スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己変革能力なき精神医学


Our Psychiatric Civilization
"精神医療文明"という時代


先週はいつもの臨床診療と法医実務。医療ミス事件として評価したのは、10年前の診察を最後に、ホームドクターから電話一本でプロザックを処方され続けていたウェストコーストの女性のケース。突然感情的な障害が出た彼女は、医師に電話で相談をしたが、服用量の増加と新たな薬を追加される。診察はない。子供がおり、専門的な職業に就いていた近所でも評判だったこの女性、その後辿り着いた病院で薬の有害反応を精神疾患と誤診され、さらに複数の精神病薬の追加。その後間もなく背筋が凍る方法で自殺。

これも先週の日常業務でのこと。私の患者の一人が緊急で来院。以前個人的に危機的状況にあった時に処方されていた抗精神病薬カクテルの断薬相談を受けていた患者。最近トランキライザーを減薬したが、一晩中眠れないとのこと。不安感、恐怖感がある。「このまま気が狂ってしまうのでしょうか?それとも退薬の症状なのでしょうか?」薬の漸減スピードを緩めることで簡単に対処できる退薬症状であることが判明。非常に聡明で創造的な若者。彼は衝撃的な一連の出来事を経験している。彼に必要だったのはカウンセリングと励ましであって、精神科の診断や薬ではない。

一方、妻のジンジャーは、書籍やホームページ、メディアなどで私を知った人たちから来る山のようなメールの対応に追われている。こうしたメールや電話で問い合わせを頂く人たちは、自分が"双極性"だとか"臨床的に鬱病"だという用語を使う。また自分の子供の事を"ADHD"という用語を使って説明したりもする。問い合わせを頂いた時点で、すでに複雑かつ危険な状況になっている場合が多く、精神科薬で廃人になっている人もいる。そうした人たちはもともとの精神的な問題と薬の副作用症状が複雑に絡み合い、もはや区別がつかない状況になっている。下された診断名と薬に適応するのが精いっぱいで、自分の人生に目が向いていない。こうしたいつもながらの問い合わせの対応に追われる1週間が終わり、ジンジャーは私にこう言った-「今のこんな精神医療の文明について、本に書かなきゃね」と。

今の文明には、生物学的精神医学…つまり、現代精神医学なるもの…がすっかり染みついてしまい、テレビの1分コマーシャルなどの影響もあって、患者は自己定義による自己診断をしているのである。ホームドクターのもとを訪れる患者は、「私、不安症です」と自己診断し、それに合った薬をもらう。予約時間より少し早めに着いたり、医者の到着が遅れたりして待合室で待つ間、フラット画面のテレビに映し出される精神科の診断と適当な治療薬見て、患者は教育されているのだ。

不安と思いつめた表情で私をみつめ、「私は双極性障害でしょうか」と問う初診の患者を、私はこれまで何人見てきたことか。われわれはみな人間を生きることの難題を解く魔法のカギを探し求めている。人間として共生するもののなかに共有する場所が見つからないとき、私たちは共通する診断のなかにそれを求めようとするのだ。

この診断というレッテルを貼ることが、それ以上の人間的考察や配慮を途絶えさせる。このレッテル貼りは、ただ似非医学診断を下すのではなくその人間の烙印ともなるものだ。「私は双極性障害」なのであって、「私は元気旺盛」なのではないのだ。「私はこの驚くべき情熱をうまく扱えない」のでもなく、「私は創造的エネルギーのコントロール法を見つ出す必要がある」のでもなく、「私は現実社会の中で夢を実現するために勇気を出して努力する」のではない。そう、そんなことは考える必要もないのだ。「私は双極性障害です」なのだ。人生の大きな問題に立ち向かうのに、こうして下される診断が最終的な解決策なのだ。

"Age of Aquarius"が流行した時代には、「君の星座は?」が挨拶代わりだった。それが今の世俗的な似非科学の時代においては「君の診断名は?」が挨拶だ。"精神疾患の分類と診断の手引書"の厚みが増すたびに正常の定義がぎゅうぎゅう搾り取られ、もはやウッド・ストックの再来などないだろう。あの60年代の変人たちなら、精神薬をやりながら自分たちを境界性人格障害だと自己診断し、みんなブラついていただろうが。

誰かがLSD でパニックを起こしても、それは"バッド・トリップ"として知られていたもので、そういうときは友人が"ことばでなだめる"のが普通であった60年代。そういうちょっとした知恵が今の精神医療文明では失われてしまっている。すさまじい錯乱すら引き起こす副作用のある精神薬を処方しておきながら、今の医者にはそういう認識がほとんどないため、回復するまでそばにいてやろうとはまったくならないのだ。

現代がどれほど根深く精神医療文明になっているかを体験するには、牧師でも神父でもラビでもいい、とにかく何教でもよいから聖職者のところに行って、自分は鬱だと告白してみるとよい。精神的な苦悶や失望の淵にいる人間に生きる意味を与え、スピリチャルな癒しで回復に導くという自分たちの本来の重要な役割を捨て、牧師も神父もラビも、さっさと精神科の受診と薬を勧めるのが落ちだろう。信仰の指導者たるべきものが、迷える子羊たちを精神医療の祭壇に生贄としてささげてしまうその熱心さには、本当に愕然とさせられる。

ひとつの文化としての共通の価値観というのがあるが、これは何を意味するのだろうか。いよいよギスギスした個人主義者の社会になったということか。われわれの帰属するコミュニティーや伝統は、ユダヤ教とキリスト教が融合したものだったか。そんなことは誰も人前で口に出したりはしない。神に自己利益の追及や救いを求めているわけではないのであれば、いざと言う時に最初で最後の頼みの綱となるのは何か。答えは精神病薬だ。われわれが何にも増して求めるのは、苦しみからの解放と心の平静である。困難が存在する兆しがチラリとでも見えようものなら、われわれは少しでも感情に蓋をしようとする。われわれの社会はレベルが低下したのではなく感覚を麻痺させられているのだ。

精神科の診断は人間が共有する最低の基準を反映している。われわれは己の診断に自分を見失っている。精神病薬は精神を鈍麻させ、そうすることでわれわれの魂の起伏を削り取ってしまうのだ。

「双極性障害のサポートグループに参加するほうがいいでしょうか」と尋ねる患者がいる。患者に対してこんな態度で臨んだことはないが、もしふざけた返事をするなら、「自分は双極性障害で精神病薬を服用する必要があると自分が信じて、サポートが必要だと自分が思うならね」と答えるだろう。

われわれの連帯感とは何なのだろうか。宗教ではないし、外的事象による重大な脅迫を感じる場合を除いて、それは政治でもない。となると国家が精神疾患のひとつの巨大なサポートグループになりつつあるのではないか。

非人格化が標準になった。家族、友人、教師、牧師、医者、あるいはセラピスト…誰かに自分をさらけ出してみよう。するとその誰かはあなたにこう勧める「支援を得なさい」と。もちろんあなたはその誰かに支援を求めて相談しているはずである。しかし、相手が言ってるのは「他で支援を得なさい」なのだ。誰に相談しても「クスリ提供者」へと回されることになる。心理士やソーシャルワーカー、その他のセラピストですら、標準よりも強い感情を持つ患者には、まず精神病薬剤でおとなしくさせてから対処すると教育されている。それが治療を円滑にすると教えられている。しかし感情に正面から向き合うことを恐れ、薬剤で霧のかかった頭のボーッとした状態の人間に、効果のある治療などありようはずもない。

われわれが本当の自分の感情に近づけないのは、自分は異常であり診断や治療の必要性があると思うことに恐れを抱くからである。現代の"精神医療文明"が、われわれが自己と向き合うことから逃避させ、互いの交わりの中に安らぎを求めるのではなく、自己診断で苦しみを和らげ、処方薬であろうが何であろうが、薬物に一時の癒しを求める傾向を助長しているのだ。

人生には常に厄介な問題が付きまとう。この世に生を受け、悪戦苦闘し、そして死んでいくものなのだ。問題はどのように悪戦苦闘するかである。情熱、創造力、愛、そして高潔な生活の中で苦闘するのか、それとも診断名や薬剤で正常な機能が損なわれた脳にわが身を閉じ込めてしまうのか。

"精神医療文明"の最悪の犠牲者はわれわれの子供たちである。家族や学校の崩壊、あるいは社会崩壊の問題ではなく、きみたちの脳が崩壊していると教えられているのだ。親として、また教師として無力化されてしまったわれわれは、こうして子供たちに間違った場所で愛を求めさせ、それで子供がもがき苦しみ出すと"薬剤治療"へと追い払っている。

精神医学やメンタルヘルスケアの支配者集団に自己変革能力はない。その権力、身分、収入を"精神医療文明"から切り取ることはできない。それをチェンジできるのは、診断や薬剤よりも高い価値観を持ったひとたちの外部からの力、つまりあなたや私が強く迫る必要がある。

医学博士:ピーター R. ブレギン (『精神医学の良心』と呼ばれる精神科医)

代表著作
Medication Madness: The Role of Psychiatry Drugs in Violence, Suicide and Crime (2008)
"狂気の薬物療法: 暴力、自殺、犯罪における精神科薬物の作用"

原文ソース:http://www.huffingtonpost.com/dr-peter-breggin/our-psychiatric-civilizat_b_586498.html

‐‐‐‐‐

Share Comments It has been a routine week in my clinical and forensic practice. I evaluated a malpractice case involving a woman on the West Coast whose family doctor from a decade earlier kept prescribing Prozac to her for ten years without ever seeing her again. When she ran into emotional difficulty, she called this doctor who simply raised the dose and added a new drug, still without seeing her for a decade. This woman, a respected professional and parent in her community, then landed in a hospital where her adverse drug reaction was mistaken for a mental illness, more psychiatric drugs were added, and she soon killed herself in a most horrendous fashion.

In this same past week of routine events, one of my own patients came to the office for an emergency session. He had sought my help to come off a cocktail of psychiatric drugs that had been prescribed for him during a personal crisis. We had recently cut back on his tranquilizers and he had become unable to sleep all night. He was feeling anxious and scared. "Am I going crazy, or is it drug withdrawal?" It turned out to be a withdrawal reaction that was easily handled by a slower taper of his medication. A very bright, creative young man, he had a series of traumatic events in his background. He needed counseling and encouragement, not a psychiatric diagnosis and drugs.

Meanwhile, my wife Ginger has been handling the flood of mail we get from our books, websites, and public appearances. People email and call the office identifying themselves as "bipolar" or "clinically depressed." Or they describe their children in the same terms, as well as "ADHD." By the time they contact our office, their lives or those of their children have been deeply complicated, compromised and sometimes ruined by psychiatric drugs. They can no longer separate their original emotional problems from their complex array of drug side effects. They devote themselves to adjusting their diagnoses and their drugs instead of addressing their lives. After yet another week like this, Ginger tells me, "You've got to write about our Psychiatric Civilization."

The culture is so imbued with biological psychiatry -- which is to say, modern psychiatry -- that self-defined patients diagnose themselves, sometimes with the help of a one-minute TV ad. They visit their family doc, give him the diagnosis, "I think I have an anxiety disorder," and get the appropriate drug. If they arrive a few minutes early, or the doctor is a few minutes late, they'll get a chance to get educated by a flat screen TV in the waiting room which instructs them about the symptoms of the psychiatric diagnosis de jour as well as its treatment with a propriety drug.

I can't tell you how many times a new patient has looked at me with a mixture of apprehension and eagerness, and asked, "Do you think I have bipolar disorder?" We all hope to find a magic key to this hard business of being human. And if we cannot find community through our shared humanity, we will find it through our shared diagnoses.

This rampant diagnostic labeling puts an end to all other human considerations and concerns. This labeling does far more than imposing a pseudo-medical diagnosis on you, it defines you as a person. "I'm bipolar." Not "I'm full of life" or "I have trouble managing all these marvelous passions" or "I need to find a way to direct my creative energies" or "I'll have to find the courage and make the effort to make my dreams come true in the real world." No, never mind about all of that, "I'm bipolar." Your diagnosis becomes your personal final solution to your most vital challenges in life.

In the Age of Aquarius, we greeted each other with "What's your sign?" In our more mundane and pseudo-scientific times, it's "What's your diagnosis?" As our definitions of normal get squeezed tighter and tighter by the increasing breadth of the official Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, Woodstock could never reoccur. All those 60s weirdos would be sitting around taking psychiatric drugs and diagnosing themselves with borderline personality disorder.

In the sixties, if you panicked on LSD, your friends knew it was a "bad trip" and they "talked you down" from it. That bit of wisdom is lost in our Psychiatric Civilization. Doctors rarely acknowledge it when they cause a horrendously disturbing reaction with one of their psychiatric drugs and it won't occur to anyone to keep you company while you recover.

Want to experience how deeply psychiatric our civilization has become? Go to any minister, priest or rabbi -- even your most conventional Catholic priest or Orthodox rabbi -- and explain that you're feeling "depressed." Forsaking the most important role of any spiritual consoler, to help those in emotional anguish and despair repair their lives with meaning, even your most orthodox minister, priest or rabbi is likely to send you off to a psychiatrist for a diagnosis and a drug. It is dismaying to see how the leaders of our religious faiths so eagerly sacrifice their flock before the altar of psychiatry.

What does this say about our shared values as a culture? Are we ultimately a society of rugged individualists? No more. Are we members of a Judeo-Christian community and tradition? No one dares to say that in public. So if we are not seeking to promote our own self-interest nor seeking salvation through God, what is our first and last resort in time of need? Psychiatric drugs. We want, above all else, to be pain free and emotionally undisturbed. At the first inkling of an existential crisis, we seek to be ... less full of feeling. We're not the dumbed-down society, we're the numbed down society.

Psychiatric diagnoses reflect the lowest common denominator of humanity. We lose ourselves in our diagnoses. Psychiatric drugs, by blunting our spirit, level our experience of our souls.

Patients ask me, "Should I join a bipolar support group?" If I were flippant, which I never am with patients, I could respond, "Only if you want support in believing you're bipolar and need to take psychiatric drugs."

So what is our sense of community? It's not religion and, except for occasional moments when we feel gravely threatened by outside events, it's not politics. Is the nation becoming one gigantic psychiatric support group?

Depersonalization has become the norm. Bare yourself to others -- your family, friend, your teacher, your minister, your doctor or your therapist -- and they will urge you to "get help." Of course, you were trying to get help from them when you shared your feelings; but they mean, "Get help elsewhere." Everyone will shunt you off to a pill provider. Even psychologists, social workers and other therapists are taught that they cannot handle a patient's more powerful emotions without first dampening them down with psychiatric drugs. It is said that this facilitates therapy; but there can be no effective therapy when people are afraid of their emotions or have lost them in a drug-induced fog.

We can't get close to our own emotions for fear of thinking we're abnormal and in need of diagnosis and treatment. The Psychiatric Civilization reinforces our worst tendencies to be out of touch with our selves, to be burdened down by self-diagnosis, and to seek false solace in drugs, prescribed or otherwise, rather than in the comfort of each other's company.

We human beings have always found life difficult. Indeed, we're born, we struggle, and we die. But how will we struggle? With passion, creativity, love, and principled living? Or confined within our diagnoses and our drug-impaired brains?

Our children are the worst victims of our Psychiatric Civilization. They are being taught they have broken brains instead of broken families, broken schools, and broken communities. Feeling disempowered as parents and teachers, we leave our children looking for love in all the wrong places, and when they flounder, we send them off for "medication."

Psychiatry and the mental health care establishment won't reform itself. Its power, identity and income are inextricable from our Psychiatric Civilization. Any change must be imposed from the outside by people like you and me who hold to higher values than our diagnoses and our drugs.

‐‐‐‐‐‐

東京都立松沢病院;東京大学大学;巣立ち会;全国精神障害者団体連合会;KHJ西東京親の会;西多摩虹の会;さいたま市精神障がい者家族会もくせい家族会;全日本断酒連盟;ダルク女性ハウス;全国精神保健福祉会連合会;地域生活支援センター ピア;東京都精神障害者団体連合会;東京兄弟姉妹の会;東京都杉並家族会;全国精神障害者団体連合会;社団法人やどかりの里;やどかりの里 浜砂会;東京都精神障害者家族会連合会;調布かささぎ会;立川麦の会;東京都練馬家族会;全日本断酒連盟;東京都精神障害者団体連合会;東京都精神障害者団体連合会;同志社大学大学院;社団法人やどかりの里;ユース・メンタルサポートセンター;YMSC;三重県;津市;京都教育大学;臨床心理;精神保健;社会福祉法人カメリア;田崎耕太郎;岡崎祐士;豊里中学校;ユースアシストクリニック;ユース・ユニット;薬剤師;作業療法士;検査技師;栄養士;早期サポートチーム;精神病様症状;PLEs;児童思春期;精神病未治療期間;濱 幸伸;池山総一;精神疾患の予防;津市城山1丁目;三重県立こころの医療センター;日本精神保健;予防学会;向精神薬;認知療法;薬物療法;メンタルヘルス;西田淳志;松本和紀;中村友喜;スクールカウンセラー;松田真理子;香山明美;多職種;早期支援;香山明美;濱家由美子;羽田舞子;東邦大学;中根秀之;統合失調症;富山大学;西山志満子;精神病前駆状態;越川裕樹;小林啓之;心理教育;藤井千代;大室則幸;森田桂子;行山武志;桂 雅宏;治療介入指針;At-Risk Mental State;市川宏伸;東京都立梅ヶ丘病院;西園マーハ;西園マーハ;丹野有紀;早期支援事業;白井有美;針間博彦;こころ・あんしんLight;社会復帰;トラウマ;ARMS;早期精神病;治療的介入;ロールシャッハテスト;自我障害尺度;多職種;前川早苗;榊原規久;栗田弘二;岩佐貴史;原田雅典;東京都精神医学総合研究所;三重大学;久住一郎;加藤正樹;村井俊哉;こころの健康;MindMatters;精神保健;精神疾患の一次予防 精神医学レビュー ;精神疾患の早期発見・早期治療;精神疾患早期介入の実際;早期精神治療サービスガイドライン ;統合失調症の早期発見と認知療法;発症リスクの高い状態への治療的アプローチ;東京都精神医学総合研究所;気分障害;飛鳥井望;糸川昌成;秋山治彦;池田和隆;精神疾患;ソーシャルワーカー;水野雅文;鈴木道雄;岩田仲生;東邦大学医学部;富山大学大;神経精神医学;精神神経医学;藤田保健衛生大学;早期精神病;Emil Kraepelin;クレペリン;ブロイラー;Eugen Bleuler;非定型抗精神病薬;Psychosis;初回エピソード;脳構造画像;脳灰白質;精神病発症リスク;上側頭回;ヒトゲノム;陽性症状発現:Duration of Untreated Psychosis:精神病未治療期間:Critical Period:治療臨界期:精神保健福祉センター:精神科医療サービス:教育委員会:ユースクリニック:精神病発生危険状態:ARMS外来:保健予防学会:早期治療:そらみみがきこえたひ:大人のADHD:セルフチェック:注意欠陥:多動性障害:伏見区::::::::::::::::
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。