by the disparity in prescribing patterns. But others say it reinforces previous indications, and their own experience, that children with diagnoses of mental or emotional problems in low-income families are more likely to be given drugs than receive family counseling or psychotherapy.
中には、処方パターンのこうした相違に衝撃を受ける専門家がいる一方で、精神的あるいは情緒的に問題があると診断される低所得者層の子供たちは、ファミリー・カウンセリングや精神療法よりも薬剤治療を受ける傾向があるという指摘が以前からあり、その正しさを証明しているだけとするものもいる。

以下略

アブストラクト
http://content.healthaffairs.org/cgi/content/abstract/28/5/w770
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。