スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠された論文 2

Acta Psychiatr Scand. 2010 Mar;121(3):174-9. Epub 2009 Aug 24.

No evidence for switching the antidepressant: systematic review and meta-analysis of RCTs of a common therapeutic strategy.
エビデンスが存在しない抗うつ薬の切り替え: 一般的治療戦略の無作為化臨床試験の系統的レビューとメタ分析
Bschor T, Baethge C.

Department of Psychiatry and Psychotherapy, Jewish Hospital of Berlin, Berlin, Germany. bschor@mailbox.tu-dresden.de


OBJECTIVE: Switching antidepressants is a common strategy for managing treatment-resistant depressed patients. However, no systematic reviews have been conducted to date.
目的: 抗うつ薬の切り替えは治療の効かないうつ病患者によく使われる戦略である。しかし、系統的レビューがこれまで行われたことがない。

METHOD: We systematically searched MEDLINE/EMBASE/Cochrane Central Register of Controlled Trials and additional sources. We included double-blind studies of patients with depressive symptomatology who were not responding to initial antidepressant monotherapy and were subsequently randomized to another antidepressant or to continue the same antidepressant. Results were pooled for meta-analysis of response + remission rates using a fixed-effects model.
方法:われわれは、メドライン/エンベイス/The Cochrane Central Register of Controlled Trials およびその他の情報源をもとに、系統的な調査を行った。抗うつ薬単剤による初期治療に反応せず、その後無作為に他の抗うつ薬に切り替えた患者と、同じ抗うつ薬を使い続けた患者の二重盲検研究を調査対象に含めた。固定効果モデルを用いた反応率と寛解率のメタ分析の結果を調べた。

RESULTS: A total of three studies were included. Switching to another antidepressant was not superior to continuing the initial antidepressant in any of these studies. Our meta-analysis showed no significant advantages to either strategy and no significant heterogeneity of results [OR for response rates: 0.85 (95% CI: 0.55-1.30) favoring continuing].
結果:計3つの研究を含めた。他の抗うつ薬への切り替えが初期治療で用いた抗うつ薬を継続した場合と比べて優位であることを示す研究は、何一つなかった。われわれの行ったメタ分析では、どちらの戦略も有意な有益性を示さず、またその結果に有意な不均一性も示さなかった。[OR 反応率: 0.85 (95% CI: 0.55~1.30) favoring continuing]

CONCLUSION: There is a discrepancy between the published evidence and the frequent decision to switch antidepressants, indicating an urgent need for more controlled studies. Pending such studies we recommend that physicians rely on more thoroughly evaluated strategies.
結論:公表されているエビデンスと高い頻度で決定されている抗うつ薬の切り替えには相違があり、さらに多くの対照試験を行うことが急務である。そのような研究の結果が出るまで、医師たちはもっと十分に評価された戦略に信頼をおくことを、われわれは推奨するものである。

PMID: 19703121 [PubMed - in process]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19703121

‐‐‐‐‐ー
メドライン(MEDLARS On-LINE)◆米国国立医学図書館が作成する、医学・薬学等の文献データベース
エンベイス◆エルゼビア・サイエンス(Elsevier Science)社が作成する、医学・薬学文献データベース
Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL) ◆臨床試験. 比較対照臨床試験の書誌情報を集めたデータベース。

‐‐‐‐‐ー

パキシルなどの抗うつ剤の断薬に苦しむ人たちが情報交換し支え合うフォーラムが海外にあります。
http://www.paxilprogress.org/forums/showthread.php?t=24732&page=3

訴訟・医学論文・メディア情報、そして断薬方法についても活発な意見が交わされ、そのトピックの一つ「医者を教育して『断薬症候群』を理解させよう」に投稿のあった意見を翻訳したものです。参考にしていただければ幸いです。

-------
How to taper a patient off an antidepressant
抗うつ薬の断薬方法

Advice to doctors from patients who have experienced antidepressant withdrawal syndrome:
患者から医師へのアドバイス‐抗うつ薬の離脱症状を経験したものとして

- The safest and most conservatve method is to reduce dosage by 10% every three weeks, e.g. at 10mg, reduce by 1mg; at 7 mg, reduce by .7mg. (With Paxil, which inhibits its own P450 cyp 2d6 metabolism, taper slower at dosages under 10mg. At lower dosages, Paxil’s self-inhibition will be reduced and it will be metabolized faster.)
- 最も安全かつ慎重な方法は、3週間ごとに10%づつ減らしてゆくことです。例えば10mgなら1mg、7 mgなら0.7mg減らす。(P450 CYP2D6 の代謝を抑制するパキシルの場合、10mg以下の分量ではゆっくり減薬。比較的低用量の場合、パキシルの自己阻害が減少し、代謝が早まる)

For tapering, utilizing lower dosage tablets combined with the liquid form of the drug is recommended. If a liquid form does not exist, refer to a compounding pharmacy to mix a liquid. If this is not possible, instruct the patient to carefully cut up tablets with a pill cutter.
断薬には、低用量タブレットと液剤を組み合わせて使うのがよい。対象薬剤の液剤がないときは、調剤薬局で液体と調合。それできない場合はピルカッターで慎重に小さくカットするように患者に指示。

- At any level of taper, if the patient experiences intolerable withdrawal symptoms, SLIGHTLY increase the dosage of the original drug and taper more gradually.
- 減薬過程で患者が我慢できないほどの離脱症状を訴える場合、薬を極少量のみ増量し、減薬ペースをさらに落とすこと。

- DO NOT ADD ANY OTHER ANTIDEPRESSANT TO TREAT WITHDRAWAL SYMPTOMS. This will only increase autonomic nervous system instability and delay recovery.
- 離脱症状緩和のためにいかなる抗うつ薬も追加しないこと。自律神経系に不安定をもたらし、回復を遅らせる原因となる。

- Avoid treating with any other psychotropic drugs, including benzodiazapines and sleep medications. Establishing additional drug dependencies will prolong the patient’s suffering.
- ベンゾジアゼピン系薬や睡眠薬を含め、他の向精神薬による治療は避けること。新たな薬物依存を生むことで、患者の苦痛を長引かせる結果となる。

- Some patients develop hyper-reactivity in withdrawal, particularly to psychotropic substances such as 5-HTP, tryptophan, and SAM-e, and should be advised not to experiment with them.
- 減薬中、特に5-HTP、トリプトファン、SAM-e などの向精神薬物質に対して過反応を起こす患者がいるので、そうした物質を試すことのないように指示すること。

- Patients may display symptoms of chronic fatigue syndrome, fibromyalgia, POTS, and other dysautonomias. The proper treatment for these is reinstatement of a minimal dose of the original antidepressant and tapering more slowly, a fraction of a milligram at a time if necessary. Withdrawal dysautonomia will resolve in time.
- 慢性疲労、線維筋痛、POTS (体位性起立性頻拍症候群)、その他自律神経障害の症状を示す場合がある。この場合の適切な処置としては、それまで服用していた抗うつ薬の投与をミリグラムにも満たない極少量だけ再開し、さらに減薬ペースを落とすこと。離脱症状の自律神経障害はやがて消える。

- Patients should be advised to stay calm as anxiety will increase the severity of withdrawal symptoms. Meditative mindful breathing is very helpful.
- 不安は離脱症状を悪化させるため、平静をたもつことを勧めること。瞑想で心を満たすような呼吸法が非常に有効。

- If the patient can tolerate it, support neural functioning with fish oil amounting to 1000mg EPA per day (often 6 capsules) with 400IU vitamin E per day; magnesium citrate 50mg-100mg as needed for anxiety, tachycardia, and muscle spasms; vitamin C extended-release 1000mg/day for anxiety. Patients may find B vitamins too activating. Whey protein isolate may provide nutritional support.
- もし患者に耐力があれば、神経機能のサポートとして、一日に ビタミンE 400IU と1000mg EPA のフィッシュオイル(約6カプセル)、不安、頻脈、筋肉のけいれんに有効なクエン酸マグネシウムを50mg-100mg、徐放性のビタミンC を1000mg/1日。ビタミンB群は過活性になることがある。、乳漿(にゅうしょう)タンパク質分離物は栄養補給に。

- Insomnia is a very common withdrawal symptom. For sleep, magnesium may be taken before bed. In addition, melatonin may be beneficial; patients should be cautioned to take a minimal dosage, starting at .5mg, only at night to avoid further disruption of the sleep-wake cycle.
- 不眠は離脱症状としてよく起こる症状。睡眠には寝る前のマグネシウムがよい。またメラトニンも有効であるが、睡眠・覚醒サイクルをさらに混乱させないように服用は夜だけとし、最初は0.5mg 程度から始め、その後も最小用量にとどめるように患者に注意を促すこと。

- Acupuncture may reduce withdrawal symptoms; recommend calming rather than stimulating or detoxifying treatments. If the patient can tolerate it, even 5 minutes a day of gentle cardio exercise like walking or the stationary bike can help stabilize the nervous system.
- 鍼治療も断薬症状の緩和に有効。ただし、刺激治療やデトックス治療よりも、鎮静効果のある治療を推奨。患者に耐力があれば、ウゥーキングやエアロバイクなどの有酸素運動が神経系の安定に有効。

- Learn to recognize antidepressant withdrawal syndrome; avoid misdiagnosis as relapse or emergence of psychiatric conditions such as bipolar disorder or post-traumatic stress syndrome. It is unlikely that a patient would relapse into a condition more severe than the original diagnosis upon withdrawal from an antidepressant; withdrawal syndrome should be suspected in all cases.
- 抗うつ薬の断薬症候群を認識できるようになること。再発であるとか、双極性障害や心的外傷後ストレス障害などの精神障害の発現などと誤診することは避ける。抗うつ薬の断薬を行うことになった元の診断よりも重症の状態で再発するなど考えにくい。すべてのケースにおいて、断薬症状を疑うこと。

Antidepressant withdrawal syndrome is autonomic nervous system instability. Misdiagnosis and mistreatment with additional psychotropic drugs can cause further, and permanent, nervous system damage. Proper care will assist the patient to recover on his or her own.
抗うつ薬の断薬症状は自律神経系の不安定からくるもの。それを誤診し、治療に向精神薬を追加しては、神経系にさらに一生の障害を与えることになる。適切なケアとは、患者が自らの力で回復することを援助すること。

-------
投稿者の断薬歴

'97-'99 Prozac 10mg, tapered, no problem
'02-'04 Paxil 10mg, tapered 1mg/wk Oct '04
10/04-12/04 Hypomania, sweating, brain zaps
12/04-7/05 Insomnia, weepy, pseudo-anxiety, anorgasmia
1/05-1/06 Wellbutrin 100-250mg
9/05-4/06 Disabled -- fatigue
1/06-5/07 Vits C, D3, E, mag, zinc, fish oil, acupuncture, whey protein isolate, melatonin help
1/08-now Disabled -- severe insomnia
Recovering with aid of an extraordinary MD.

taper 減薬
Hypomania 軽躁病
sweating 発汗
Insomnia 不眠
weepy 涙もろくなる
pseudo-anxiety 疑似不安
anorgasmia 無オルガスム症
Disabled 機能障害
fatigue 疲れ


スポンサーサイト
プロフィール

Scottw

Author:Scottw
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。