スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増加する自殺者報道(米ニューヨークタイムズ紙)に対する読者からのメール

ニューヨク・タイムズ紙 電子版 6月4日 2010年
http://www.nytimes.com/2010/06/06/us/06suicide.html?emc=eta1

"Rise in Suicides of Middle-Aged Is Continuing"
「止まらぬ中年自殺者の増加」
By PATRICIA COHEN
Published: June 4, 2010

For the second year in a row, middle-aged adults have registered the highest suicide rate in the country, according to the federal Centers for Disease Control and Prevention.
このほど米国疾病対策予防センターの調査で、中年成人の自殺率が2年連続して最も高かったことがわかった。

Historically, the eldest segment of the population, those 80 and older, have had the highest rates of suicide in the United States. Starting in 2006, however, the suicide rate among men and women between the ages of 45 and 54 was the highest of any age group.
歴史的にみると、これまで最も自殺率の高かったのは80歳以上の老齢層。ところが2006年以降は、45歳から54歳の中年男女の自殺率が他の年齢層に比べて一番高くなっている。

The most recent figures released, from 2007, reveal that the 45-to-54 age group had a suicide rate of 17.6 per every 100,000 people. The second highest was the 75-to-84 age range, with a rate of 16.4, followed by those between 35 and 44, with a 16.3.
2007年からの最新の統計によると、45歳から54歳の自殺率は10万人あたり17.6人。次に75歳から84歳の16.4人、そして35歳から44歳の16.3人がつづいている。

The rate for 45- to 54-year-olds in 2006 was 17.2 per 100,000 people, and in 2005 it was 16.3.
45歳から54歳の2006年の自殺率は10万人あたり17.2人で、2005年は16.3人であった。

“It’s such a startling rise,” said Dr. Paula Clayton, the medical director of the American Foundation for Suicide Prevention.
「これは衝撃的な増加です」と語るのは、全米自殺防止財団で医療ディレクターを務めるポーラ・クレイトン博士。

Researchers are puzzled by the increase, but Dr. Clayton said the rise in suicide among Americans born in the 1950s and 1960s was probably a result of a combination of factors, including easier access to guns and prescription drugs and what may be a higher incidence of depression among baby boomers.
研究者たちもこの増加には戸惑っているが、クレイトン博士によると、1950年代から1960年代生まれの人の自殺者の増加には、銃が身近なことや、処方薬が手軽に手に入ること、そこにベビーブーマーの間のうつ病の広がりといった複合要因があるという。

“Ninety percent of people who kill themselves have a mental disorder at the time of their death,” which can be aggravated by drug and alcohol abuse, Dr. Clayton said. Problems related to health, jobs, relationships and finances have also been shown to be important risk factors for suicide, the C.D.C. reported.
「自殺者の90パーセントは、その行為を行ったときに精神的な障害」があり、その障害を引き起こしているのが薬剤やアルコールの乱用にあるとクレイトン博士は言う。疾病対策センターの報告書には、健康や仕事、経済的な問題も重要な自殺のリスクファクターとしてあがっている。

Men are more than three times as likely to commit suicide as women, and they tend to use guns. American Indians, Alaska Natives and non-Hispanic whites are also at greater risk. Veterans are also vulnerable.
女性に比べて男性自殺者の方が3倍以上も多い傾向にあり、その多くは銃によるもの。アメリカインディアン、アラスカ先住民、非ヒスパニック系白人に自殺者が多く、退役軍人にも多い。

About 50,000 people die each year from violence-related injuries; suicides account for more than half that number.
暴力関連の負傷による死亡者数は毎年約5万人。自殺者数はその半数以上にあたる。

--------------------------------------------------------------------------------

こうした記事に対して、"altostrata"と名乗る人がニューヨークタイムズ紙に送ったメールが以下。

(訳は最後につけておきます)

--------------------------------------------------------------------------------
From: [altostrata]
Subject: Re: Rise in Suicides of Middle-Aged Is Continuing June 4, 2010
Date: June 5, 2010 11:20:04 AM PDT
To: letters@nytimes.com
Cc: inquiry@afsp.org, pclayton@afsp.org

Dr. Paula Clayton attributes the rise in middle-aged suicides to pre-existing mental disorders. Surely someone must be very distraught to take this action to resolve their suffering.

However, one of the causes may be iatrogenic illness caused by psychiatric medication. Many people who are middle-aged now have been treated with an unprecedented number of psychiatric drugs for an unprecedented number of years.

Over time, the side effects and adverse effects of these drugs can cause or exacerbate the very conditions they are supposed to treat. For example, emotional blunting is common in long-term treatment with antidepressants as serotonin receptors are depopulated by the action of the drugs. This is a vacancy of feeling that can lead to despair.

People do not currently have to be taking medication to be suffering from iatrogenic illness. Recent studies have shown antidepressant withdrawal syndrome "can be associated with worsening depression and increased suicidality" (Tint et al, 200, and can last months or even years (Fava et al, 2007). A too-fast taper off antidepressants of two weeks or less increases rate of relapse (Baldessarini et al, 2010).

A new book, Anatomy of an Epidemic by Robert Whitaker, posits that in the last 30 years of widespread prescription of psychiatric drugs to treat depression and and forestall suicide, the rate of both depression and suicide have increased and iatrogenic illness is the reason.

If that is so, we can expect ever-escalating incidence of depression and suicide, as more and more people are exposed to more and more psychiatric medication for longer periods of time -- and that is exactly what we are seeing. Baby boomers are only the first wave.

Sincerely,

[altostrata]
San Francisco, CA
--------------------------------------------------------------------------------

クレイトン博士は中年自殺者の増加を既存の精神疾患が原因とされています。確かに苦しみから逃れるこうした行動をとるためには、錯乱状態にならざるを得ない人もいらっしゃると思います。

しかし、精神病薬によって引き起こされた医原性の疾患が原因の一つである可能性があります。今や多くの中年がかつてなかった大量の精神薬を、かつてなかったほどの年数にわたって投与されています。

徐々にこうした薬剤の副作用や弊害から、治療対象としていた症状そのものを逆に悪化させてしまうことがあります。例を上げますと、長期の抗うつ剤による治療はセロトニンのレセプターが薬剤の作用で減少してしまうため、感情の鈍化が起こることがよく知られています。この感情の空白が、絶望へとつながるのです。

医原性の疾患に苦しめられているのは、現在薬剤を摂取している人たちだけではありません。抗うつ剤の離脱症候群は「うつ症状を悪化させ、自殺傾向を増加させる」ことに関連しており(Tint ら, 2009)、数か月、さらには数年間その状態が続く(Fava ら, 2007)ことが最近の研究でわかっています。2週間やそれ以下での急激な抗うつ剤の減薬は再発率を高めます(Baldessarini ら, 2010)。

ロバート・ウィテカーの新刊書『Anatomy of an Epidemic (エピデミックの解剖学)』では、うつ病を治療し自殺を予防するとして過去30年間にわたって広く処方されてきた精神薬ですが、一方その間にうつ病や自殺が増加し、その原因は医原病にあると結論しています。

だとすれば、精神病薬を摂取する人がどんどん増え、薬剤摂取期間も長期化しているわけですから、うつ病や自殺も増えて当然。それが今、目の前で起きているということになります。今のベビーブーマー達は、その第一波に過ぎないのです。

--------------------------------------------------------------------------------

自殺者増加=メンタルヘルスケアが必要=精神科受診 で自殺が防げると考えるのはあまりに軽率です。

精神科医はもとより、カウンセラーやワーカーなどの精神保健士・臨床心理士のみなさんに、はたしてこの一読者に過ぎないaltostrataさんほどの知識や見識はあるのでしょうか。

精神障害・疾患の早期発見、早期介入により、児童や青少年の抗精神病薬による被害が急激に増加している現状に目を向ける必要があるでしょう。


東京都立松沢病院;東京大学大学;巣立ち会;全国精神障害者団体連合会;KHJ西東京親の会;西多摩虹の会;さいたま市精神障がい者家族会もくせい家族会;全日本断酒連盟;ダルク女性ハウス;全国精神保健福祉会連合会;地域生活支援センター ピア;東京都精神障害者団体連合会;東京兄弟姉妹の会;東京都杉並家族会;全国精神障害者団体連合会;社団法人やどかりの里;やどかりの里 浜砂会;東京都精神障害者家族会連合会;調布かささぎ会;立川麦の会;東京都練馬家族会;全日本断酒連盟;東京都精神障害者団体連合会;東京都精神障害者団体連合会;同志社大学大学院;社団法人やどかりの里;ユース・メンタルサポートセンター;YMSC;三重県;津市;京都教育大学;臨床心理;精神保健;社会福祉法人カメリア;田崎耕太郎;岡崎祐士;豊里中学校;ユースアシストクリニック;ユース・ユニット;薬剤師;作業療法士;検査技師;栄養士;早期サポートチーム;精神病様症状;PLEs;児童思春期;精神病未治療期間;濱 幸伸;池山総一;精神疾患の予防;津市城山1丁目;三重県立こころの医療センター;日本精神保健;予防学会;向精神薬;認知療法;薬物療法;メンタルヘルス;西田淳志;松本和紀;中村友喜;スクールカウンセラー;松田真理子;香山明美;多職種;早期支援;香山明美;濱家由美子;羽田舞子;東邦大学;中根秀之;統合失調症;富山大学;西山志満子;精神病前駆状態;越川裕樹;小林啓之;心理教育;藤井千代;大室則幸;森田桂子;行山武志;桂 雅宏;治療介入指針;At-Risk Mental State;市川宏伸;東京都立梅ヶ丘病院;西園マーハ;西園マーハ;丹野有紀;早期支援事業;白井有美;針間博彦;こころ・あんしんLight;社会復帰;トラウマ;ARMS;早期精神病;治療的介入;ロールシャッハテスト;自我障害尺度;多職種;前川早苗;榊原規久;栗田弘二;岩佐貴史;原田雅典;東京都精神医学総合研究所;三重大学;久住一郎;加藤正樹;村井俊哉;こころの健康;MindMatters;精神保健;精神疾患の一次予防 精神医学レビュー ;精神疾患の早期発見・早期治療;精神疾患早期介入の実際;早期精神治療サービスガイドライン ;統合失調症の早期発見と認知療法;発症リスクの高い状態への治療的アプローチ;東京都精神医学総合研究所;気分障害;飛鳥井望;糸川昌成;秋山治彦;池田和隆;精神疾患;ソーシャルワーカー;水野雅文;鈴木道雄;岩田仲生;東邦大学医学部;富山大学大;神経精神医学;精神神経医学;藤田保健衛生大学;早期精神病;Emil Kraepelin;クレペリン;ブロイラー;Eugen Bleuler;非定型抗精神;Psychosis;初回エピソード;脳構造画像;脳灰白質;精神病発症リスク;上側頭回;ヒトゲノム;陽性症状発現:Duration of Untreated Psychosis:精神病未治療期間:Critical Period:治療臨界期:精神保健福祉センター:精神科医療サービス:教育委員会:ユースクリニック:精神病発生危険状態:ARMS外来:保健予防学会:早期治療:そらみみがきこえたひ:大人のADHD:セルフチェック:注意欠陥:多動性障害:伏見区:新たな地域精神保健医療体制の構築に向けた検討チーム:堀澄清:野村義子:アウトリーチ:訪問支援:河崎建人
スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。