スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こころの病気」動物絵本

いやあ・・・日本でもここまでやるとは。


引用ーーー

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0517/SEB201005170006.html

「こころの病気」動物絵本で紹介 長崎の精神科医ら出版

思春期前後からかかりやすくなる精神疾患を子どもたちに知ってもらおうと、動物を主人公にした物語形式で紹介した「こころの病気がわかる絵本」全5巻を、長崎県大村市の大村共立病院副院長で精神科医の宮田雄吾(ゆうご)さん(41)らが出版した。

 絵本はどれも2部構成。前半は小学生以上を対象に、精神疾患にかかった動物たちの物語を、宮田医師が臨床経験をもとに作った。

 社交不安障害の巻では「さかながこわいクジラ」、強迫性障害では「てあらいがとまらないアライグマ」といった具合に、主人公の動物たちが発病し、回復するまでを描いた。同じ病院で働く芸術療法士の北村友弘さん(35)らが絵を担当。うつ病にかかったニワトリが追い込まれて自殺を考える場面では「フライドチキンにでもなってしまおうかしら」と表現し、子どもの恐怖心を和らげるよう気を配ったという。

 後半は中学・高校生向けに解説を付けた。症状や治療法、病気とのつきあい方や周囲の接し方について、医学用語をわかりやすい表現に言い換え、ふりがなも多用した。

 宮田医師は2007年から厚生労働省の「こころの健康科学研究事業」の研究班に参加した。子どもへのアンケートで「統合失調症」「強迫性障害」などについてほとんど知られていないことがわかり、精神疾患の知識を子どもに与えるべきだと実感した。

 「調子が悪くなった思春期の子どもが最初に相談するのは、保護者や教師ではなく友だち。相談相手になれるように子どもに知識を持たせたい」と考えた。「早めに知識を持っていれば、仮に発症しても周囲や本人が病気を受け入れやすくなる。早期に治療を始めれば回復もしやすい」と話す。

引用ここまでーーー




薬害オンブズバースン会議ホームページには、アメリカの同じような絵本についてこのような記述があります。。

引用ーーー

薬害オンブズバースン会議
http://www.yakugai.gr.jp/bulletin/rep.php?id=245

『ヒーリー教授講演「科学の外観をまとったグローバル・ビジネス」を聴いて』

製薬会社の使命は科学的な根拠に裏付けられた優れた薬を創り出し、これによって人々の病を治し、苦痛を軽減することだったはずである。それがいつの間に「科学の外観をまとったグローバル・ビジネス」に変わってしまったのだろうか。
 講演では、まず不安神経症やパニック障害と呼ばれる問題を抱えた患者が紹介される。“病気”というものがどのように定義され、その概念やイメージがどのような過程を経て拡大され、変えられてしまうのかが具体的な事例で示される。そして、その裏では薬を売り込むためのさまざまなたくらみが行われている。売れ行きを増やすのに役立つ論文なら、製薬会社が何万部でも買い上げて配ってくれるし、薬の効き目や安全性に問題があるという論文でも書こうものなら、本の販売を妨害したり、自分たちの薬に有利な別の論文をゴーストライターに書かせて対抗する。講演会場にスパイを潜り込ませて、都合の悪い相手を誹謗中傷することも平気でやってのける。これは、もはや科学や学術の世界ではなく、自社の利益を守るためには何でも許されるビジネスの世界である。
 そして、話はいよいよ新しいタイプの抗うつ薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)に及ぶ。セルトラリンやパロキセチンなどと呼ばれるSSRIが、小児には無効なだけでなく、自殺や異常行動の原因になっていることを指摘し、その臨床的意義について疑問を投げかけたのがヒーリー教授だった。しかし、そのような問題が指摘されても、メーカー側には強力な後ろ盾があった。学界を牛耳っている権威者たちである。製薬会社の依頼でゴーストライターが書き上げた論文には、SSRIの有効性と安全性が強調され、その表紙にはこれらの有力教授たちの名前が書き連ねてあった。データはSSRIによる自殺者がプラセボとかわりなく見えるように改ざんされていた。このようなデータは、SSRIをめぐる自殺や傷害事件の裁判の過程で明るみにでたものであり、このようなことがなければ、おそらく誰にも気づかれないままに済んでいたに違いない。
 製薬会社のたくらみはこれだけにとどまらなかった。SSRIの処方量を増やすためには、精神科だけに限定せず、内科・小児科・皮膚科・耳鼻咽喉科・婦人科などあらゆる臨床科で使えるようにする必要がある。そこで適応を増やすための工夫が加えられた。新しい疾病概念を創り出し、それを適応症として処方の機会を増やすのである。たとえば、「気分安定薬」をキーワードにして検索してみると、発表論文数は90年代以降に急激に増加する。つまり彼らの戦略は、新しい“病気”の概念を創り上げ、“患者”を増やし、薬の売り上げが増えるように適応を拡大してゆくのである。
講演の最後に示された事例は、アメリカで出版された小児の双極性障害に関する絵本のの話だった。

医師:きみの目はどうして緑色で、髪の毛は茶色になったんだろうね?
ブランドン:ぼくのママの目はみどりいろだよ
 (お母さんは、ブランドンの柔らかな髪の毛に指を通しながらいいました)
母:それに、あなたのパパの髪の毛は茶色よね
医師:双極性障害も同じことなんだよ。きみは遺伝子でそうなったと考えられる んだ。・・・・双極性障害の人を助けるための良い薬があるんだ。とにかく、すぐに一つ飲むことから始めようじゃないか・・・・。

 まるで「赤頭巾」の童話を思わせるような優しい口調で、ソウキョクセイショウガイとはどんな病気なのか、どうして薬を飲まなければならないかを語りかける医師の説明を読んでいると、実はオオカミは製薬会社なのではないかと言う気がしてきた。すでにこのような絵本が7万部も売れているというアメリカの現状を聴くと、「病気づくり」、「病人づくり」もここまで来たのかと、恐怖感さえ覚えたのである。

引用ここまでーーー

もちろんオオカミは製薬企業だけではありません。

三重県で精神疾患の「早期介入」なる人体実験を行い、長崎でも「子供精神病院」で、おそらくは子供たちを薬漬けにしているであろう連中。

国も真剣に子供のことを考えるのであれば、「子供手当」よりも先になすすべきことがあるようです。

この↓ような精神医療ビジネスの拡大は、もううんざりなのです。
「こころの健康政策構想会議」
http://www.cocoroseisaku.org/list.html



スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。