スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drugs Before Diagnosis?/診断よりも薬が先なのか?

time.jpg


ソース: TIME
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1205408,00.html
Drugs Before Diagnosis?
診断よりも薬が先だって?

Experiments, by definition, are a voyage into the unknown. But Melbourne psychiatrist Patrick McGorry conducted one on young people in the late 1990s that was more daring than most. McGorry was tantalized by the idea that psychotic disorders such as schizophrenia have a pre-onset phase, or prodrome, during which careful intervention could prevent them from emerging—and wrecking the lives of sufferers and their loved ones. The theory wasn't McGorry's alone, but he decided to test it in a world-first trial that had psychiatry's skeptics aghast.

定義によれば、実験とは未知なるものへの船出とされる。しかし、メルボルン大学の精神科医パトリック・マッゴーリーが1990年代後半に若者に対して行った実験は、数ある実験の中でも極めて大胆不敵なものであった。マッゴーリーは、例えば統合失調症のような精神疾患には発病前の段階、つまり前駆症状があり、この間に注意して介入を行えば発病および患者やその家族が崩壊するのを予防できるのではという考えにとりつかれた。こうした理論を唱えたのはマッゴーリーだけではなかったが、彼は世界初となる臨床試験に踏み切ることを決め、精神医学に懐疑的な人間を仰天させた。

The point of contention was that some 30 subjects in McGorry's trial received as part of their treatment regular doses of risperidone, one of a class of drugs known as antipsychotics or neuroleptics, which have been linked to a host of harmful side effects, including movement disorders. Critics were indignant that a potentially dangerous drug was being used on a hunch, and suspected the influence of big pharma and its drive to expand its markets. "This," American mental health lobbyist David Oaks told Time in 2001, "is one of the most bizarre and counterproductive human experiments on young people I know about."

争点となったのは、マッゴーリーの臨床試験に参加した約30名の被験者に対し、運動性疾患をはじめ多くの有害な副作用のある抗精神病薬、つまり神経弛緩薬に分類されるリスペドリンの常用量を、治療の一環として投与したことであった。単に直感だけでこうした危険な薬物を投与したことに憤慨した批評家は、製薬企業との繋がり、そして製薬企業のマーケット拡大の強い意図を疑った。2001年、アメリカのメンタルヘルスのロビイストであるディビッド・オークは、「これは私の知る中でも、人類が若者に対して行った最もキテレツで逆効果を生む実験だ」とTIMEに語った。

With its small number of participants, the trial was inconclusive, but the results were enough to encourage McGorry. With colleagues at a public mental health clinic linked to the University of Melbourne, he began recruiting in late 2000 for a second, larger trial—whose results are yet to be analyzed—while American researchers embarked on similar experiments of their own. Though the voices of outrage were unrelenting, McGorry had a powerful professional ally in friend Thomas McGlashan, director of Yale University's Psychiatric Institute. But that pillar of support has now gone. Discouraged by the results of his own trial, which failed to show that preemptive drug treatment offered a substantial, measurable benefit, McGlashan told the New York Times recently that he doubts prevention of schizophrenia is possible. "I'm more pessimistic about all this now," he said. "I think more than ever we need to follow a group of [at-risk] adolescents who get no drug treatment to see more clearly what happens and refine our understanding of what the prodrome is."

この臨床試験は参加者数が少なすぎたため結論には達しなかったものの、マッゴーリーに自信を与えるには十分な結果となった。メルボルン大学と連携する公立のメンタルヘルス・クリニックの仲間らとともに、2000年後半、彼は2回目となるさらに大規模な臨床試験を募集、その結果は今でも未分析のままなのだが、一方アメリカでも同様の実験に取りかかる研究者が現れた。こうした実験に対する怒りの声が弱まることはなかったが、マッゴーリーには教授会連合の仲間であるエール大学精神科の主任教授、トーマス・マグラシャン(Thomas McGlashan)がいたのだ。しかし、もはやその支えであった柱が消えてしまった。自分の行った臨床試験において、早期薬物療法が実効性のある測定可能なベネフィットを示さなかった結果に落胆したマグラシャンは、最近ニューヨーク・タイムズ紙に対してこのように語っている。「統合失調症の予防の可能性には疑いを抱いている。私はもうこういうことには以前より悲観的だ。何が前駆症状であるのか、何がどうなっているのかを理解し明確に見極めるには、リスクファクターはあるが薬物療法を受けていない若年層をフォローすることの必要性を今まで以上に感じでいる」

So where does that leave McGorry? Completely undeterred, it would seem. He argues that McGlashan's "change in attitude" says much less about any flaws in the notion of prevention than it does about "ethical confusion" in American psychiatry. Far from backing off, he says, "We need to think beyond schizophrenia to the issue of access to care for young people with the full spectrum of emerging mental disorders."

一人残されたマッゴーリーはどうするのだろうか。 どうやらまったく意欲をそがれた様子もない。マグラシャンの「態度の変化」には、アメリカの精神医学における「倫理的混乱」に関する言及に比べ、予防概念の欠陥に関する言及が少なすぎるとマッゴーリーは主張する。引き下がったどころか、彼はこうも言う、「必要なのは、統合失調症に限らず精神疾患の発病に対してすべてのスペクトラムを用いて、若者をケアにつなげるアクセス方法を考えることだ。」

Calm and softly spoken, McGorry has a way of making the experimental use of antipsychotics seem like the only responsible course. As executive director of the University of Melbourne affiliated Orygen Youth Health, he sees patients aged 15 to 24 whose symptoms may include mild paranoia and social impairment. Fish oil and cognitive behavioral therapy (CBT) are sound first-up treatments, he says, but if they don't work it's unacceptable to wait for patients to slide into madness, though it's impossible to predict with certainty which ones will. "You've got to do something," McGorry says, meaning consider adding a neuroleptic drug to the treatment mix. "They've got no friends. They're sitting alone in their bedroom, their lives passing them by. You've got to actively research what's going to help them. The critics have been right to raise issues, but you can't neglect people when they clearly have a disorder, just because we can't technically fit them into our arbitrary system of classification." There were flaws in the design of McGlashan's trial, he says, that account for the negative result.

物静かでソフトな語り口ではあるが、マッゴーリーには、抗精神病薬を実験的に使うことが唯一信頼性のある方向に向かっているように見せかける術があるようだ。メルボルン大学付属のオリジェン・ユーズ・ヘルス(Orygen Youth Health)の事務局長の肩書きを持つマッゴーリーは、軽度の妄想や社会適応障害の症状を持つとされる15歳から24歳までの患者を受け持つ。「適切な治療法としてフィッシュ・オイル療法や認知行動療法 (CBT) が優先的に行われるべき療法ではあるが、それらが功を奏さないときに患者が狂気に移行するのを見ているだけというのは受け入れがたい、とは言え誰がそうなるのかを確実に予測することは不可能なのだが。しかし何かすべきだ。」マッゴーリーが言うのは、神経弛緩薬による薬物併用治療という考えである。「彼らに友人はいない。ただ寝室に座って、人生が過ぎていくのを見送っている。彼らを救うためには積極的な研究が必要だ。批評家がこの問題に対して声を上げるのは正しい。しかし明らかに障害のある人を、われわれの恣意的なシステムに適合させる術がないことを理由に、軽視することはできない。マグラシャンが行った臨床試験のデザインには欠陥があり、それが否定的な結果につながった理由だ」と彼は言う。

Contacted by Time, McGlashan calls McGorry a "terrific psychiatrist and a pioneering researcher, [but] we differ in the focus of our greatest enthusiasm"—McGorry's being intervention, his the mechanics of psychosis onset. "There may be gold in the early-intervention hills," McGlashan concedes, "but the data are not plentiful enough and the findings not replicated enough for us to recommend anything more than further research at this point."

一方マグラシャンはTIMEとのインタビューでマッゴーリーを「素晴らしい精神科医であり先駆的な研究者」と呼びながら、ただ熱意の対象が異なるのだと言う。つまりマッゴーリーが予防に熱意を持つのに対し、マグラシャンの方は精神疾患を発病するメカニズムにあるというわけだ。「早期介入の丘の上には金が見つかるかもしれない、しかし・・」と、彼は言う、「われわれには十分なデータもなく、また再現性においても十分な知見があるとは言えず、現時点においてはさらなる調査研究を必要とすると言う以外に言えることは何もない」と敗北を認める。

As research into preventing psychosis has blossomed in several countries, "it's grind to a halt in the U.S.," says McGorry, president of the International Early Psychosis Association. American health activists "are so confused in their thinking," he says. "They've clouded this issue with the whole business of overmedication of younger children for adhd." But McGorry believes more strongly than ever in what he's doing. Buoyed by the Australian government's recent $A54 million funding of a National Youth Mental Health Foundation, he wants to apply the principle of early diagnosis and treatment to "a range of mental health problems in young people: substance abuse, personality disorders, bipolar—the whole lot, really." Despite the loss of a comrade, the McGorry voyage is a case of full steam ahead—and damn the torpedos.

現在いくつかの国では精神病の予防が花盛りであるが、国際早期精神病協会(International Early Psychosis Association)の会長、マッゴーリーは「アメリカにおいては精神病の予防は地響きを上げて完全停止し、アメリカの健康医療活動家もどう考えていいものやら混乱している。彼らはADHDの子供たちに対する過剰投薬の問題で忙しく、この問題がぼやけている」と言う。しかしマッゴーリーは以前にもまして意気軒高だ。最近のオーストラリア政府による5400万豪ドルを基金とする若者の心の健康財団(National Youth Mental Health Foundation)をバックに、薬物乱用、人格障害、 双極性障害その他もろもろのあらゆる若者のメンタルヘルスの問題に、早期診断・早期治療の原理を当てはめたがっている。仲間は失ってしまったものの、マッゴーリーの航海は全速前進、機雷などクソ喰らえといったところだ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。