スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神病院経営者はうはうは

うつ病チェック、健診で…来年度から企業に義務付けとは、つまり社員は何ら根拠のないチェックシートの結果で強制的に精神科送りにされるということ。

アメリカでは製薬企業が政府を買収し、今や子供を対象にチェックシートが普及した結果、多くの子供の自殺を招く結果となっていることも忘れてはならない。

うつ病薬はコカインや覚せい剤と同種の依存性があり、確実に脳が破壊されることは研究で証明されている。

とりあえず一度でも飲ませることができれば、あとは精神科医の金づるです。


例によって「おじいさん医師」の投稿転載

医者になるためには当たり前のことですが、医学部へ入学し、卒業し、国家試験をパスする必要があります。
またこれも当たり前ですが、医学部には、私立大学と公立大学があります。自治医科大学(学費なし)、防衛医科大学(学費なし+給料あり)はそれぞれやや特殊な「任務」がありますが、基本的には公立であり、それが終われば基本的に自由です。ただ、研修のハンディキャップはあるかもしれません。

現在の国立大学の学費は、だいたい年間50万くらいです。
6年間で300万、これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれだとは思いますが、もしこの学費を払えなくてもとりあえず、育英会等で借金をすれば学業は成就できるでしょう。

私立大学はどうでしょうか。
私立大学の友達に聞いたことがあるのですが、実はとうの本人は学費の事は全く知らない。
なぜか。。。
これは推測ですが、あまりにべらぼうに学費が高すぎて親がその出し入れを子供に内緒にせざるを得ないのでしょう。
私立大学のなかでも学費にはとても差があります。
一番安いのはおそらく、天下の慶應義塾大学で、年間約400万くらいだと思います。
え、これで安い?
やすいんすよ。かなり安いです。
しかも慶應は偏差値的にいって、私がでたような地方の田舎国立大学よりよっぽど優秀なので、世間からは、「知的でクールでお金持ち」と思われております。
実態は知りませんが、きっと、すてきな看護師さんたちから、キャーキャー言われておることでしょう。。

さて、私立大学の学費、、高いところではどうなるでしょうか。
私はかつて、某私立大学を受験したことがあり、その時面接官の教授から、、、
「君はうちの学費がいくらかしっているのかね。」
と言われ、
「親は何をしとるんだ?」
私が親のしがない職業を述べたところ、、
「じゃダメじゃないか。」
と印籠を渡されました。

当時10代の私はこれで世間のなんたるかを少し垣間見たと思います。

私立大学の学費はだいたい、年間で1000万くらいは見積もった方がいいと思います。
何ですと?
びっくりしないでください。これくらいで。。
これプラス、、場合によっては、寄付金と称して、だいたい年間300万から500万のお布施を募ることがあります。悲しきお父様、お母様は、払わなければもしかして、うちのドラえもん、ドラミちゃんが、医者になれないかもと、心配して、隠し金庫から札束を学校あてに振り込むのですね。。

まあ、私立大学へ行くのなら、だいたい6年で8000万から1億と相場を見積もってください。
99%の日本の家庭じゃ無理なので、最初からあきらめてくださいね。

例外として、特待生制度というのがあり、一部国立大学へ楽勝で通るような学生をリクルートすることがあります。無論、ある程度の成績を要求されるので狭き門ですよ。。

慶應の2000万がいかに安いかよくわかりますね。。

しかし、これはいっときますけど、、、学費だけですから。。
生活費は計算されてませんからね。。

彼らのど派手な生活からすると、、金食い学生などは年間1000万くらい使うかもしれないですね。車は外車で当たり前、、の人たちも多いっすから。。

それから6年で卒業できる、、とは思わない方がいいかも。。
だいたい私立大学は国家試験予備校になっているので、学業は5年生くらいで終わり、あとの1年半から2年は、ひたすら国家試験の勉強で学校の作る卒業試験が国家試験の模擬試験となっております。
これがまた試験のたびにお金をとるんだな。。再試験も、一回いくらとかなんとか。。

もう、いくらあってもたりないっすね。
それでも悲しきお父様、お母様は、ドラえもん、ドラミちゃんのためにお金を振り込むわけです。。。

さて、医者になりました。おめでとうございます。。
現在の医師研修制度は小泉改革の一環だと思いますが、初期研修医、後期研修医と別れておりまして、民間病院の参入が行われております。ここにも、官、民のすごい戦いがあるのですがそれは後日。。
彼らの給料はいくらでしょう?
実はこれも自由化されており、初期研修医の安いところはほとんどタダ、で高いところは1000万くらいだそうです。
そして、その値段の差はそのままその医者の受ける研修内容に反比例するといってイイでしょう。すなわち、高かろう→おまえ馬鹿だろう、安かろう→名医?予備軍と言えます。

だいたい多くはこれは私の推測ですが中間層はだいたい300万から400万くらいだと思います。これを2年間、その後、後期研修医、これは3年間、だいたい専門医をとるまでで、年収は地域で全く違う。これも先ほどの年収と反比例の法則が成り立ちます。
最低、5年間この修行期間を経て、めでたく、専門医、それでもまったく半人前ですけど、、になりましたと。。
ここまでだいたい、5年で合計稼ぎが2000万くらいかな。。
私立大学の学費にはまったく届かない。。

それから先、専門医後なんですけど、これも人それぞれで、今ではもうほとんどいない研究したい人、大学でヒエラルヒーのなかで堪え忍ぶ人などは年収500万くらいを10年間位するでしょう。。
すぐ開業するやつもいますが、昨今の医療事情でさほど儲けられません。。
勤務医はだいたい1000万~2000万くらいでしょうが、忙殺され、私に言わせるところの、検査&薬地獄の案内人として、経営者に強姦されますので、あまりおいしいとは言えない。

ですので、正直私立大学をでて医者になっても、「投資」で見た場合にははっきり言ってほとんどの人にうま味はない。

病床のない医院経営者では何億も子供に投資できないし、開業者は増える一方のなかで地盤を引き継いだところで、経営は厳しい。

では誰が得するのでしょうか?

そう、これが、私立病院経営者なのです。
比較的巨大な病床数は200床以上の所、、彼らはとりあえず子供が医師免許をとってくれて、世襲してくれたら安泰なのです。
もちろん、厳しい経営を強いられているところもたくさんあります。特に総合病院系はぴーぴーいっているところも多いでしょう。
でも医療法人であれば最悪倒産しても、個人資産まで返済が及ぶことはない。子供の学費だって、法人経費でおとしてんじゃないの?

そしてなかでも精神病院経営者はうはうはです。

日本最大の病床数を誇る、精神科療養病床、、これで儲けている病院は数知れない。ほとんど何の医療も施さずに。。
何せ社会防衛的要素も暗黙の了解としてあるわけだから。。
犯罪者の温床は閉じこめておけ的な議論が何となく成り立つ。

最近でこそ、やや経営環境は厳しくはなりましたけど、毎日ぼーっと、寝ているだけでお金が入ってくる。
日本の相当程度の生活保護費と障害年金費がこれらの病院の理事長の懐に入るのですね。。
当然、子供に継がしたい。。

何億払ったって。。

現行の民間精神病院制度が創立されて約50年くらいなりますが、2代目、3代目経営者の90%は私立大学出身者で占められております。
おいしすぎる。。。財産分与。。


今、私立大学の学生には病床のない開業医のこどもは少ないと思いますよ。変わって、大病院系のドラえもん、ドラミちゃんはもちろんのこと、時流に乗った会社経営者などが増えていると思います。彼らはある種、学費を通して資産を引き継いでいるわけですよ。
不動産屋や投資家もかつては多かった。バブルで儲けたんでしょうかね。。

たとえば、不動産屋の子供が医者になった場合、設備投資と考えたときには当然、収益を回収しようとしますよね。
経済的スタンスで見た場合、これは合法的、検査&薬地獄の温床になると思いますね。
ばかばかしくって本来の医業なんてする気しないですよ。
昔の奴隷制度みたいに、個人クリニックを複数を経営して、子分に実地はやらせて自分は左うちわ、なんて輩も出てくる。
先日税務申告で追徴課税された自称精神科医の朝青龍のメンターなんて「典型例」です。

それなのにですよ。。

仙石大臣は、また医学部、それも私立大学を認可しようとしてるんです。
国立は生徒が増えました。

もうほとんどこいつ馬鹿じゃないの、とあえて言っちゃいますよ。
数を増やして競争すればイイジャンと言われそうですけど、じゃ、競争の負けた人はどうなるのとか、開業の制限はないのにどうなるのとか、国家資格者の自己保存の法則で犯罪まがいの手口は許されるのか、、等々、出口論議は全くされない状況だと、無法地帯になるのは、というか、もうなっているんですけど、、目に見えている。

それで開業医がまた増えて、検査&薬地獄が活性化することで誰が喜ぶか、と言えば、資本の大本である外資の製薬会社であり、医療機器会社なわけです。

これで亡国せずして、若者はどうやって、生きていけというのか。。


http://www.snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=medical
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。